イベント

柏キャンパスサイエンスキャンプKSC2021が開催されました

2021年2月9日(火)〜2021年3月5日(金)にかけて、柏キャンパスサイエンスキャンプ(以下、KSC)が開催されました。

KSCとは、東京大学 前期課程(1-2年生)の学生を対象に行われるウィンタープログラムで、本学柏キャンパスの先端研究部局における「知の冒険の現場」を、4日間にわたり集中的に体験し、将来の研究者としての基礎トレーニングを積むことを目的としています。

本プログラムは、可能な限りオンラインを活用しておこなわれました。また一部のプログラムについては、感染症対策を徹底したうえで、1日ないし2日間の対面実習も行われました。

今年度は104名の学部生が参加し、参加学生からは、

授業で見るようなデータや画像の裏側にある、思い通りにいかない実験の苦労、実験結果の考察の面白さを体験することができ、非常に有意義だった。

「オンラインと対面、両方のメリットを感じた。オンラインではコミュニケーションが取りにくいと感じたこともあったが、講義に関しては集中して取り込むことができた。対面実習では、実際に先生方から指導をしてもらいながら研究を体験することができ、今後の進学振分けの参考になった。」

「講義は少人数のオンライン形式で質問がしやすかった。その後の対面実習は実際に同級生と顔を合わせて実験や議論ができ、通常の講義では得られない経験ができた。」

などの意見が寄せられました。

最終日には参加学生による研究室体験活動の成果発表会がオンラインにて行われ、本プログラムは無事終了を迎えました。

柏キャンパスサイエンスキャンプは来年も開催が予定されています。

最新情報は下記ページにてご案内いたします。

柏キャンパスサイエンスキャンプホームページ

KSC2021.jpg