お知らせ

研究成果

負の制御機構による神経配線:神経細胞にNoというシグナルを発見

投稿日:2007/08/31
  • ニュース
  • 研究成果
  • 記者発表

ヒトも含めた動物の体内では、多数の神経細胞がそれぞれ決まった相手(神経細胞や筋肉)と結合することで、機能的な神経回路が形作られている。発生過程において、神経細胞は、多数の細胞の中から、いかにして自分の結合相手を間違えなく見つけ出すのか? 古くより標的細胞上に存在し「目印」となるような分子の関与が示唆されているが、その実体はほとんど分かっていない。