お知らせ

ニュース

新地町立尚英中学校「環境・エネルギー学習」実施報告

投稿日:2022/09/30 更新日:2022/09/30
  • ニュース

「公・民・学共創による持続可能まちづくりを通じた復興知人材育成事業」では、2022年9月14日(水)と15日(木)に、研究科が協定を持つ福島県相馬郡新地町に所在する新地町立尚英中学校において、新地町役場と尚英中学校の協力を得て「2022年度尚英中学校環境・エネルギー学習」をオンラインで実施しました。

当日は尚英中学校第1学年63名を対象に、環境システム学専攻の井原智彦准教授と自然環境学専攻の寺田 徹准教授が、「脱炭素社会に向けた再生可能エネルギーの導入(井原准教授)」と「持続可能な森づくりとバイオマスエネルギー利用(寺田准教授)」というタイトルで授業を行い、生徒たちは熱心に授業に聞き入っていました。また、翌日の9月15日にはオンラインで質疑応答が実施され、「再生可能エネルギー」や「里山保全」に関して、様々な質問が寄せられました。

授業後に実施したアンケートからは、生徒たちが授業内容を高く評価していることが読み取れ、「今回の授業を活かして、自分にできることを少しでも実施していきたい」「地球温暖化や里山保全について引き続き調べたい」等の、今後の活躍が楽しみとなるようなコメントも多く見られました。「復興知人材育成事業」では、新地町と浜通り地域における人材育成事業を、地方自治体や地域の人々と手を携えながら今後も展開していきます。

大学院新領域創成科学研究科
「公・民・学共創による持続可能まちづくりを通じた復興知人材育成事業」
HP:https://gsfs-shinchi.edu.k.u-tokyo.ac.jp/home-japanese

新領域HP掲載用.jpg