受賞 / 表彰

川合眞紀名誉教授、日本学士院賞を受賞

令和2年4月6日、優れた業績をあげた研究者へ贈られる日本学士院賞が発表され、本研究科物質系専攻 川合眞紀名誉教授(現分子科学研究所長、日本化学会会長)の受賞が決定しました。

川合教授は、固体表面に吸着した分子に関して、走査トンネル顕微鏡を用いた精緻な分光学的研究を行い、触媒化学分野や物質材料分野に貢献しました。

また、一酸化炭素などの単純な分子に対して、赤外分光法や電子エネルギー損失分光法を駆使して、表面拡散にかかる運動のエネルギー面を提示するなど、固体表面での分子の化学反応について、多くの業績を上げてきました。その中でもとりわけ、空間的に1つの吸着分子を選んで、その状態(構造、電子状態、振動状態)を定量的に観察する手法を開発し、かつ、分子の化学状態を選別した化学反応を実現した研究成果は、その高い独創性が国際的にも評価されています。