教育

東京大学教養学部生の応募について

2022年 UTSIP Kashiwa 東京大学教養学部生の応募について

The University of Tokyo Summer Internship Program in Kashiwa (UTSIP Kashiwa) は、新領域創成科学研究科が2013年度から開始したサマープログラムです。

海外の大学の学部生のみ対象としていたUTSIP Kashiwaは2016年度から教養学部学生も参加対象としました。

UTSIP Kashiwa 2022 とは

  • 配属した研究室の教授や先輩から直接、一対一でアドバイスをうけながら、自身で決める研究テーマに基づき研究活動体験をします。
  • 配属した研究室には、教養学部からの参加者の他に海外の大学の学部生からの参加者が1名以上います。
  • 様々な課外活動にも参加し、他研究室に配属されている他の参加者とも交流を深める事ができます。
UTSIP パンフレット  UTSIPビデオ

申請について

Step 1 インターンシップを行いたい研究室/指導教員を選択する
Step 2 申請に必要な書類を添付し、プログラム期間、希望研究室を明記したE-mailを締切日までに新領域国際交流室に送信する。

1.プログラム期間

UTSIP Kashiwa 2022 は、2つのプログラム期間があります。

プログラム期間 A 2022年5月30日(月)から7月15日(金)(47日間)
プログラム期間 B 2022年6月20日(月)から8月 5日(金)(47日間)

2.申請条件

  • 東京大学教養学部生であること
  • 期間中はすべてのプログラムに参加すること。

3.参加者を受け入れる研究室リスト

教養学部生が参加できる研究室は、参加研究室リストに記載されています。

教養学部生は、UTSIP生が配置された研究室から最大3研究室まで希望することができます。配置可能な研究室は、研究室リストで確認してください。

参加研究室リスト:
プログラムA 参加研究室
プログラムB 参加研究室

4.申請に必要な書類

以下の3点の書類をWord、PDFなどの形式で新領域国際交流室宛てにメール添付でお送りください。カバーレター、履歴書は英文とします。

◆カバーレター(英文)
希望した研究室を選んだ理由とUTSIPでの経験から得たいと考えている事を具体的に、500~600字以内にまとめた内容にしてください。様式は自由です。

◆履歴書(英文)
様式は自由です。UTSIP参加者として採用された場合に行ってみたいと思う研究プロジェクトに関連する経験があれば、それも含めてください。A4サイズの用紙で1~2枚以内にまとめてください。

◆成績証明書の写し(日文)
提出する成績証明書は、学部1年生から申請時直前の学期まで通して記載のある書類を提出してください。

5.申請期限

提出期限: 2022年4月27日(水)午後5時

期限を過ぎた申請の受付はできません。

6.申請方法

希望研究室名を明記の上、上記 4)の3点の書類を添付したE-mailを申請期限までに新領域創成科学研究科国際交流室 に送信してください。

送信先:ilo.secretariat@edu.k.u-tokyo.ac.jp (※SPAM 防止のため、@は画像表示になっていますのでご注意下さい。)

件名:「UTSIP Kashiwa 2022 応募 ―東京大学教養学部生

7.結果通知

提出された申請書類を総合的に判断し、参加者を選考します。参加可否については、2022年5月上旬(予定)に申請者全員にメールで通知します。

UTSIP Kashiwa 2022は、「国際研修」の授業として登録することにより単位が取得できます。

8.プログラム参加に係る経費について

参加費用は無料です。

他の補助金の支給はありません。プログラム期間中の宿舎は、他の参加者と同じ宿舎をプログラムが用意します。

その他、プログラム中に開催されるアクティビティ、オンラインイベントなどの参加費も無料です。なお、日本語教室以外のアクティビティ、行事には参加必須となります。

予定スケジュールはこちらをご覧ください。