東京大学大学院新領域創成科学研究科

PROSPECTUS

生命科学研究系 先端生命科学専攻

専攻紹介 ホームページへ

研究の特徴

 先端生命科学専攻では、ゲノム情報を基礎に して生命現象の素過程とその連携機構を研究し、これに基づいて生命の普遍性と多様性、生命体の協調性と競合性、ならびに生命の起源と進化などを、構造と機能の両面から研究しています。構造からのアプローチを行う構造生命科学講座では、生命体の基本分子である生体高分子およびそれらと相互作用する低分子有機化 合物の「かたち」や「つくり」に注目し、生命現象を支える根本原理の解明とその応用研究を行っています。機能からのアプローチを行う機能生命科学講座では、主に生物が持つ「はたらき」や「能力」に注目し、複雑な生物機能を分子・細胞レベルから器官・個体のレベルに至る様々な切り口で解析し、未知の生物機能を解明するための研究を行っています。  先端生命科学専攻は、生命科学の急速な展開 に即応できる教育研究組織を確立することを目指して、様々な学問的背景を持った教員が理、農、工、薬などの既存の学部から結集して組織されました。「先導的かつ横断的な教育研究」を 共通の理念とし、これからの生命科学関連諸問 題の解決に資する人材を育成するとともに,分子レベルから個体レベルまでを研究対象とし、 基礎から応用までを網羅する次世代生命科学を 創出することを目標としています。生命科学に対する時代の要請は、「ポストゲノム時代」を切り開くことにあり、そのためには、様々な学問分野を 背景にもつ研究者の叡智を結集することが不可欠です。また「知の冒険」と「学融合」を標榜する柏のキャンパスこそが、時代の要請に応える場に相応しいでしょう。


教育の特徴

 ゲノム生命科学の急速な展開と、今後ますます高度化し複雑化する一途の現代社会の中で、生命科学研究者の社会的需要と課せられる社会 的使命はさらに増大し多様化することが予想されます。先端生命科学専攻では、生命科学の新しい学問分野の創設や発展に貢献できる人材、すなわちフロンティア精神に溢れた創造性に富む人材の育成を目指します。このような能力は、決して「受け身」で身に付くものではなく、研究に 対する学生の積極的な姿勢があって初めて獲得されるものです。従って本専攻では、「能動的アティテュードの教育」を基本理念とし、個々の資質を活かした豊かなオリジナリティーの追求を奨励します。  本専攻では専門のみならず基礎も重視した教育プログラムを通じて、優れた研究者に求められる知識と確固たる技術を体系的に教授します。 すなわち研究計画の立案から成果発表に至るまでを習得できる演習(「先端生命科学総合演習」)、科学技術の急速な発展に対峙し研究者倫理につ いて考察する講義(「科学技術倫理論」)を必修としています。また、生命科学英語特論や生命科学英語演習では、英語論文作成や海外での学会 発表に必須な技術を磨きます。このような基礎科目に加えて、本専攻は魅力ある大学院教育を目指して、従来の学問の枠組みにとらわれない横断的視野を身につける機会を提供しています。東京大学の他の生命科学系大学院と連携して開講される「生命科学大学院共通講義」や「生命科 学大学院共通セミナー」は学生の知的好奇心を大いに刺激することでしょう。  このように、知識と確固たる技術を基礎に、フロンティア精神ならびに能動的アティテュードに溢れた生命科学研究者の育成を「学融合」を通 じて達成しようとするのが先端生命科学専攻の教育です。

緑色蛍光タンパク質(GFP)で可視化したゼブラフィッシュ網膜の紫外線感受型視細胞

(左から時計回りに)クモザル、マウス、キイロショウジョウバエ、ヒロハノマンテマ、出芽酵母、カイコガ

タバコの細胞分裂における微小管(GFPで標識)と液胞(赤色蛍光物質で標識)の挙動

鳥の糞から柑橘類の葉へ、擬態紋様を切り替えるアゲハ幼虫(上段:4齢幼虫、下段:5齢幼虫)

基幹講座

  • 医薬デザイン工学
  • 分子認識化学
  • 細胞応答化学
  • 生命応答システム
  • 遺伝システム革新学
  • 動物生殖システム
  • 人類進化システム
  • 資源生物制御学
  • 資源生物創成学
  • 生命機能解析学
  • 統合生命科学
  • 生命環境適応性解析学
  • 分子生態遺伝学

連携講座・兼担講座

  • がん先端生命科学(国立がんセンター)
  • 応用生物資源学(農業・食品産業技術総合研究機構)
  • 同位体生態学(総合研究博物館)
  • 先端海洋生命科学(大気海洋研究所)