新領域創成科学研究科における学生への経済的支援について

このページには、新領域創成科学研究科の主として日本人学生向けの奨学金情報を掲載しています。

1. 東京大学の全学共通の奨学金制度(奨学制度インデックス)

2. 新領域の学生を対象とした経済的支援制度 (名称をクリックすると各制度のページにリンクします)

日本学術振興会特別研究員 募集区分 募集対象 支援額
DC2 博士1年以降(支援は博士2年以降から) 20万円/月
DC1 修士2年(支援は博士1年から)
重複受給可否・上限額 支援期間 申請開始時期
一部可・上限額あり 採用年度4月1日~ 2年間 博士1年以降の4月上旬頃
採用年度4月1日~ 3年間 修士2年の4月上旬頃
備考 問合せ先
重複受給が可能な資金援助や、労働による報酬、上限額については、日本学術振興会ウェブサイトを参照のこと。 新領域教務チーム:k-kyomu[at]edu.k.u-tokyo.ac.jp
リサーチ・アシスタント(RA) 募集区分 募集対象 支援額
博士 最高20万円/月
重複受給可否・上限額 支援期間 申請開始時期
上限20万円/月 募集ごとに異なる 募集ごとに異なる
備考 問合せ先
新領域総務チーム:k-somu[at]edu.k.u-tokyo.ac.jp
新領域特別リサーチ・ アシスタント(特別RA) 募集区分 募集対象 支援額
博士 12万円/月
重複受給可否・上限額 支援期間 申請開始時期
上限20万円/月、卓越RAとの重複不可 採用年度4月1日~ 1年間 2月中旬頃(他研究科・他大学から進学する学生は、入学前に手続きを行う)
備考 問合せ先
日本学術振興会特別研究員(DC2:博士1年以降申請/DC1:修士2年時申請)への申請実績が必要。 教育支援室特別RA担当:spra-eso[at]edu.k.u-tokyo.ac.jp
東京大学国際卓越大学院 教育プログラム(WINGS)

〇新領域学生が出願可能なWINGSプログラム
募集区分 募集対象 支援額
WINGS卓越RA 博士・修士 最高18万円/月
科学技術イノベーション創出に向けた大学フェローシップ 博士 最高18万円/月 
*このほかに研究費が支給される。詳細は各プログラムに確認のこと
重複受給可否・上限額 支援期間 申請開始時期
詳細は各プログラムページを参照のこと
備考 問合せ先
プログラムによって支給条件が異なる。詳細は各プログラムに確認のこと。 各事務局
オンキャンパスジョブ(OCJ) 募集区分 募集対象 支援額
部局卓越RA 博士・修士 月額1万円単位
時間単位業務 博士・修士 ジョブに応じて4区分
重複受給可否・上限額 支援期間 申請開始時期
詳細はオンキャンパスジョブページを参照のこと
備考 問合せ先
教育支援室オンキャンパスジョブ担当:ocj-eso[at]edu.k.u-tokyo.ac.jp
ティーチング・
アシスタント(TA)
募集区分 募集対象 支援額
博士 博士 1,500円/時
修士 修士 1,300円/時
重複受給可否・上限額 支援期間 申請開始時期
週20時間以内 かつ 月40時間以内 募集ごとに異なる 募集ごとに異なる
備考 問合せ先
新領域教務チーム:k-kyomu[at]edu.k.u-tokyo.ac.jp
チューター 募集区分 募集対象 支援額
博士・修士 1,020円/時
重複受給可否・上限額 支援期間 申請開始時期
月10時間以内 かつ 6か月以内 募集ごとに異なる 募集ごとに異なる
備考 問合せ先
新領域教務チーム:k-kyomu[at]edu.k.u-tokyo.ac.jp
ジュニアスタッフ 募集区分 募集対象 支援額
博士・修士 1,100円/時
重複受給可否・上限額 支援期間 申請開始時期
半期15万円以内 募集ごとに異なる 募集ごとに異なる
備考 問合せ先
新領域教務チーム:k-kyomu[at]edu.k.u-tokyo.ac.jp
学術研究奨励金
 (海外渡航助成)
募集区分 募集対象 支援額
博士・修士 渡航先により 10・15・20万円
重複受給可否・上限額 支援期間 申請開始時期
他から旅費等支給がある場合は不可 渡航が発生する時 4月頃
備考 問合せ先
2020年度募集せず。2021年6月現在未定。例年、6月から翌年5月までの期間に渡航して行われる、国外における学会・研究集会での研究発表またはフィールドワーク等に対して支給される。 新領域教務チーム:k-kyomu[at]edu.k.u-tokyo.ac.jp

この他に、専攻等が独自に実施する支援制度などもあります。 各制度についての詳細は、各制度についてのリンク先でご確認ください。