spacer


稗方 和夫 ひえかた かずお/准教授/環境学研究系
人間環境学専攻/人工環境学講座/設計工学 情報システム 生産システム
http://www.nakl.t.u-tokyo.ac.jp/

略歴
1998年3月東京大学工学部船舶海洋工学科卒業
2000年3月東京大学大学院工学系研究科環境海洋工学専攻修士課程修了
2000年4月日本アイ・ビー・エム株式会社
2004年9月東京大学大学院工学系研究科環境海洋工学専攻 助手
2007年4月東京大学大学院工学系研究科環境海洋工学専攻 助教
2008年4月東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻 助教
2008年7月博士(工学)取得 東京大学大学院工学系研究科
2010年2月より現職
2013年6月より一年間マサチューセッツ工科大学客員研究
教育活動
研究活動
主に製造業を対象として、工場や設計部門などに情報システムを導入するための
取り組みを行っている。設計情報システムや生産設備の部分最適も対象とするが、
設計者や作業員を含めたオペレーション全体をシステマティックに改善するための
方法論の構築を目指す。
製造現場のセンシング技術と得られたデータの分析手法が主な技術開発要素である。
[文献]
1) 稗方和夫, 大和裕幸, 安藤英幸, 榎本昌一, 中澤崇, ロジャナカモンサンピルン, 尾石航, セマンティックウェブ技術による設計プロセス記述と設計支援システムの開発, 日本船舶海洋工学会論文集, No.4, pp. 81-88 , 2006.12
2) Kazuo Hiekata, Hiroyuki Yamato, Wataru Oishi, Takashi Nakazawa, Ship Design Workflow Management by ShareFast, Journal of Ship Production, Volume 23, Number 1, pp. 23-29, 2007.2
3) 坪内孝太,大和裕幸,稗方和夫, 過疎地における時間指定の出来るオンデマンドバスシステムの効果, 日本ロボット学会誌, Vol.27 No.2, pp. 115-121, 2009
その他
日本船舶海洋工学会、人工知能学会、情報処理学会、日本ロボット学会、日本機械学会、SNAME各会員。
人工知能学会 第2種研究会SIG-KST主査(2007〜)等。
2006年10月 天才プログラマー/スーパークリエータ, 独立行政法人情報処理推進 機構
2007年5月 日本船舶海洋工学会奨励賞(乾賞), 社団法人日本船舶海洋工学会
2009年7月 JCOMM技術賞, 一般社団法人 日本モビリティ・マネジメント会議
2010年6月 人工知能学会研究会優秀賞,社団法人人工知能学会
2014年5月 日本船舶海洋工学会論文賞, 社団法人日本船舶海洋工学会
spacer
将来計画
オントロジー等の技術を利用した生産設備のモデリング、生産設備のモニタリング
技術、生産に関する情報管理から設計にフィードバックする手法の開発等にも
取り組んでいきたい。
教員からのメッセージ
基本的な研究の流れは、実用寄りの研究テーマに対してアカデミックな手法で取り組む
という形である。要素技術をしっかりと習得した上で、広域の課題に取り組むことで、
技術要素とバランス感覚の両面に秀でた学生となってもらいたい。
top