spacer


稗方 和夫 ひえかた かずお/准教授/環境学研究系
人間環境学専攻/人工環境学講座/システム設計 情報システム
https://is.edu.k.u-tokyo.ac.jp/

略歴
1998年3月東京大学工学部船舶海洋工学科卒業
2000年3月東京大学大学院工学系研究科環境海洋工学専攻修士課程修了
2000年4月日本アイ・ビー・エム株式会社
2004年9月東京大学大学院工学系研究科環境海洋工学専攻 助手
2007年4月東京大学大学院工学系研究科環境海洋工学専攻 助教
2008年4月東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻 助教
2008年7月博士(工学)取得 東京大学大学院工学系研究科
2010年2月より現職
2013年6月〜2014年5月マサチューセッツ工科大学客員研究員

教育活動
大学院:最適システム設計論 システム設計学国際演習 知識情報処理特論
工学部システム創成学科:基礎プロジェクト プログラミング応用 システム制御工学

研究活動
専門分野の高度化と情報通信技術による連係が進んだ現在の産業や社会は、複雑かつ大規模化なシステムオブシステムズとして機能しています。よって、産業や社会の問題を速やかに解決するには、変化の大きい外部環境に合わせた異分野の優れた技術の導入や組織・プロセスへの変革が必要です。しかし、既存の利害関係の複雑さ、システム間を伝播する副次的な影響予測の難しさ、経験の蓄積による保守的な組織文化などの困難が想定されます。これらの困難を解決し、産業や社会の変革を推進するため、以下の3つのテーマに取り組みます。

(1)システムの目的、機能、振る舞いや利害関係、サブシステム間の関係性を記述する方法論の構築。
(2)社会や産業における大規模かつ複雑なシステムの挙動をシミュレートするモデルの開発。
(3) (1)(2)に基づく、異分野の専門家間の深いコミュニケーションとコラボレーションを支援するチームワーク環境の構築。
[文献]
1)Kazuo Hiekata, Hiroyuki Yamato, Wataru Oishi, Takashi Nakazawa, Ship Design Workflow Management by ShareFast, Journal of Ship Production, Volume 23, Number 1, pp. 23-29, 2007.2
2)Kota Tsubouchi, Hiroyuki Yamato, Kazuo Hiekata. Innovative on-demand bus system in Japan, IET Intelligent Transportation System, Vol. 4, No. 4, pp. 270-279, 2010.12
3)Kazuo Hiekata, Taiga Mitsuyuki, Ryuji Ueno, Ryota Wada and Bryan Moser. A Study on Decision Support Methodology for Evaluating IoT Technologies Using Systems Approach. Proc. of the 18th International Conference on Computer Applications in Shipbuilding, Vol.2, pp.7-15, 2017.
その他
日本船舶海洋工学会、人工知能学会、情報処理学会、日本機械学会、SNAME各会員。
人工知能学会 第2種研究会SIG-KST主査(2007〜)等。
2006年10月 天才プログラマー/スーパークリエータ, 独立行政法人情報処理推進 機構
2007年5月 日本船舶海洋工学会奨励賞(乾賞), 社団法人日本船舶海洋工学会
2009年7月 JCOMM技術賞, 一般社団法人 日本モビリティ・マネジメント会議
2010年6月 人工知能学会研究会優秀賞,社団法人人工知能学会
2014年5月 日本船舶海洋工学会論文賞, 社団法人日本船舶海洋工学会
spacer
将来計画
産業、社会、学術の様々な問題について、その解決を目指した研究活動を行っています。
教員からのメッセージ
専門分野における高い能力、複雑な問題の定義に必要な論理性、リーダーシップや倫理観に代表される人間性の3点を成長できる環境と機会を提供する研究室を目指しています。
top