入試概要


平成30年度修士課程・博士後期課程 学生募集要項、複雑理工学専攻入試案内書より一部のみ抜粋。詳細は「必ず」入試案内書を参照すること。

募集人員 修士課程 25名(入試日程Aのみ)
博士後期課程 11名(入試日程A)
若干名(入試日程B)
出願期日 入試日程A 平成29年6月15日(木)から6月21日(水)まで
入試日程B 平成29年11月21日(火)から11月28日(火)まで
試験日程 入試日程A 平成29年8月22日(火) TOEFL-ITP(英語)、専門基礎科目
平成29年8月24日(木) 口述試験(博士後期課程)
平成29年8月25日(金) 第1次試験合格者発表(修士課程)
平成29年8月28日(月) 口述試験(修士課程第2次試験)
平成29年9月4日(月) 合格者発表
入試日程B 平成30年2月5日(月) 試験(博士後期課程のみ)
平成30年2月16日(金) 合格者発表
試験科目 修士課程

専門基礎科目

共通の必修問題1問に加えて、数学・物理学の下記の分野からそれぞれ1問出題される選択問題のうち、 試験場で2問を選択し、計3問を解答する。(選択問題は複数科目から選択可)

各科目の問題は、
  • 共通必修問題 微分積分(大学1・2年で学習する範囲)
  • 選択問題
    • 数学  線形代数、解析学、確率・統計
    • 物理学 力学、電磁気学、熱統計力学、量子力学
の範囲で基礎的な問題が出題される。
過去の入試問題はこちらから入手できる.

外国語

英語に関して、以下の3つの方法から1つを選択する。
  • TOEFL-ITPのみを受験する。
  • TOEFLのスコアシートを提出し、TOEFL-ITPは受験しない。
  • TOEFL-ITPを受験し、かつTOEFLのスコアシートを提出する。(この場合はTOEFL-ITPとTOEFLスコアシートのいずれか高いほうの得点が採用される。)
スコアシートの提出に関しては募集要項を参照のこと(提出期限:平成29年8月2日(水))

口述試験

基礎学力、志望分野、研究意欲などについて試問される。
博士後期課程

外国語 (本学の修士課程を修了・修了見込みのものは、この試験科目を省略する。)

英語に関して、以下の3つの方法から1つを選択する。
  • TOEFL-ITPのみ受験する。
  • TOEFLのスコアシートを提出し、TOEFL-ITPは受験しない。
  • TOEFL-ITPを受験し、かつTOEFLのスコアシートを提出する。(この場合はTOEFL-ITPとTOEFLスコアシートのいずれか高いほうの得点が採用される。)
社会人特別選抜は、入試日程AおよびBにおいてTOEFLまたはTOEICのスコアシートを提出することができる。

スコアシートの提出に関しては募集要項を参照のこと(提出期限:平成29年8月2日(水)[入試日程A]、平成30年1月23日(火)[入試日程B])。

口述試験

修士課程における研究の進捗状況をまとめて口頭発表し、基礎学力、研究テーマ、研究意欲などについて試問される。

※ここに記載した内容と「学生募集要項」 あるいは「入試案内書」に記載されている内容とに相違がある場合は、「学生募集要項」および「入試案内書」に記載されている内容が正しいと理解してください。 従って、入試に関することは「募集要項(修士博士)」および「 入試案内書」で必ず確認してください。