Complexity


複雑系プラットフォーム

複雑現象を理解するための処理を、対象のスケールに依存しない形で実現する複雑系科学研究を進めています。シミュレーションや計測データから重要な特徴を抽出するための解析、得られたデータの複雑さや特徴に応じた符号化、さらにこのように得られたデータから有用な知見を発見する機械学習という3段階のパイプライン処理の実現を目指しています。


担当教員