2017年度 第2回学融合セミナー 2017/05/24

講 義 16:50~18:35
場 所 新領域基盤棟大講義室(2C0)


国連海洋法下におけるBBNJ(国家管轄権外における海洋生物多様性)

Figure

津田 敦 教授


国連において国家管轄権外における海洋生物多様性の保全と利益の再配分に関して議論が進んでいる。その状況を歴史的な文脈の中で解説するとともに、自然科学系研究者に求められる姿勢や、海洋生物多様性に関する現状を説明する。

ウナギとマグロの大回遊 〜持続的資源利用に向けて〜

Figure

木村 伸吾 教授


資源の減少が懸念されているウナギとマグロの不思議な回遊生態を、地球環境変動や環境改変に伴う影響も交えながら概説する。

神経回路の解読

Figure

高坂 洋史 講師


神経回路は、多数の神経細胞のネットワークによって構成され、動物のあらゆる活動を支える重要なシステムです。近年の技術的進歩により、神経回路が動作するしくみを細胞レベルで調べることが可能になってきました。本発表では、神経回路研究の最新の手法をご紹介し、それらの手法を有用なモデル動物であるショウジョウバエに適用した研究についてお話しいたします。

poster ポスター(PDF 1p 268kb)
pre
開催履歴一覧
next
2017年度 第2回