2015年度 第2回学融合セミナー 2015/5/27

講 義 16:50~18:35
場 所 新領域基盤棟大講義室(2C0)

movieこのアイコンがある講義は視聴版動画がご覧いただけます。
本格版の視聴をご希望の方へ動画視聴版がうまく見られない方へ

昆虫研究を通して生命科学研究を考える

Figure

片岡 宏誌 教授


 演者は小学校から中学にかけて蝶集めに熱中し、最も多い頃で160種くらいの標本を所有していた。いつしかそんなことは忘れていたが、大学の研究室に配属され、教授から与えられたテーマは「昆虫ペプチドホルモン」の精製と構造決定であった。以来約35年、昆虫に関する研究を続けてきた。その間に、科学技術の進歩とともに手法を変えながら研究を行ってきた。講義では演者の進めた昆虫研究を通して、生命科学の研究内容の変化を紹介し、将来を展望したい。

海から教わる科学技術

Figure

浅田 昭 教授


 自然現象の科学技術は自然から学ぶ事が圧倒的に多い。水中の音波の伝播速度、音波の屈折理論、海の深さを測る計測理論などは実際に海で体験して積み重ねたものである。海洋生物から音で水中の映像を撮る、物性を知る技術を教わった。海には想定は初めから存在しない。

小型宇宙機用の推進システム

Figure

小泉 宏之 准教授


 小型衛星/探査機用の推進システムとして、研究/開発を進めているイオンスラスタ、パルス型プラズマスラスタ、および固体スラスタの紹介と、小型衛星および推進機をとりまく情勢を紹介します。
poster ポスター(PDF 1p 225kb)
pre
開催履歴一覧
next
2015年度 第3回