2016年度 第3回学融合セミナー 2016/6/22

講 義 16:50~18:35
場 所 新領域基盤棟大講義室(2C0)

movieこのアイコンがある講義は試聴版動画がご覧いただけます。
本格版の視聴をご希望の方へ動画試聴版がうまく見られない方へ

植物ウイルスはどのようにして病気をおこすか

Figure

鈴木 匡 准教授


 植物に感染するウイルスは、感染後、モザイク、矮化、奇形などの病気を誘導する。 今までは、ウイルスに対する抵抗性を有する植物など、病気にさせないための研究は 盛んであった。しかし、病気の発症機構については、まだまだ不明な点が多く、ウイ ルスの遺伝子の塩基配列情報とDNA操作によって、ウイルス側の病気を誘導する因子は 解明されつつあるが、植物側がどのような応答をしているかについては研究事例が少 ない。病気発症に関する植物側の機構が解明されれば、新たな植物ウイルス病の防除 戦略につながることが期待される。演者らはいくつかのウイルスと植物の組み合わせ で病気発症機構の解明に取り組んでおり、本講義ではいくつかの病気発症機構の研究 事例を紹介し、ウイルス病とその防除について考えたい。

大気圏突入用空気ブレーキ傘の開発と超小型火星着陸探査

Figure

鈴木 宏二郎 教授


 宇宙から地上に到着する際、大気圏突入は避けて通れない危険な関門です。ぶつかってくる大気が圧縮されて火の玉状態となり、機体を激しく加熱するからです。そこで、濃い大気にぶつかる前の高高度で効率よく減速できるブレーキを開発中です。 それは、浮き輪方式により宇宙でも展開できる傘のようなもので、気球、観測ロケットなどを使い、飛行実証を進めています。その開発史を振り返り、超小型火星着陸探査への夢についてお話しします。

海洋波の予測最前線

Figure

早稲田 卓爾 教授


 海洋波予測の歴史は第二次世界大戦に遡るが、その理論体系は1950年代から1960年代に確立された。50年の時を経て、いま、改めて海洋波の理論が見直されている。 その契機となった、フリーク波や、台風下、氷海での波浪などの研究を紹介する。

poster ポスター(PDF 1p 223kb)
pre
開催履歴一覧
next
2016年度 第4回