御手洗・松永研究室

耐熱材料設計学

研究内容紹介

航空機ジェットエンジンに使われているTi合金や、新規材料として可能性を秘めた高温形状記憶合金・ハイエントロピー合金について高温での力学特性発現機構を明らかにし、新しい材料を創製していきます。鍛造や、最近注目されている3次元積層造形などのプロセスにも着目し、プロセスを駆使した組織制御とそこから優れた力学特性を最大限に引き出すことにより、耐熱材料の可能性について探求します。

メッセージ

材料工学は全ての工学を下支えする、縁の下の力持ちのような存在です。新しい材料を作り出すことは、宇宙まで広がる無限の可能性を秘めています。

私(御手洗)は、ガンダムを作りたかったので機械工学を勉強したかったのですが、望みが叶わず材料研究の道に進みました。しかし、これまで航空機エンジンに関わる材料を研究してきて、材料を通じていろいろな分野、人と関わることができると感じますし、良い影響を受けられる出会いがたくさんあります。松永さんはJAXAにも居られ、そこで航空・宇宙で使われる材料に興味を持ち、現在でも金属材料の研究を通して航空・宇宙に貢献しています。実は、松永さんは元々隣の研究室でしたが、コーヒーを飲みながらチタンの話に花が咲き、一緒にやろうか?ということに(笑)。研究テーマにも流行があり、今まで私がやってきたテーマは、どちらかといえばマイナーでした。けれど、自分が面白いと思ったことを、人からどう思われようとやってきたところがあります。そして、ずっと続けていると「この分野は御手洗さんだね」と言われるようになる。研究に対しての頑固さを持つこと、そして好きだから続けられたのだと思う。楽しいと思えることを深堀していくことで、世界を目指せたら素敵ですよね。

物質系専攻を志す学生へ

耐熱材料は航空機ジェットエンジンや発電などに使われており、産業を支えるキーテクノロジーの1つです。本研究室では、高温における力学特性や環境に対する耐性の理解を深め、機構を明らかにすることにより、新しい材料の設計指針を考えます。皆さんのアイデアを駆使して新しい材料の開発をしてみませんか。

御手洗・松永研究室のメンバー

御手洗 容子 教授

御手洗 容子 教授

1989年
東京工業大学工学部金属工学科卒業

1991年
東京工業大学大学院理工学研究科博士前期課程金属工学専攻修了

1994年
東京工業大学大学院理工学研究科博士後期課程金属工学専攻修了

1994年
日本学術振興会特別研究員(PD)

1995年
金属材料技術研究所 技官

1999年
同 主任研究官

2001年
独立行政法人物質・材料研究機構(金属材料技術研究所独法化)主任研究員

2003年
同 主幹研究員

2006年
同グループリーダー

2016年
同グループリーダー

2020年
東京大学大学院新領域創成科学研究科物質系専攻教授

松永 哲也 講師

松永 哲也 講師

2005年
東京都立科学技術大学工学部卒

2007年
東京大学大学院工学系研究科修士課程修了

2010年
総合研究大学院大学物理科学研究科博士後期課程修了

2010年
独立行政法人宇宙航空研究開発機構プロジェクト研究員

2011年
東北大学金属材料研究所助教

2014年
物質・材料研究機構研究員

2016年
オハイオ州立大学客員研究員

2017年
物質・材料研究機構主任研究員

2020年
東京大学大学院新領域創成科学研究科物質系専攻講師

お問い合わせ

〒277-8561 千葉県柏市柏の葉5-1-5

東京大学大学院 新領域創成科学研究科

物質系専攻 御手洗容子教授・松永哲也講師研究室

04-7136-3783(御手洗)

04-7136-3815(松永)