物質系専攻とは

ようこそ物質系専攻へ

学融合型物質科学研究拠点で新しいサイエンスを学び発信する

本専攻は1999年4月に東京大学新領域創成科学研究科に新設された、 物性研究所、理学部、工学部などの物質・物性関連教官を融合した21世紀型の新大学院専攻である。 本専攻は研究科と物性研究所が協力して作り上げ、世界最強・最大の物性センターとしての役割を追求している。 そこには物性を目指す多くの教官が集い、学生とともに研究を行い、また、総合的・系統的な幅広い物性教育を行い、 物性研究の真のプロを育成する、若い息吹に満ちた専攻である。

我々が相手にしている“物質”とは、原子核と複数の電子から作られる原子というナノスケールの構成要素が1023という 天文学的な数にわたって集合して形成された超多体系である。 これまでに、様々な物質やそれが示す多様な現象が理解され、それらを応用するための学問が構築されてきた。 しかし、我々が現状で扱うことができている自由度は、超多体系が持つ天文学的な自由度のごく一部に過ぎない。 この未開拓な自由度を開拓して、新しい現象の探索、新しい概念の構築を行い、 さらに、それらの応用分野を開発することが、本専攻の目標である。

物質系専攻の紹介

我々が相手にしている「物質」とは、原子核と複数の電子から成る原子というナノスケールの構成要素が、10 の 23 乗という天文学的な数が集まることによって形成された超多体系です。 これまでに、様々な物質が示す多様な現象を理解し、応用するための研究が行われてきました。 しかし、我々が現状で扱うことができている自由度は、超多体系が持つ天文学的な自由度のほんのごく一部に過ぎません。 物質系専攻の目標は、未開拓な自由度を操ることができる舞台=“新物質”を開拓すること、その舞台から生み出される未知の現象を探索して優れた機能を引き出すこと、 また、その機構を解明すること、そして、それらの現象・機能の応用分野を開拓することで人類社会の発展に貢献することにあります。 これらの目標を達成するために、下記の三つのアプローチで研究を行います。 一つ目は、新現象・新機能を生みだす魅力的な舞台を創成することです。 将来のエレクトロニクス、フォトニクス、スピントロニクスを担う強相関電子系物質、半導体超構造、有機分子性物質、また、非周期的な階層構造を有する生体物質を含むソフトマター、 さらには、ナノクラスターや固体・液体・気体がつくる界面など、多様な構成要素と凝集様式を有する多彩な物質を対象として、物質科学の新しい世界を切り拓いています。 二つ目は、巨視的な物性の観測を越えて、ナノスケールでの現象を直接検出し、制御することです。 これについては、走査トンネル顕微鏡、高分解能電子顕微鏡、シンクロトロン放射光・中性子線などの量子ビーム、超短パルスーレーザー、スーパーコンピューターによる第一原理シミュレーション等、最先端のテクノロジーを基盤とした物質科学研究を行います。 三つ目は、超強磁場・超高圧・超低温、強光子場等の極限状態や、プラズマや超急冷によって生じる非平衡状態のダイナミクスを観測することです。 それらの観測を通して、強い電子相関をはじめとする物質の中の多体効果を解明することができると期待されます。 これについては、様々な極限状態や非平衡状態を生成・検出する手法と、それを理解するための学理の構築を進めています。

News

News一覧を見る。 

Topics

Topics一覧を見る。 

入試説明会

受験相談

詳細についてはあなたが実際に学びたいと考える教員まで問い合わせて下さい。
e-mail または電話での相談に応じます。
入試説明会や本専攻全般に関する不明な点については、担当の竹谷純一教授 takeya@edu.k.u-tokyo.ac.jp に問い合わせてください。

オンライン開催

2020年4月25日(土)

Zoomを利用してオンラインで開催いたします。参加希望者は事前に「takeya@k.u-tokyo.ac.jp」に所属と氏名を送って申し込みください。               

13:00から15:00
全体説明・質疑応答
各研究室紹介

柏キャンパス(詳細版)

2020年5月23日(土)

新領域基盤棟2階
大講義室

13:00から16:00
全体説明・質疑応答
各研究室紹介・研究室見学・ラボツアー

※会場や時間が変更になる場合があります。最新の情報をご確認ください。

教員一覧

中辻 知 教授

Professor
Satoru Nakatsuji

量子物質

入試日程

入試案内書 / 募集要項

卒業生 / 在校生の声(2019年度 現在)

  • 野間 由里 Yuri Noma

    (2009年3月 寺嶋研究室 博士修了)

    物質系専攻にいた5年間は本当に様々なことにチャレンジさせていただきました。研究も課外活動もとことん自分が満足いくまでやらせていただき、数々の一流の経験を積むことができたと思っています。良き研究室仲間と周りの関係者にも恵まれ、とても濃い5年間でした。大学院修了後は米国の化学企業、デュポンと3Mの2社で新規ビジネス立ち上げのための技術開発にPI(プリンシパルインベスティゲーター)としておよそ10年間携わりました。いずれも院時代の研究分野であったプラズマとは直接関連のない仕事でしたが大学院時代に学んだこと、経験したことは全てプラスになりました。今年から主人の海外転勤に帯同してシンガポールで暮らしています。仕事はせず、子育ての傍ら、仕事中にはできなかった勉強やボランティア活動、読書などに勤しんでおり、次のチャレンジをどうしようか戦略を考えています。会社に属していても、プライベートでも新たな課題が度々発生しますが、院時代、課題を目の前にした時にどれくらい頑張れたかが後々の自分の自信にも直結していると思います。物質系専攻でこれから学ばれる皆さんも是非日々の課題と真摯に向き合い、自信をつけて世の中へ羽ばたいてください。

  • 都竹 康太郎 Kotaro Tsuzuku

    パイクリスタル株式会社(2018年3月 竹谷岡本研究室 修士課程修了)

    私は物質系専攻で塗布型半導体デバイスの研究を行っていました。現在は所属していた研究室発のベンチャー企業で、有機半導体材料の実用化にむけた要素技術開発に携わっています。物質系専攻には物理学、化学をはじめとする様々な分野の研究室があり、バックグラウンドの異なる人が集まっているため、いろいろな視点からの物事のとらえ方を知ることができます。またそれぞれの研究室が充実した設備を備えており各分野の最先端の研究に取り組むことができます。新領域の大きな特徴として、既存の枠にとらわれない研究を遂行できるということがあります。私が所属していた研究室は有機半導体が専門でしたが、有機半導体だけでなく、IGZOをはじめとする酸化物半導体の研究にも携わらせていただきました。物質系専攻には研究を遂行するための素晴らしい環境が整っています。みなさんが物質系専攻で充実した研究生活を送られることを願っております。

  • 細井 優 Suguru Hosoi

    大阪大学大学院基礎工学研究科(2017年3月 芝内研究室 修士課程修了)

    物質系専攻では超伝導体に現れる新奇な電子状態の研究をしており、現在は大阪大学の基礎工学研究科にて物性研究を続けています。実験を始めてみると専門の物理だけでなく、測定環境の構築や実験結果の解析をこなすうちに色々な知識やスキルを学ぶことができます。実験は試行錯誤の繰り返しでなかなか大変ですが、苦労して良い成果が得られたときの喜びはひとしおであり、大学に入学した頃は卒業後の進路は何も決まってはいませんでしたが、気づけば研究者としてのキャリアを始めることを選択しました。思い返してみれば大学院生として過ごした柏キャンパスは研究に打ち込むことができる素晴らしい環境が整っていると再認識させられます。また物質科学を舞台として様々な分野のエキスパートの研究室が集まる物質系専攻は、専門の研究だけでなく幅広い学問分野に触れることができる貴重な交流の場でもあります。これから本専攻で学ばれる皆さんが充実した研究活動をされ、卒業後もご活躍されることを楽しみにしております。

  • 山添 康介 Kosuke Yamazoe

    東京大学物性研究所附属極限コヒーレント光科学研究センター(2017年9月 原田研究室 博士課程修了)

    現在、物性研究所播磨分室において軟X線発光分光という手法を用いた水の電子状態観測から高分子や生体分子の機能を明らかにする研究をしています。高分子を2次元に並べた高分子ブラシは、水をとりこみ膨潤しブラシ表面に自発的に油を浮かび上がらせる防汚性などの機能を付与する表面改質法として注目されています。防汚性などの機能は、 水の重要性は認識されながらも、どのような構造の水が役割を果たしており、それをどのようにしたら制御できるかということに関しては十分に理解されていません。そこで、軟X 線発光分光を用いて水の水素結合に関係する酸素の電子状態を直接観測することによって高分子電解質ブラシ中の水の構造を明らかにし、水の構造に関与する材料側の因子およびブラシ表面の機能との相関を明らかにすべく研究を行っています。私にとっての物質系専攻の修士課程および博士課程は研究をするだけではなく自分が本当にやりたいことを見つけるのに有意義な時間だったと実感しています。何ものにも代えがたい物質系専攻での時間が、皆さんを待っているであろうことを心から祈っています。

  • 大熊 隆太郎 Ryutaro Okuma

    沖縄科学技術大学院大学量子物質科学ユニット(2019年3月 廣井研究室 博士課程修了)

    現在私は沖縄科学技術大学院大学(OIST)でポスドクをしています。当地は日本の大学とは思えないほど国際色豊かで(お金持ちな)研究機関です。柏に来ることにしたのは研究内容に興味を持ったのはもちろんのこと、研究室のサイトの中にある旅行記などの文章がとても面白かったからでした。実際、大学院時代の先生はユーモラスで自由に研究させてくれる人で、時間的にも精神的にもゆとりのある5 年間でした。主な研究内容は無機磁性体の結晶育成と基礎物性測定でしたが、キャンパス内にある先端測定の研究室(強磁場、中性子etc)と共同研究を盛んにさせていただいたため、研究の幅を広げることができました。また国際会議や長期の海外実験などに行かせてもらったおかげで今の環境にも面食らわずに済むことができています。振り返ってみると物質系専攻に来たことで自分の可能性がだいぶ広がったのではないかと思います。メソポタミア文明のように今後江戸川と利根川に挟まれた地で新たな文化の担い手が生まれることを期待しています。

  • 張 宰源 Jae-won Chang

    VITZRONEXTECH Co., Ltd.(2019年03月 佐々木研究室 博士課程修了)

    私は大阪大学工学部を卒業し、本学多次元計測科学講座の佐々木裕次研究室を希望しました。阪大で行っていたタンパク質分子に反応する小さい分子に関する研究で、どうしても謎だった分子動態を自分で計測したかったからです。その希望を佐々木教授にお伝えしたら、「自分でテーマを持って来るのは素晴らしい!」とおっしゃってくださいました。ただ、佐々木研は、大型放射光施設を利用した研究を中心に活動しておられたので、全くX線に関して知識の無かった私は非常に不安でした。ところが実際に入学してみると、多くの佐々木研の学生が放射光施設を見たことも行ったこともない学生ばかりで、先生や先輩達、そして、日本国内の代表的な2つの大型放射光施設のスタッフ(多くが佐々木研関係者及び出身者)の方々が基本から優しく教えてくれるので、非常に楽しく放射光実験をスタートすることができました。その後、私は博士課程に進学して、生命科学を一歩進め、臨床応用を考慮した実験系を自ら提案し、自ら設備的にも構築し、ほぼ3年で学術博士を何とか取得することができました。物質系専攻は、確かに物理系の専門分野の研究室が多いですが、佐々木研究室は、最先端的なバイオ実験施設を完備しているので、生命科学と物理学の学融合研究を最先端レベルで体験したい方や、将来、是非、医薬分野で活躍したい方にも非常に魅力的な研究室です。現在、私は、大学院時代の経験と知識を活かし、全く新規なX線がん診断用装置とキットの開発でベンチャー企業を立ち上げようとしています。このベンチャー起業の基本的発想もすべて佐々木研で研究生活を送れたおかげだと感謝しています。

  • 常田 ゆきな Yukina Tsuneda

    竹谷・岡本研究室(修士)

    物質系専攻には様々な分野の研究室があります。融合領域など既存の分野にとらわれない研究が可能な環境だと思いますので、色々なことに挑戦したい方や興味の対象を絞り切れず悩んでいる方にもおすすめです。広々としたキャンパスには実験設備や装置などが充実しており、研究に専念できる環境が整っていると思います。また、物質系専攻では研究室の垣根を超えた交流も可能です。例えば修士1年時の必修授業である輪講では研究紹介を行います。様々な研究室の現在進行中の研究内容を知ることができる貴重な機会です。他にも研究科主催のBBQ、物質系専攻主催のビアパーティーや駅伝大会などのイベントも行われており、研究以外でも多くの人と交流することができ、学生同士だけでなく先生方とも気軽に話すことができます。学生同士の仲の良さだけでなく、教員と学生の距離の近さや風通しのよさも物質系専攻の魅力だと思います。 気になる研究室がありましたら是非、見学して研究室の人とお話ししてみてください。異なるバックグラウンドを持つ研究室があり、いきいきとのびのびとした雰囲気の物質系専攻では、きっと皆さんにぴったりの研究室が見つかると思います。

  • 石原 滉大 Kota Ishihara

    芝内・橋本研究室(修士)

    私は現在、極低温下での精密物性測定を用いて超伝導などの量子物性を研究しています。研究では専門分野の正確な知識や測定技術が必要となりますが、スタッフの方々や先輩方が熱心にサポートしてくださるので着実に研究を進めることができます。もちろん、思った通りの結果が得られないことも多々ありますが、試行錯誤の末に求めていた結果が得られたときの喜びは忘れられません。また、私は物性研究所との共同研究を通じて、超高圧下や高磁場下での測定も行っています。柏キャンパスにはこのような極限環境下での実験に必要な高度な技術が揃っているため、日本でもトップクラスの研究環境だと感じています。さらに、物質系専攻では物理学・化学・材料科学など様々な分野で最先端の研究が行われており、普段なじみのない物質群や測定手法について学ぶ機会も多くあります。様々な分野の話を聞き、知識の幅を大きく広げることができるところが物質系専攻の特徴だと思います。 柏キャンパスはテニスコートも充実しており、研究が煮詰まった時にテニスをしてリフレッシュできるところも気に入っています。ぜひ、柏キャンパスで充実した楽しい研究生活を送っていきましょう。

  • ポア・ユーユー Yu Yu Phua

    寺嶋・伊藤研究室(修士)

    Interdisciplinary studies lie at the core of the Graduate School of Frontier Sciences. This means that we might have to take classes that we will never use in our research, listen to research presenta-tions we have no knowledge about, or be expected to work on a physics-heavy project at the gradu-ate level with only a chemistry background. Of course, it is not easy to balance the breadth require-ments of this interdisciplinary major, and the depth of our research focus. However, through continu-ous exposure and opportunities to exchange ideas in classes and seminars, I have learned a lot about topics outside my discipline such as magnetics and spintronics. I do not know if this knowledge will be useful for me in the future, but come with an open mind, learn about seemingly uninteresting topics, expand your perspective and trust that the dots will somehow connect in the future.The suburban Kashiwa campus that is surrounded by nature also provides a serene environment to focus on our research. That said, the extensive grounds on campus are frequently used for a variety of recreational activities ideal for both athletic and less athletically inclined people like me, such as barbeque parties, mini soccer and baseball games. Finally, enjoy your studies in Japan! The Department of Advanced Materials Sciences, Kashiwa campus and Japan offer so much to explore, but don’t forget also that you have something to con-tribute in terms of your academic and cultural background!

  • 高橋 香南子 Kanako Takahashi

    廣井研究室(修士)

    物質系専攻の大きな特徴は、物理、化学、材料科学といった様々な分野の研究室があることです。幅広い分野のバックグラウンドをもつ先生方や学生が集まっているので、新しい学問に触れる機会が多くあります。私は応用物理系の学科から進学しましたが、講義や研究会などを通して、物質科学に対する知識や考え方がこれまで学んできたことから展開してきているように思います。 柏キャンパスは研究環境として非常に良いと感じています。図書館や仮眠室、リフレッシュのできるスポーツ施設なども充実しており、研究生活をサポートしてくれます。私は現在、物性研究所内の研究室において高圧合成法を用いた新物質探索を行っています。物質合成や物性評価の際、自研究室の設備に加えて所内の装置を利用していますが、各設備にエキスパートのスタッフがいるため、スムーズに研究をすすめることができています。また、指導教員や研究スタッフとの距離が近く、研究について気軽に相談したりアドバイスをもらえたりすることも、研究にまだ慣れない修士の学生にとって魅力的なポイントだと思います。皆さんもぜひ物質系専攻で充実した研究生活を送りましょう。

  • 董 芸格 Geikaku Tou

    佐々木研究室(修士)

    私は学部生の時、元々物理専門で、大学院に入った後タンパク質に関する課題を選んだので、生物物理の領域に進みました。今放射光を使って不凍タンパク質の自体運動を見る研究をしています。 外国人として、最初は不安を持ったけど、研究室の先生と先輩たちはみんな優しい人で、生活と研究、両方いろいろと助けてくれました。実験のために、よく大型放射光施設に行くことがあります。いろいろ見識を高めました。それからも海外と日本の学会を参加します。各地の研究者たちと会って、議論して、本当貴重な経験となります。 柏キャンパスは研究者にとして、落ち着いて研究をできる場所で、とても良いところと思います。物質系専攻はあらゆる分野の学者を歓迎して、素晴らしい研究雰囲気を持っています。ここできっと満足のいく研究結果をできると思います。

  • ウガリノ・ラルフ・ジョン UGALINO RALPH JOHN OGERIO

    原田研究室(修士)

    I am currently a Master Course student working on the application of soft x-ray spectroscopy methods in understanding adsorption and dynamic phenom ena in nanoporous materials. Being mainly involved in beamline experim ents, I had the opportunity to handle an extensive selection of samples ? from layered perovskites to biopolymers, observe various setups ? in vacuum and ambient conditions, under low temperatures and magnetic field, and perform different measurements such as absorption, emission, and diffraction ? all in one instrument. Such diversity of scope ? from condensed matter physics and solid-state materials, to solution and polymer chemistry, had always given fresh perspective on my individual research interests. Moreover, I was able to meet and work with researchers from within and outside Japan, both seasoned and young, always bringing with them their interesting science, stories and all in between. My experience here echoes interdisciplinarity and collaboration, true to the spirit of the Department of Adanced Materials Science, in bringing together the fields of physics, chemistry and materials engineering to generate novel and useful science. With this, I would like to warmly welcome the new students, and wish you a fruitful journey hereon.

先輩の声

修士課程修了後の進路

博士課程修了後の進路

就職状況(マイナビ×物質系)

統合物質科学国際卓越大学院プログラム
(MERIT-WINGS)
World-leading Innovative Graduate Study Program for Materials Research, Industry, and Technology

コースの特色

統合物質科学国際卓越大学院プログラム(MERIT-WINGS)は、グローバルに活躍するリーダーを養成するため、 特別な教育課程により、修士課程から博士後期課程までの一貫した教育を行うものです。 最先端の物質科学研究を基盤として、分野を越えた俯瞰力と柔軟性、知を創造し活用する力、 広い視野と高い倫理性を併せ持ち、社会の持続的発展に貢献する優秀な博士を育成することを目的とします。 物質系専攻は、本学の工学系研究科、理学系研究科の物質科学に関わる9専攻とともに、このプログラムに参加しています。 プログラムの大学院生(MERIT-WINGSコース生)に採用されると、修士課程1年次後半から自立支援金を受給できるとともに、 自発融合研究、海外派遣、インターンシップなど、通常の博士課程の枠を超えた様々な活動を行います。

過去の入試結果

修士課程

年度 志願者数 受験者数 合格者数
24年度 107 85 57
25年度 72 64 44
26年度 77 64 48
27年度 80 75 63
28年度 120 87 64
29年度 88 75 63
30年度 115 100 64

博士課程

年度 志願者数 受験者数 合格者数
24年度 25 21 19
25年度 16 16 13
26年度 22 21 20
27年度 22 21 19
28年度 21 19 19
29年度 19 18 16
30年度 23 21 20

お問い合わせ

Address:

〒277-8561 千葉県柏市柏の葉5-1-5 東大柏キャンパス

Phone:

04-7136-3821

Fax:

04-7136-3821