東京大学大学院新領域創成科学研究科

PROSPECTUS

教員紹介

吉元 俊輔 (よしもと しゅんすけ/講師/環境学研究系)

人間環境学専攻/人間支援環境学講座/生体工学,メカトロニクス,電気計測

略歴

2009年3月 大阪大学 基礎工学部 生物工学科 卒業
2010年9月 大阪大学 大学院基礎工学研究科 修士課程修了
2012年9月 大阪大学 大学院基礎工学研究科 博士課程修了(博士(工学))
2012年10月~2019年3月 大阪大学 大学院基礎工学研究科 助教
2019年4月~2020年4月 東京大学大学院 工学系研究科 講師
2020年5月~現在 現職

教育活動

工学部精密工学科:センサ工学,アクチュエータ工学,精密工学実践演習

研究活動

人の運動や行動の理解・支援・拡張を目指し,生体計測・触覚工学・人間機械システム・計算機科学を基盤とした生体メカトロニクスに関する研究活動を行ってきました.特に,生体の物理生理特性とメカトロニクス技術を駆使した知的システム設計を指針とし,人と機械の調和による高度な計測・提示・制御技術を開発するとともに医学やスポーツ分野を中心とした応用展開を行っています.


・環境に触圧センシング機能を付与するユビキタス触覚センサ(文献1)
・身体動作や操作を間接的な生体情報から推定するアンビエントセンシング技術(文献2,3)
・ニューロフィードバックによる動作習得支援(文献4)
・遠隔操作のための感覚伝送技術








電磁トモグラフィによる様々なイメージング




遠隔操作のための触覚フィードバック

文献

1) S. Yoshimoto, Y. Kuroda, and O. Oshiro, Tomographic Approach for Universal Tactile Imaging with Electromechanically Coupled Conductors. IEEE Transactions on Industrial Electronics, Vol.67, No.1, pp.627-636, 2020.
2) S. Yoshimoto, S. Hinatsu, Y. Kuroda, and O. Oshiro, Hemodynamic Sensing of 3D Fingertip Force by using Non-pulsatile and Pulsatile Signals in the Proximal Part. IEEE Transactions on Biomedical Circuits and Systems, Vol.12, No.5, pp.1155 - 1164, 2018.
3) J. Kawaguchi, S. Yoshimoto, Y. Kuroda, O. Oshiro, Estimation of Finger Joint Angles Based on Electromechanical Sensing of Wrist Shape. IEEE Transactions on Neural Systems and Rehabilitation Engineering, Vol.25, No.9, pp.1409-1418, 2017.
4) S. Yoshimoto, Y. Kuroda, M. Imura, O. Oshiro, K. Nozaki, Y. Taga, H. Machi, H. Tamagawa, Electrotactile Augmentation for Carving Guidance. IEEE Transactions on Haptics, Vol.9, No.1, pp.43-53, 2016.

その他

日本生体医工学会,日本バーチャルリアリティ学会,ヒューマンインタフェース学会,IEEE各会員
日本バーチャルリアリティ学会ハプティクス研究委員会幹事(2014~2020),日本生体医工学会関西支部幹事(2018)等

将来計画

人や物理現象の理解を深め,高度な情報・機械環境により豊かな社会を創造するには,その出入り口となるアクチュエータ・センサの技術が必要不可欠です.特に,精緻な計測と制御を実現しつつ,環境や人と調和したデバイス・システムであることが求められています.そのために,デバイス機能の探求,知的計測技術の創造,人機システムの最適化に取り組み,生体工学とメカトロニクスの新しい道を切り拓きます.

教員からのメッセージ

社会の様々な課題に柔軟に立ち向かっていける知力と技量を磨くとともに,研究の面白さを共有できる場でありたいと思います.ともに学び,たくさんの驚きと喜びに出会えることを楽しみにしています.