東京大学大学院新領域創成科学研究科

PROSPECTUS

教員紹介

細野 暢彦 (ほその のぶひこ/講師/基盤科学研究系)

物質系専攻/新物質・界面科学講座/ソフトマテリアル・高分子材料化学

略歴

2002年3月 東京都立武蔵高等学校卒業
2006年3月 東京農工大学工学部有機材料化学科卒業
2008年3月 東京農工大学大学院工学府応用化学専攻修士課程修了
2011年3月 東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻博士課程修了 博士(工学)
2008年4月~2009年3月 理研ジュニア・リサーチ・アソシエイト
2009年4月~2011年3月 日本学術振興会特別研究員(DC2)
2011年4月~2012年3月 アイントホーフェン工科大学 博士研究員
2012年4月~2013年12月 日本学術振興会特別研究員(SPD)
2014年1月~2018年10月 京都大学高等研究院物質?細胞統合システム拠点 特定助教
2018年11月~現職

教育活動

研究活動

高分子化学・物性・自己集積/組織化を軸としたソフトマテリアルサイエンスを軸に、ナノ空間材料を利用した新しい材料の機能設計と開発に取り組んでいます。生体のもつ「適応機能」を人工材料で実現すべく、動的分子の集積化による適応機能システムの開拓もおこなっています。

文献

1. “Design and Control of Gas Diffusion Process in a Nanoporous Soft Crystal”, Cheng Gu, Nobuhiko Hosono,* Jia-Jia Zheng, Yohei Sato, Shinpei Kusaka, Shigeyoshi Sakaki, Susumu Kitagawa*, Science 2019, 363, 387?391.
2. “Highly Responsive Nature of Porous Coordination Polymer Surfaces Imaged by in situ Atomic Force Microscopy”, Nobuhiko Hosono,* Aya Terashima, Shinpei Kusaka, Ryotaro Matsuda, Susumu Kitagawa*, Nat. Chem. 2018, 11, 109?116. (Selected as “Cover Art”)
3. “Modular Design of Porous Soft Materials via Self-Organization of Metal?Organic Cages”, Nobuhiko Hosono,* Susumu Kitagawa*, Acc. Chem. Res. 2018, 51, 2437?2446.
4. “Large-Area Three-Dimensional Molecular Ordering of a Polymer Brush by One-Step Processing”, Nobuhiko Hosono, Takashi Kajitani, Takanori Fukushima,* Kazuki Ito, Sono Sasaki, Masaki Takata, Takuzo Aida*, Science 2010, 330, 808?811.

その他

日本化学会、高分子学会 会員

将来計画

材料の機能を設計するためには、個々の分子だけではなく分子集合体としての振る舞いに注目して、ナノサイズからマクロサイズまでを統合的にデザインする必要があります。特に、生体のような高度に組織同士が連携したシステムを分子的に実現するには、分子や集合体のデザインに加えて、そのフィールドである空間もデザインする必要があります。組織と空間を軸にした機能材料の設計を体系化させ、ひとつのエッセンスにまとめ上げることがミッションと考えています。

教員からのメッセージ

自分のやりたいと思うこと、面白いと思うことに正直に、脇目を振らずに突き進んでほしいと思います。本気でかじりつけば、あなたしかできないオリジナルで完成度の高い研究や仕事が自ずとできるようになります。