spacer


佐々木 淳 ささき じゅん/教授/環境学研究系
社会文化環境学専攻/循環環境学講座/海岸工学・環境水工学
http://estuarine.jp/

略歴
1991年3月東京大学工学部土木工学科卒業
1996年11月東京大学大学院工学系研究科社会基盤工学専攻博士課程修了(博士(工学))
1995年4月日本学術振興会特別研究員DC2,PD
1997年1月東京大学大学院工学系研究科助手
1999年4月東京大学大学院新領域創成科学研究科助教授
1999年12月〜2000年2月アジア工科大学院客員研究員
2002年10月横浜国立大学大学院工学研究院助教授(2007年4月同准教授)
2007年8月〜11月フロリダ大学客員研究員
2009年4月横浜国立大学大学院工学研究院教授
2011年4月横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院教授を経て2013年4月より現職
教育活動
大学院:沿岸環境基盤学,沿岸環境基盤学演習,社会文化環境学概論(分担),サステイナビリティ論(分担),環境復元学(分担,工学系)
学部:流砂系保全計画(分担,工学部社会基盤学科),海の魅力と海の基礎T(分担,海洋アライアンス),生態学・生態工学(分担,工学部)
研究活動
東京湾の貧酸素水塊と環境再生:
流入負荷削減等により東京湾の水環境は改善されてきたといわれている.しかし,最大の問題と考えられる貧酸素水塊の規模は縮小の兆しが見られず,2012年9月には大規模な無酸素水塊が発生し,青潮による干潟・浅場のアサリ等の大量死を引き起こしている.このような無酸素・貧酸素現象の実態解明,環境改善に有効と考えられる環境再生技術の開発,および環境予測モデルの開発と適用に関する研究に長年取り組んでいる.
津波・高潮防災:
2004年インド洋大津波,2006年ジャワ島沖地震津波,2010年メンタワイ諸島地震津波,2011年東北地震津波,2013年台風ハイヤンによるフィリピン高潮の現地調査を実施し,浸水高・遡上高や被害状況とその発現メカニズムを明らかにしてきた.また,複雑な沿岸域の地形を精密に表現可能な非構造格子海洋流動モデルFVCOMを用いた,津波・高潮計算システムの開発を行い,既往災害の被災メカニズムの解明や各地域の防災・減災に向けた検討を進めている.
アジアの開発途上国における防災環境と調査した沿岸域の持続的な利用:
タイ,インドネシア,バングラデシュ等のマングローブ沼地はエビ養殖池の開発等による劣化が著しく,海岸侵食をはじめとする多くの問題がある.これらの問題が発現するメカニズムの解明や対策検討に資することを目的に,地元の研究者や行政,住民等の協力を得ながら共同研究を展開している.
放射能汚染水による海洋影響:
東日本大震災時の福島第一原発からの放射能汚染水による海域影響に関する研究に取り組んでいる.FVCOMを用いた数値シミュレーションにより,初期拡散の港湾スケールでの精密な再現が広域拡散を考える上でも重要であることを示した.
[文献]

1) Chen, C., Lai, Z., Beardsley, R.C., Sasaki, J., Lin, J., Lin, H., Ji, R. and Sun, Y.: The March 11, 2011 Tohoku M9.0 Earthquake-induced tsunami and coastal inundation along the Japanese coast: A model assessment, Prog. Oceanogr., 123, 84-104, 2014.

2) Lai, Z., Chen, C., Beardsley, R., Lin, H., Ji, R., Sasaki, J. and Lin, J.: Initial spread of 137Cs from the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant over the Japan continental shelf: a study using a high-resolution, global-coastal nested ocean model, Biogeosciences, 10, 5439-5449, 2013.

3) Sasaki, J., Ito, K., Suzuki, T., Wiyono, R.U.A., Oda, Y., Takayama, Y., Yokota, K., Furuta, A. and Takagi, H.: Behavior of the 2011 Tohoku earthquake tsunami and resultant damage in Tokyo Bay. Coastal Eng. J., 54(1), 1250012, 26pp., 2012.

4) Sasaki, J., Kanayama, S., Nakase, K., and Kino, S.: Effective application of mechanical circulator for reducing hypoxia in an estuarine trench. Coastal Eng. J., 51(4), 309-339, 2009.

5) Rasmeemasmuang, T. and Sasaki, J.: Modeling of mud accumulation and bed characteristics in Tokyo Bay, Coastal Eng. J., 50(3), 277-308, 2008.
その他
土木学会、日本沿岸域学会、国際開発学会、日本海洋学会,AGU各会員。
土木学会海岸工学委員会幹事長(2013〜現在),日本沿岸域学会企画運営委員長(2013年〜現在)等。
国土交通省,水産庁,環境省,千葉県,神奈川県等の各種委員会委員等.
東京湾再生官民連携フォーラム企画運営委員会委員(2013年〜現在),同生き物生息場つくりPT長(2013年〜現在)
spacer
将来計画
内湾の環境研究では有効な施策であると考えられる干潟・浅場の造成といった,環境再生施策を漁業資源の再興に繋げるような研究を展開していきたいと考えています.例えば,東京湾のマコガレイは湾奥に砂山を造成することで産卵場を確保することが有効と考えられています.具体的な設計や効果予測に有用な数値モデルの構築に加え,行政,漁業関係者,研究者,NPO等の連携枠組み,材料となる土砂の確保といった,プロジェクト実現に不可欠な官民連携のあり方についても研究していきたいと考えています.
また,近年深刻さを増している沿岸水災害に関する研究では統合的な沿岸水災害再現・予測システムの開発を進め,地元である東京湾や関東沿岸をはじめとした沿岸域の防災・減災に資するような研究を進めていきます.
さらに東南アジアや南アジアをはじめとする開発途上国の沿岸域を対象に,防災・環境と調和した持続的な利用を支援するための研究を留学生や元留学生のネットワークを活用して展開していきます.特にマングローブ沼地の海岸侵食問題や持続可能な利用について国際共同研究を推進していきます.
教員からのメッセージ
コンピュータシミュレーション等の基礎研究に興味がある方も,また,様々な知を融合して社会の発展に貢献したいと考える方も共に歓迎いたします.しっかりとした基礎学力と教養に裏付けされた大学にいる間に何をしたか、自分をどのように磨いたかで、その後の人生に大きな差が生じます。ぜひ大学にいる間に意欲を持って、新しいことにチャレンジしてください。新領域創成科学研究科はそんな場として最適であると思います。
top