spacer


郭 東潤 かく とんゆん/教授/基盤科学研究系
先端エネルギー工学/宇宙エネルギーシステム講座/先進空力技術

略歴
1993年2月仁荷大学工学部航空宇宙工学科卒業(韓国)
1998年3月東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学博士課程修了(工学博士)
1999年1月航空宇宙技術研究所(現, 宇宙航空研究開発機構 航空技術部門)
2005年4月宇宙航空研究開発機構 主任研究員
2008年11月〜2009年10月ノートルダム大学(米国) 客員研究員
2015年10月宇宙航空研究開発機構 主幹研究開発員
教育活動

研究活動
超音速航空機の低速高迎角空力性能,高揚力装置(1999- )
亜音速航空機の抵抗低減に関する研究(2015- )
[文献]
1)Dongyoun Kwak, Masayoshi Noguchi, Masashi Shirotake and Kenichi Rinoie: Rolling Moment Characteristics of Supersonic Transport Configuration at High Incidence Angles, Journal of Aircraft, Vol.43, No.4, pp1112-1119, 2006.
2) Naoko Tokugawa, Dongyoun Kwak, Kenji Yoshida, Yoshiine Ueda :Transition Measurement of Natural Laminar Flow Wing on Supersonic Experimental Airplane (NEXST-1), Journal of Aircraft, Vol.45, No.5, pp1495-1504, 2008.
3) Dongyoun Kwak, Hotoshi Arizono, Toshiyuki Nomura:Studies on the lift distribution and aspect ratio for the fuel consumption reduction on subsonic aircraft,2016 Asia-Pacific International Symposium on Aerospace Technology, Toyama, 2016.
4) Dongyoun Kwak, Toshiyuki Nomura, Naoko Tokugawa, Mitsuru Kurita, Mitsuhiro Murayama (JAXA):Introduction of research project for environmental conscious aircraft technology in JAXA,Greener Aviation 2016 Symposium,Brussels,2016.
5) 李家賢一, 今井源太, 郭 東潤, 城武 雅, 砂田保人:外翼前縁後退角変化がSST形態の低速ロール特性に及ぼす影響について, 日本航空宇宙学会誌 Vol.56, No.657, pp.449-455, 2008.
6) 郭 東潤, 上田良稲, 野口 正芳:プラズマアクチュエータによる大きな後退角を持つ翼の境界層制御, 日本航空宇宙学会誌 Vol.63, No.6, pp.233-240, 2015.12.

その他
日本航空宇宙学会
spacer
将来計画

教員からのメッセージ

top