東京大学大学院新領域創成科学研究科

PROSPECTUS

教員紹介

鈴木 綾 (すずき あや/教授/環境学研究系)

国際協力学専攻/開発協力講座/開発経済学、農業経済学

略歴

1997:早稲田大学教育学部英語英文学科卒業
2002:政策研究大学院大学国際開発学博士前期課程修了
2008:カリフォルニア大学デイビス校農業資源経済学部PhD取得
2008-11:(財)国際開発高等教育機構ファカルティフェロー
2008-12:政策研究大学院大学助教授
2012-15:東京大学大学院新領域創成科学研究科国際協力学専攻講師
2015-2020:同准教授
2020-:同教授

教育活動

大学院:Introduction to Statistics and Quantitative Analysis (E), Development Economics (E)

研究活動

発展途上国の貧困削減のためには、人々が自ら安定した生計を立てられる雇用の確保とそのための産業の発展が欠かせないという問題意識から、農業(特に高付加価値農業)や産業の発展過程に関する研究を行っている。主にミクロレベルのデータを使用し、応用計量経済学の手法を用いた定量的な実証研究を行っている。

文献

1) Suzuki, A. and K. Igei. "Does efficient provision of business development services yield better results for SMEs?: Evidence from a networking project in Thailand." Journal of Development Effectiveness 11(3)(2019): 203-229.
2) Suzuki, A. and V.H. Nam. "Marketing Risks and Standards Compliance: Challenges in Accessing the Global Market for High-value Agricultural and Aquacultural Industries" in Tsunekawa, K. and Y. Todo Edited Emerging States at Crossroads, Springer (2019): 163-184.
3) Suzuki, A., Y. Mano, and G. Abebe. "Earnings, Savings, and Job Satisfaction in a Labor-intensive Export Sector: Evidence from the Cut Flower Industry in Ethiopia." World Development 110(10)(2018): 176-191.
4) Suzuki, A., V.H. Nam, and T. Sonobe. "Willingness to Pay for Managerial Training: A Case from the Knitwear Industry in Northern Vietnam." Journal of Comparative Economics 42(2014): 693-707.

その他

所属学会:開発経済学会(2019-現在:理事)、日本経済学会、日本農業経済学会、Agricultural and Applied Economics Association
委員他:本学未来ビジョン研究センター兼務教員(2018-現在)、本学公共政策大学院兼担教員(2018-現在)、アジア経済研究所研究会委員(2012-2019)、JICA研究所招聘研究員(2015-20)、Asian Development Reivew編集委員(2018-現在) 

将来計画

・国際認証や標準が、途上国の生産現場に与える影響に関する研究
・農業外部性や生産者の社会ネットワークが、農業情報の伝播に与える影響に関する研究
・質が混在する農産物市場においての生産者のシグナリング行動に関する研究

教員からのメッセージ

現実の社会課題は多くの場合、非常に複雑です。頭の中で現実と理論の行き来を繰り返しながら問題を考察することで、重要でない部分がそぎ落とされ、本質的な課題が見えて来ます。大学院では自分自身の人的資源を磨くことに時間を使い、自分の将来、そして社会に役立ててほしいと考えています。