東京大学大学院新領域創成科学研究科

PROSPECTUS

教員紹介

一瀬 中 (いちのせ あたる/客員教授/基盤科学研究系)

先端エネルギー専攻/先端電気エネルギーシステム講座(電力中央研究所との連携講座)/超電導材料工学

略歴

1985年3月筑波大学工学部基礎工学類卒業
1987年3月筑波大学大学院理工学系研究科理工学修正課程修了
1987年4月(財)電力中央研究所
1988年10月~1990年9月超電導工学研究所 研究員
1993年3月博士(工学)(筑波大学)
1998年2月~1999年7月米国ウィスコンシン大学 Applied Superoconductivity Center (ASC) 客員研究員
2004年7月~2005年6月超電導発電関連機器・材料技術研究組合 研究計画課長
2016年~東京大学大学院新領域創成科学研究科 客員研究員
現在,(一財)電力中央研究所 上席研究員

教育活動

大学院:先端エネルギー工学特別講義,先端電気エネルギーシステム概論
筑波大学理工学群工学システム 超伝導エネルギー工学 非常勤講師(2015年~)

研究活動

高温超電導ケーブル概念設計(1987~1989):
イットリウム系超電導材料の高性能化(1988~) 
超電導限流器の開発
超電導材料の内部組織評価

文献

低温工学・超電導学会,応用物理学会,電気学会、各会員。
低温工学・超電導学会 材料研究会委員(~2016),材料研究会庶務幹事(2016~),応用物理学会 外部記者(2015~),電気学会東京支部協議員,電気学会A部門総務企画担当役員(2014~2016)

その他

低温工学・超電導学会,応用物理学会,電気学会、各会員。
低温工学・超電導学会 材料研究会委員(~2016),材料研究会庶務幹事(2016~),応用物理学会 外部記者(2015~),電気学会東京支部協議員,電気学会A部門総務企画担当役員(2014~2016)

将来計画

材料評価を通じて,超電導体の高性能化を行い,超電導機器の早期実現を目指し,研究を進めていきたいと考えています。

教員からのメッセージ

様々事象に興味を持ち,その中から自分がだけはという物を手に入れてください。大学,および,そこにいる人たちは,その場および情報を提供してくれます。