東京大学大学院新領域創成科学研究科
第3回「新春餅つき大会」が開催されました
餅つき風景
 1月7日(土)、恒例の新領域主催の第3回「新春餅つき大会」が開催されました。
 今年は晴天であったものの風がやや強く、やや寒い中での餅つきとなりました。教職員、学生、留学生、子供などを含め150人を超える参加者が集い、新年の門出をお祝いし、餅つきに興じました。
 今回は、物性研や宇宙線研などからも「餅つきグループ」参加(合計13チーム)があり、2チームで一臼をつく形式で進めました。息のあったチームやちぐはぐなチーム、個性が発揮された餅ができあがり、笑いにつつまれた場面もありました。
 多少ハプニングがあったものの、けが人もなく、たこ揚げ、独楽回し、羽子板などの正月遊びも盛りだくさんで、正月を満喫した和やかな一日となりました。次回は皆さんも是非ご参加下さい。
 最後に、ご協力いただきました「プラザ憩」の皆様に感謝いたします。

餅つき風景



 

▲このページの先頭へ
All Rights Reserved, Copyright(C), Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo