東京大学大学院新領域創成科学研究科 創域会

創域会ニュースマガジン(2017年9月号)

こんにちは、創域会事務局です。 先日縁あって、東大土木同窓会主催のイベントに参加させていただきました。埼玉県三郷市には広大な団地があり、東大の留学生も多数居住しています。今回は地元の小学生を集め、留学生と一緒にゲームや折り紙を楽しむことを通じて小さな異文化交流を体験してもらおう、という催しでした。留学生のお子さんも参加して、とても賑やかで楽しい会になりました。留学のために家族そろって外国で暮らす、しかも小さなお子様連れとなれば、その苦労は想像に難くないですね。長い歴史を持つ土木同窓会は「ホストファミリープログラム」という独自の取り組みで留学生の日本での生活を支援しています。新領域はまだ若い大学院ですが、縁あってこの柏の地を訪れてくれた留学生の方達にはやはり、暖かい、良い思い出を胸に母国に帰っていただきたいと思います。そのために創域会は何ができるでしょう。会員の皆様からのご意見もお寄せ頂けると嬉しいです。

今月の柏の葉の様子はこちらから↓

■柏の葉の四季




◇◇ 今月のコラムは 物質系専攻 
◇◇◇         松浦宏行准教授です
◇◇◇◇

今年は梅雨の時期にしっかりした降雨が無かったように思っておりましたが、8月に入って一転、ぐずついた天候が続く、あまり夏らしくない夏だったと思います。皆様は充実された8月をお過ごしになりましたでしょうか。もうひとつ、今年は蝉が少ないなという印象を持ちました(勝手な思い込み?)。  柏地区にはキャンパスが3つあります、柏キャンパス、柏IIキャンパス、そして柏の葉駅前キャンパスです。このなかで今、柏IIキャンパスが全学の中でも注目を集めるスポットとなっています。詳細は私もよく存じ上げませんが、これから大きく変貌し、発展することが期待されるようです。  柏市北部地域、特にこの柏の葉キャンパス駅を中心とするエリアは開発が盛んで、まさに大変身と言っても過言ではありません。つくばエクスプレスが開業した当時に学生だった身としては、広大な敷地に駅舎がぽつんとあり、その前に砂利で整地された閑散とした駐車場が広がり、○○サーカスがテントを張っていたことがとてもなつかしく思えます。たった10年前ですけどね。


◇◇ リレーコラム次回は創域会学生部会長 
◇◇◇   複雑離理工学専攻 修士課程2年 北山明親さんです
◇◇◇◇

■□■ H29年度創域会大会 開催のお知らせ ■□■

本年度の創域会大会を柏キャンパス一般公開に合わせて以下の日程で開催いたし ます。
久しぶりに柏キャンパスを足を運んでみませんか。
   10月28日 土曜日
   16:50〜 総会 (東京大学柏図書館メディアホール)
   特別講演  大澤陽樹氏(2009年3月 自然環境学専攻 修士課程修了)
         株式会社リンクアンドモチベーション 組織開発本部
         企画室 マネジャー
   17:45〜 懇親会 (プラザ憩)
        懇親会参加費  一般¥2000  学生¥500
   ◆詳細は後日ご案内いたします

We are pleased to announce that Souiki-kai, the alumni association of Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo holds its annual meeting on the 2nd day of Kashiwa Open Campus 2017. Why don't you visit Kashiwa campus again and renew your old friendship? This year, we will welcome Mr. Haruki Ohsawa as a special lecturer. We hope that many alumni will come to the event.

   Date : October 28, Saturday
   16:50〜 Annual Meeting ( at U-Tokyo Kashiwa Library Media Hall )
   Special Lecture by alumni
:    Haruki Ohsawa (Link and Motivation Inc.)
    '09 Mar. Master of Environmental Studies from the Department of
    Natural Environmental Studies, GSFS

   17:45〜 Reunion party (at Plaza Ikoi )
    Attendance fee for the party : 2000yen ( ※ Students 500yen )
  ◆Further details will be informed later.

■□■ ホームカミングデイに参加します ■□■

10月21日(土)本郷キャンパスで開催される第16回東京大学ホームカミングデイに創域会も参加します。銀杏並木にブースを出しますので、是非お立ち寄り下さい。出口研究室のウッディな屋台が目印です。
   ホームカミングデイHP
   http://www.u-tokyo.ac.jp/ja/alumni/interact/hcd/hcd2017

The University of Tokyo celebrates its 16th Homecoming Day on October 21, Saturday at Hongo Campus. Souiki-Kai will also participate in the event. Find our booth on the gingko promenade.
   The 16th Homecoming Day
   http://www.u-tokyo.ac.jp/ja/alumni/interact/hcd/hcd2017


■□■ 東京大学卒業生室より周年同窓会のご案内 ■□■
第16回ホームカミングデイを2017年10月21日(土)、本郷および駒場キャンパスで開催いたします。
   http://www.u-tokyo.ac.jp/ja/alumni/interact/hcd/hcd2017/index.html

同期の方々が集まる周年学年会は、今年は以下の3つの年次の方々を対象に開催いたします。

 20周年/1993年入学または97年卒業(医学部/獣医学専攻は99年卒業)
 30周年/1983年入学または87年卒業(医学部/獣医学専攻は89年卒業)
 40周年/1973年入学または77年卒業(医学部/獣医学専攻は79年卒業)

本年も、特別フォーラムや周年学年会、リユニオンイベント、講演会・シンポジウム、銀杏並木での各種出店など楽しい企画を予定しています。 特に今年は、本学創設140周年を迎え、それを記念する講演会も企画されています。ぜひ足をお運び下さい。



1 .新領域創成科学研究科からのニュース

(a)1兆分の1秒の間の電場印加で絶縁体を金属に高速スイッチング 〜消費電力の小さな新たな光デバイスに向けた新手法〜

(b)レアアース化合物における新奇な超伝導機構

(c)メダカ胚で明らかになった活性化したミクログリアが脳内損傷部位から脳全体へ拡がる可能性

(d)海洋技術環境学専攻 藤本航君、北祐樹君が日本船舶海洋工学会の若手優秀講演賞

(e)Bryan Moser 特任准教授がMIT System Design & Managementのアカデミックディレクター及び上級講師に就任

(f)女子中高生支援イベント「知の冒険に出かけよう!」10月28日(土)開催


2. 人事公募

(a)(本郷)医学部付属病院 ゲノム医学センター ゲノム解析部門 学術支援専門職員募集
【応募期間:〜2017年10月31日】


3.新領域関連URL

 (a)東京大学柏キャンパス

    http://www.kashiwa.u-tokyo.ac.jp/index.html

 (b)新領域創成科学研究科

    http://www.k.u-tokyo.ac.jp/

 (c)東京大学柏図書館

    http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/kashiwa/

 (d)シャトルバス(東大柏キャンパス<-->TX柏の葉キャンパス駅)時刻表

    (2016年度版:2016年10月1日〜2017年3月31日)

    http://www.k.u-tokyo.ac.jp/gsfs/shuttle-bus.html


◆ 創域会ホームページ ◆ 

    http://www.k.u-tokyo.ac.jp/souiki-kai/


【事務局からの連絡】

(a) 本メールマガジンで,ニュースを流したい同窓生はニュースを下記事務局宛にお送り下さい.本人確認のため,創域会メーリングリストに登録されているアドレスからお送り下さい.

(b) 創域会に入会希望の方(新領域創成科学研究 科を卒業された方でまだ入会されていない人) はメールにて、氏名、修了年、専攻名、住所を明記 の上、創域会事務局までお申し込み下さい。

 

All Rights Reserved, Copyright(C), Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo