東京大学大学院新領域創成科学研究科 創域会

創域会ニュースマガジン(2017年3月号)

こんにちは、創域会事務局です。 気温の乱高下と共に飛び交う花粉の量も増えてまいりましたが皆様体調はいかがですか? 近頃ではデザインも豊富で、おしゃれアイテムとして市民権を得た感のあるマスクです。個性的なマスクは見ていて楽しいですし、鼻がつまって塞ぎがちな気分もちょっと揚がってくるのかもしれませんね。今年の春はマスクで小さな冒険してみましょうか。

今月の柏の葉の様子はこちらから↓

■柏の葉の四季




◇◇ 今月のコラムは 環境システム学専攻 
◇◇◇         秋月信助教です
◇◇◇◇

2月になり、柏でも雪がちらつくほど寒い日もある一方で日差しが暖かい日も増え、三寒四温といわれるような季節になってまいりました。柏の葉キャンパス駅から柏キャンパスまで歩いていると、西柏自動車教習所の近くやキャンパス内の五六郎池の近くの林で、色とりどりの野鳥を見かけるようになりました。冬になってからは五六郎池でよく見かける鴨も、心なしか穏やかに泳いでいるように思えます。 大学生活について言えば、この時期は慌ただしい修士論文や博士論文の審査会シーズンも終わり、良く言えば平穏ですが、大きなイベントが少ない時期に当たります。研究室の学生を見ていると、最後の学会発表に向けてあと一踏ん張りとばかりに研究の完成度を高めるものがいれば、卒業式まで来ませんと言い残して海外に旅立つものもいて人それぞれですが、あと1ヶ月ほどの学生生活を思い思いに楽しんでいるようです。一方、特に修士1年生にとっては就職のことを本格的に考え出す時期でもあり、関連して、研究室の修了生が就職した会社の説明に訪れるのをよく見かけるようになりました。よく社会人になると急に成長すると言われますが、先日会った修了生については1〜2年では人柄はそう変わらないようで、どこか安心感を覚えました(本人に言うと怒られそうですが)。 新領域創成科学研究科の特徴として、同じ研究室であっても出身分野そして進路が様々であろうかと思いますので、多様な先輩の話を身近に聞けることは、在学生が進学や就職を考える上で大変貴重な機会になると思います。修了生の皆様も是非このような機会に、キャンパス周辺を散歩がてら、出身研究室を訪れられてみてはいかがでしょうか。



◇◇ リレーコラム、次回は
◇◇◇  人間環境学専攻 奥田洋司教授です。
◇◇◇◇


1 .新領域創成科学研究科からのニュース

(a)世界最速有機CMOS回路でフレキシブル温度センサの多ビット化を実現 ―箱単位から個品へと高度な情報管理を実現するIoTデバイスとして更に進化―

(b)メダカ野生集団の遺伝的多型を利用したDNA修復機能の解明

(c)第8回 深宇宙探査学シンポジウム―深宇宙探査への近道を探せ― 3月28日(火)10:00 - 17:00

1. 人事公募

(a)東京大学大学院新領域創成科学研究科環境学研究系 国際協力学専攻助教【応募期間:〜2017年04月06日】

(b)実験補助員(分子生物学)の募集〔柏キャンパス〕 【応募期間 : 〜2017年05月19日】

(c)東京大学大学院新領域創成科学研究科人間環境学専攻
事務補佐員(短時間勤務有期雇用教職員) 【応募期間 : 〜2017年03月29日】


2.新領域関連URL

 (a)東京大学柏キャンパス

    http://www.kashiwa.u-tokyo.ac.jp/index.html

 (b)新領域創成科学研究科

    http://www.k.u-tokyo.ac.jp/

 (c)東京大学柏図書館

    http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/kashiwa/

 (d)シャトルバス(東大柏キャンパス<-->TX柏の葉キャンパス駅)時刻表

    (2016年度版:2016年10月1日〜2017年3月31日)

    http://www.k.u-tokyo.ac.jp/gsfs/shuttle-bus.html


◆ 創域会ホームページ ◆ 

    http://www.k.u-tokyo.ac.jp/souiki-kai/


【事務局からの連絡】

(a) 本メールマガジンで,ニュースを流したい同窓生はニュースを下記事務局宛にお送り下さい.本人確認のため,創域会メーリングリストに登録されているアドレスからお送り下さい.

(b) 創域会に入会希望の方(新領域創成科学研究 科を卒業された方でまだ入会されていない人) はメールにて、氏名、修了年、専攻名、住所を明記 の上、創域会事務局までお申し込み下さい。

 

All Rights Reserved, Copyright(C), Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo