2016年度 第8回学融合セミナー 2017/01/25

講 義 16:50~18:35
場 所 新領域基盤棟大講義室(2C0)


Finding similarities, homologies, and rearrangements in huge bio-sequence datasets

Figure

Martin Frith 教授


 Finding and aligning related sequences is arguably the most fundamental task in computational biology. It is used to: compare whole genome sequences, search DNA from unknown microbes against DNA or protein databases, analyze ancient DNA from mammoths or Neanderthals, etc. This talk will describe a combination of algorithmic and statistical-modelling methods to achieve both speed and accuracy in aligning related sequences. It will focus on a method to find rearrangements, such as inversions and translocations. This method more-accurately aligns the orthologous regions of two whole genomes, and reveals what kinds of rearrangements have occured in the human genome since our last common ancestor with chimpanzee.

地圏環境の長期変動と防災・減災

Figure

須貝 俊彦 教授


自然災害を防ぐには、過去の自然環境の長期変動を復元し、土地の生立ちを知ることが大切であることを、事例を通じて紹介します。

マルチフェロイックスにおける交差相関物性応答

Figure

徳永 祐介 准教授


 強磁性・強誘電・強弾性といった強的秩序のうち、複数が共存している系のことをマルチフェロイックスと呼ぶ。こうした系では、しばしば複数の強的秩序の間に結合が生じており、結果として外部刺激(外場)に対して共役関係にない非自明な応答を生じる。これを交差相関物性応答と呼んでいる。本講義では、その一例として強磁性強誘電体における磁場による分極の制御や、電場による磁化の制御に関する研究について紹介する。

poster ポスター(PDF 1p 268kb)
pre
開催履歴一覧
next
2016年度 第8回