2011年度 第2回学融合セミナー 2011/05/25

講 義 16:30~18:00
場 所 新領域基盤棟大講義室(2C0)

movieこのアイコンがある講義は視聴版動画がご覧いただけます。
本格版の視聴をご希望の方へ動画視聴版がうまく見られない方へ

タンパク質合成のお話:生命の成り立ちと疾病の理解を目指して

Figure

富田 野乃 准教授


生命の基本要素であるタンパク質は、DNAが持つ遺伝情報のコピーである mRNAを設計図としてリボソーム上で合成される。タンパク質合成(翻訳) の制御は、細胞や個体の発生・分化・疾患などにおいて重要な役割をはたす ことが明らかになっている。2009年のノーベル化学賞は『リボソームの構造 と機能の研究』に授与された。講義では、ヒト疾患との関連が高いミトコン ドリア翻訳系の研究の現状を中心に、翻訳研究の最新の知見や翻訳制御を 標的とした低分子化合物開発の現状などを紹介する。

魚は何故『魚の形』をしているのだろうか

Figure

影本 浩 教授


魚は驚くほど効率のよい泳ぎ手であることが知られており、その泳ぎは 古くから著名な応用数学者の興味の対象となってきた。魚には多種多様な種が 存在するが、一方でほとんどの魚に共通の特徴が見られる。即ち、魚は流線型 の胴体部と、厚さが薄く最後端の深さの高い尾びれとから成り、それらがヒン ジ様のくびれで結合された「魚の形」をしているといった事実である。また、 魚は自らの体を横方向にくねらせながら泳ぐことも特徴的である。本講演では、 魚は何故「魚の形」をしているのだろうかという講演者自身の疑問に対して、 魚は何百万年といった進化の過程の結果、泳ぎに最適な形として現在の「魚の 形」を得るに至ったとの仮定のもとに、数学的な最適化手法を用いて、「泳ぎ に最適な形」を特定し、それが「魚の形」となるかについて検討を行った結果 について述べる。

小さなプラズマが切り開く、材料科学の大きなフロンテイア

Figure

寺嶋 和夫 教授


固体,液体,気体に続く第4の物質の状態である“プラズマ”。界面化学の祖で あるラングミュアによって命名された“プラズマ”は、いまや先端科学技術の 多くの分野―半導体デバイス作製などの材料デバイスプロセス応用、廃棄物・ 有害物質処理などの環境応用、宇宙ロケットエンジンなどの機械工学応用、診断 や手術などの医療応用、などなど、実に幅広い科学分野の基盤科学技術として 展開し、その重要性は益々増している。本セミナーでは、本分野における新領域 である“小さなプラズマ(マイクロプラズマ)”が切り拓く、新たな科学と技術 の大きな可能性についてお話しさせていただく。
poster ポスター(PDF 1p 234kb)
pre
開催履歴一覧
next
2011年度第3回