研究倫理ガイダンスについて(学生向け)

 新領域創成科学研究科では、本研究科「研究倫理ガイドライン」の理解や研究者倫理に関する規範意識を徹底するため、学生に対して研究倫理ガイダンス(簡易版・詳細版)及び理解度試験を実施します。
 学生は、簡易版及び詳細版の両方のガイダンスを受講し、理解度試験で合格点以上の成績を収めなければ、学位論文を提出することはできません。
 なお、本研究科修士課程から博士後期課程に進学した学生も、進学後に再度ガイダンスを受講し、理解度試験で合格点以上の成績を収めなければ、学位論文を提出することはできません。
 ガイダンスは専攻単位で実施します。受講時期は次のとおりです。具体的な日程は各専攻教務委員に確認してください。日本語を解さない外国人学生に対しては、研究科で英語でのガイダンスを行います。

(1)簡易版ガイダンス:入学、進学時に受講。
(2)詳細版ガイダンス:入学、進学後6ヶ月以降に受講。
(3)理解度試験:詳細版ガイダンス終了後実施。合格点は70点。

 新領域創成科学研究科

参考