東京大学大学院新領域創成科学研究科PROSPECTUS
緒言
研究科紹介
研究科長挨拶
研究科がめざすもの
教員紹介
授業科目表
基盤科学研究系
物質系専攻
先端エネルギー工学専攻
複雑理工学専攻
生命科学研究系
先端生命科学専攻
メディカル情報生命専攻
環境学研究系
自然環境学専攻
海洋技術環境学専攻
環境システム学専攻
人間環境学専攻
社会文化環境学専攻
国際協力学専攻
サステイナビリティ学グローバルリーダー養成大学院プログラム
研究科附属施設
生涯スポーツ健康科学研究センター
オーミクス情報センター
革新複合材学術研究センター
研究科長からのご挨拶  

三谷 啓志 科学における「新領域」とは、既存の学問の新たな理解に立脚して形成されるものですが、科学の多様化、複雑化にともないこれまでの境界に拘束されない俯瞰的アプローチも重要な要素となっています。新領域創成科学研究科は、東京大学の全学的な議論とサポートのもと、領域横断的科学基盤を共有する「学融合」により新しい学問領域を創出する大学院(独立研究科)として平成10年に設置されました。東京大学柏キャンパスを主拠点として新たな教育研究組織としてナノ、物質・材料、エネルギー、情報、複雑系、生命、医療、環境、国際、サステイナビリティなどの専門分野に教員・学生が相互に知的な刺激を受ける環境で新たな手法や学問体系の構築に取り組んでいます。

 研究科のそれぞれの専攻では、深い専門的知識と研究力を養っていきますが、さらに専攻の枠を越えて多様な専攻横断型の教育プログラムを実施しており、現代の様々な環境変化に広く課題を俯瞰的に捉えて柔軟に対応できる人材教育を目的とします。平成24年度より、文科省リーディング大学院としての「サステイナビリティ学グローバルリーダー養成大学院プログラム」(GPSS-GLI)を設置しました。サステイナブルな社会の構築を牽引するリーダー養成のための英語のみによる修士・博士学位プログラムであり、学際的なフィールド演習重視の教育に成果を挙げつつあります。国際公募で選抜された海外大学の学部生を対象とするサマープログラム(UTSIP Kashiwa) では、7週間の柏キャンパス滞在期間中に、共通講義や日本語クラス、自分で決めた研究テーマのインターンシップを実施しています。また、研究室体験ウインタープログラム(柏キャンパスサイエンスキャンプ)では、本学駒場生が柏キャンパス内の研究所と研究科内の研究室に小グループで配属され、実際の研究現場で1体験学習を受けることができます。これらプログラムをサポートする研究室の大学院生や若手研究員、海外研究者との交流を通じて体験することで、彼らに今後の「研究者という人生」を考える絶好の機会を提供しています。 

 21世紀における新たな学問の発展を目指す東京大学の三極構造構想に基つ゛いて建設された柏キャンパスには世界に誇る研究所群が設置されています。それらの研究所群、すなわち、物性研究所、大気海洋研究所、宇宙線研究所、カブリ数物連携宇宙研究機構、空間情報科学研究センター、人工物工学研究センター、環境安全研究センター柏支所、さらには、白金台にある医科学研究所などと強く連携した先端的研究・教育も本研究科の特徴となっています。産学連携や地域との連携においても、新しい取り組みを展開しています。平成26年に柏の葉キャンパス駅前に竣工したフューチャーセンター推進機構や柏の葉アーバンデザインセンターを拠点として、柏スマートシティの社会実験への参加や、ベンチャー企業への支援が行われています。そしてそれらの社会連携活動にリンクした新しい演習型教育の試みが進められています。

 大学の国際化は学融合の推進にとっても喫緊の課題です。本研究科では国際交流室を独自に運営し、研究科の国際的なプロモーション、留学生に対する直接的な渡航支援・生活支援だけでなく、日本語教育の推進・英語による事務支援などを行っています。加えて、現在、留学生と日本人、学生と研究者がつどいともに学び合う、学住一体型の国際カレッジを柏第2キャンパスに作るという構想も検討されております。

 東京大学が卓越した研究を展開し教育改革を推進してゆくに当たって、柏キャンパスは先進的な試みを実験的にやってみるための実験キャンパスとしての意義をよりいっそう深めつつあります。大学院新領域創成科学研究科はその名のとおり常にフロンティアを求めて挑戦し続け、「知の冒険」「学融合への挑戦」「未来志向の国際化と社会連携」を推進していく所存です。


三谷 啓志
東京大学大学院新領域創成科学研究科長

▲TOPへ
All Rights Reserved, Copyright(C), Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo