東京大学大学院新領域創成科学研究科PROSPECTUS
緒言
研究科紹介
研究科長挨拶
研究科がめざすもの
教員紹介
授業科目表
基盤科学研究系
物質系専攻
先端エネルギー工学専攻
複雑理工学専攻
生命科学研究系
先端生命科学専攻
メディカル情報生命専攻
環境学研究系
自然環境学専攻
海洋技術環境学専攻
環境システム学専攻
人間環境学専攻
社会文化環境学専攻
国際協力学専攻
サステイナビリティ学グローバルリーダー養成大学院プログラム
研究科附属施設
生涯スポーツ健康科学研究センター
オーミクス情報センター
バイオイメージングセンター
ファンクショナルプロテオミクスセンター
革新複合材学術研究センター
研究科がめざすもの  
基盤科学研究系

 基盤科学研究系の理念は、現代の確立された科学・技術の分野を超えて新しい領域を創成し、人類の福祉と幸福に貢献することにある。これまで、科学はともすれば細かく分科し、それぞれが専門性を深く探求することに専念してきたために、相互の関連性が見えにくくなっている。現代社会の要請とその変化に対応して、人類が解決を迫られている課題に果敢に取り組むためには、領域横断的な視点を持って相互の関係性を深く認識し合い、既存の分野を超えた新しい受け皿を作ることが重要である。これにより、現実に即した本質的な英知に至ることが可能になると我々は確信している。
 基盤科学研究系は、物質系専攻、先端エネルギー工学専攻、複雑理工学専攻の3専攻、および、『核融合研究教育プログラム』、『基盤科学領域創成研究教育プログラム』から構成されている。これらの専攻が背景としている分野は、物理工学、応用化学、材料工学、エネルギー科学、航空宇宙工学、プラズマ科学、電気工学、情報学、数理工学、制御工学、非線型科学、地球惑星科学と多岐にわたる。このように多彩な分野の教員が、本研究系に属する他部局の協力講座、学外の連携講座の教員と、既存の分野の壁を越えた円滑な情報交流や共同研究を行い、「学融合」による新たな領域の創成を通して、本研究系の理念の実現を目指している。さらに、2016年には、本系が中心となって物性研究所、工学系研究科と協力して連携研究機構マテリアルイノベーション研究センターを立ち上げた。
物質系専攻では、理学における物質研究と工学における材料研究の新たな融合領域として、物質に関わる先導的研究と総合的・系統的な教育を推進している。先端エネルギー工学専攻では、エネルギーに関する先端物理、材料、システム、環境等の諸問題を総合的に捉えた教育・研究を実践している。複雑理工学専攻では、理学と工学を融合したアプローチにより、ナノから宇宙にわたるマルチスケール複雑系科学・技術の創成と人材育成を目指している。『核融合研究教育プログラム』では、東京大学における核融合研究・教育の粋を結集することにより、未来の核融合研究を国際的に先導する人材を育成している。『基盤科学領域創成研究教育プログラム』では、計測、解析、シミュレーション・描画等を先鋭化するとともに、それらを融合した新しい方法論を構築することにより、最先端融合領域において活躍できる人材を育成している。マテリアルイノベーション研究センターでは、物質科学の社会実装に向けた産学官民協働拠点の形成を目指している。
 2016年の外部評価では、「学融合」を実現させる基盤として物質・エネルギー・複雑性の3つを柱として立てていることについて適切であるとされ、未開拓の領域を対象とし、人類が解決を迫られている課題に取り組む基本姿勢が評価された。今後は、学問分野の拡大・融合を引き続き進めるとともに、卒業生ネットワーク等の活用による幅の広い研究と教育の展開、最新のコンピュータ科学と分析技術の結合、社会実装へ向けた産官学協働活動、分野横断型教育プログラムの充実等に取り組み、高度で複雑な問題を主導的に解決できる人材の育成を目指す。



基盤科学研究系長  有馬 孝尚
生命科学研究系

 近年の分子生物学を中核とした生命科学の著しい発展は、理学・工学・農学・薬学・医学といった既存の枠にとらわれないより統合化された科学へと、生命科学に新たな変容をもたらしています。その方向性は、内容的には、これまで定性的だった生命科学が定量的な学問に変化していくものであり、外形的には、情報科学や物理工学など、これまで生命科学と縁の薄かった分野と既存の生命科学分野との統合化をするものです。新領域創成科学研究科は、「学融合」を基本理念に、未解決の課題に果敢に挑戦する研究をおこないつつ、その挑戦を担う人材を養成していくことを目的としていますが、まさに、学融合とでもいうべき新領域的変化が、生命科学全体に起きているということができましょう。
 生命科学研究系では、このような生命科学の変容を先取りし、その変化を主導できる人材を養成していきたいと考えています。その一端として、系内のメディカルゲノム専攻と、これまで、基盤系、生命系、環境系といった枠組みの外にいた情報生命学専攻との融合により、新しくメディカル情報生命専攻を作り、生命科学研究系の中に位置づけることといたしました。このような変化は、研究以上に人材の養成を考えて行ったものです。これにより、実質的に新しい生命科学研究系が誕生したと考えております。
 生命科学の変容はその中の全分野にわたって一様に進んでいるものではありません。社会的に切実な未解決の課題を抱える医学医療分野が、特に先行して進んでいます。ヒトのゲノム配列を座標軸として、その上に、経時変化を含む大量の生体分子の計測データを張り付け、それを数理解析することで、精密な病態把握とメカニズム解明を行い、新たな診断や治療あるいは予防につなげて行こうとする戦略です。実際、10万人、100万人単位でヒトゲノムのデータを取り、それらと過去何年にもわたる診療データと合わせて新たな知見を得、それを現実の医療に応用しようという動きが出ています。また、疾患の分子レベルでの解明という課題においても、これまでは主として実験動物の解析に頼っていましたが、これからの時代では、自然に存在する人々の中から変異を持った人を集めて、その表現型を研究するといったような方法が、有効な手段になることが期待されます。メディカル・ビッグデータの時代の到来といえましょう。このような大きな変化は、研究の世界にとどまらず、医療制度等あるいはインターネット等を通じて社会の構造にまで変化を及ぼすと考えられます。
 一方、ビッグデータの取得やその解析に使用する方法論は、どの生物にも使うことができます。言ってみれば、バイオ・ビッグデータの時代が来るわけです、これにより、これまで分子レベルでの研究に縁遠かったアメーバからパンダまで、珪藻から桜までに広がる様々な生物が、分子生物学の研究対象になり、その生物に特徴的な面白い性質を分子レベルで解明することができるようになります。そこでは、例えば、本能や共生、より広い意味でのエコシステム等の分子レベルでの理解と数理モデル化が行われるはずです。そして、それにより得られた理解は、農業や環境あるいは生命工学などの諸分野に豊かな応用をもたらすものと考えられています。
 メディカル・ビッグデータ時代、バイオ・ビッグデータ時代のイノベーションを先導するためには、医学・生物学もわかり情報科学もわかる人材が必須となります。このような人材をいかに育てるのかについては、既存の分野と異なり、残念ながら定石がありません。異なる分野の第一級の専門家が結集し、新専攻も作ったものの、教育については試行錯誤となるというのが本当のところです。ただ、新領域では入学生の半数以上が東大以外の卒業生で、その出身学部も、理学部、工学部、農学部、薬学部、医学部さらには文科系である場合もあり、多様な学生を前提とした教育面での種々の試みを行ってきた歴史があります。また、新領域の基本理念である「学融合」は、メディカル・ビッグデータ時代、バイオ・ビッグデータ時代を生み出す基本理念でもあります。このような歴史と理念を背景に、あえて入門的な必修科目を用意したり、現場を実感できる演習を用意したりと様々な工夫を凝らして、必要とされる人材の養成に、皆様と一緒に挑戦し、メディカル・ビッグデータ時代、バイオ・ビッグデータ時代を切り開いていきたいと、新しい生命科学研究系は、考えています。



生命科学研究系長 浅井 潔
環境学研究系

 環境学研究系は、その前身である環境学専攻が1999年に設立されて以来、多くの分野の専門家が「学融合」の理念に基づいて協力することにより、複雑化・多様化する環境問題に対して世の中に解決策を提示していくことを目標として教育・研究活動をおこなってきた。現象・事象を細分化し真理や原理を追求するための科学から、多面的な環境問題にかかわる多様な要素を総合化し、社会全体としての解決の道筋を示すような新たな学術への転換を目指している。
 本研究系では、自然環境学、海洋技術環境学、環境システム学、人間環境学、社会文化環境学、国際協力学という6つの専攻をユニットとして教育研究をおこなっている。それぞれの専攻が特定の学問領域に収斂するのではなく、各専攻の中に多様な領域を配し、専攻一つ一つがそれぞれ特有の視点や対象を持ちつつも環境を総合的に幅広く扱えるよう配慮している。その上で研究系全体としてさまざまな分野が融合しつつ、新しい学術分野として環境の設計・創造につながるような環境学を構築していこうとしている。
 「知の爆発」に象徴されるように、知識や技術の深化のスピードはめざましく、これに情報伝達手段の発達が相まって、人類の生活は大きな質的変化を遂げている。多様なニーズに応えるべく暮らしの豊かさや生活空間の広がりが急速に進む一方で、地域格差や経済格差などの様々な地球規模での社会的問題も顕在化してきた。さらに、気候変動に代表される地球環境問題が危急の課題として人類全体にのしかかっている。解決すべき問題は、空間的にも時間的にも広範にわたり、それらが複雑に絡み合っているのである。このような中で環境を考える際には、各瞬間でのスナップショットで最適化をめざすだけでは十分でなく、あるべき未来の姿を明確にイメージし、かつその目標と現在をシームレスにつなげる合理的で現実的な道筋を含めて考えなければならない。価値観の多様性を認めつつ、将来にわたっての最適解を見いだすことは決して容易ではないが、だからこそ既存の学問体系の枠組みを超えた学融合によって、新しいパラダイムを創造していくことが環境学の使命であり、環境学研究の醍醐味であると考えている。
 教育面においても、専門分野の習得を目指す各専攻独自の教育カリキュラムに加えて、研究系横断的な教育プログラムとして、英語での教育により学位を出すサステイナビリティ学グローバルリーダー養成大学院プログラムや、一定の要件を満たした学生に修了証を授与する環境マネジメントプログラムおよび環境デザイン統合教育プログラムを配置し、総合的な視野を持って複層的な環境問題に立ち向かい、新たな産業を創出できる人材の養成を目指している。また、全学横断プログラムである海洋学際教育プログラムにも主体的にかかわっている。さらに、国際化をキーワードに、英語による講義の充実、外国人留学生用の奨学金の獲得、留学生サポートの充実など、外国人と日本人がともに学べる環境の整備に努めている。
 このように環境学研究系は、「学融合」の理念に基づいた特徴ある研究教育体制をもち、総合的な学問である環境学の世界的拠点として、独自の地位を築きつつある。



環境学研究系長 徳永 朋祥
▲TOPへ
All Rights Reserved, Copyright(C), Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo