spacer


貞広 幸雄 さだひろ ゆきお/教授/環境学研究系
社会文化環境学専攻/空間環境情報学協力講座/空間情報解析
http://home.csis.u-tokyo.ac.jp/~sada/home-j.html

略歴
1989年3月 東京大学工学部都市工学科卒業
1991年3月 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻修士課程修了
1991年10月 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻博士課程中途退学
1991年11月 東京大学工学部都市工学科助手
1995年5月 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻講師
1995年8月 東京大学先端科学技術研究センター講師
1998年6月 東京大学空間情報科学研究センター助教授
2001年4月 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻助教授
2012年10月 東京大学空間情報科学研究センター教授
教育活動
大学院:空間情報解析
工学部都市工学科:地理情報システム論
研究活動
1) 人間-環境システム解析
 「あなたがた白人は皆,たくさんのものを持ってニューギニアにやってくるのに,なぜ自分たちはこれまで“積み荷”(カーゴ・価値ある物資)をほとんど生み出せなかったのか」.ジャレド・ダイアモンドのベストセラー「銃・病原菌・鉄」において,ニューギニア政治家ヤリの発した問いである.人間の生活は,周囲の環境から様々な影響を受けて成立している.自然環境,社会環境,文化環境,経済環境など,環境の様相は地域や時間によって実に多様である.「銃・病原菌・鉄」は,自然環境に基づく環境決定論を,分子生物学,言語学,文化人類学などの諸学問を活用し,現象の緻密な記述とその裏付けの提示という手法を用いて検証している.

 空間情報科学は,上の問いに対してより客観的,定量的な解を与える可能性を秘めている.急峻な日本の地形は都市の形状をどう決定づけているのか,気候の差異は食文化の差異にどう影響するのか,異なる文化の接触は人間社会をどのように変えるのか,商業施設は何故あのような複雑な分布をとるのか.空間情報科学は,こうした問いに答えるための極めて有能な解析手段である.

 環境が人間に影響を与えると同時に,人間もまた,環境に作用する.文化環境,言語環境などは人間が自ら作り出すものである.人間は,与えられた自然環境と共存しながら生活している.人間と環境が相互に影響し合う系は,人間-環境システムと呼ぶことができる.空間情報科学を用いてこのシステムの特徴を炙り出し,その背後にある機構を明らかにすることで,人間と環境の双方に対する理解を深め,より望ましい共存の有り様を模索できないかと考えている.

2) 施設配置・経路計画

 人間の生活には,様々な基盤施設が必要である.市役所や学校,消防署などの公共施設,鉄道や道路などの移動施設,公園やホールなどの余暇施設などを,適切な場所に適切な規模で配置し,運営しなければならない.しかし,土地と予算の限られた状況で,多数の施設を全て適切に配置することは,必ずしも容易ではない.同様のことは,人間の移動経路についても当てはまる.通勤,通学,買物,旅行などの日々の移動経路だけでなく,鉄道やバスなどの公共交通網,通学路,避難経路など,時間,傾斜,混雑などを勘案しながらの経路計画は,やはり複雑な作業である.そこで,公共施設から商業施設に至る様々な都市施設の適切な配置計画,及び,バス路線や通学路などの適切な経路計画を立案する手法を研究している.また反対に,人口減少下の我が国では,都市の効率化のために施設統廃合が求められている.施設の新設とは異なり,統廃合問題では多くの反対意見が出る.現実的な解は何か,模索しながら合意形成するための,計画立案支援手法を開発している.

3) 趣味の空間情報科学

 江戸期藩領,旧街道,苗字,鉄道・バス路線網,日本酒藏元・杜氏地図,飲料自販機地図など,趣味と研究の境界に位置する空間情報化の可視化や解析を行っている.これらの空間現象や分布は,なぜこのような様相を呈しているのか,どのように形成されてきたのか.この問いに答える試みは,一見,学術的とは思われないかもしれない.しかし,空間情報科学はあらゆる空間現象を扱う学問領域であり,研究対象の拡張は新たな空間概念の発想や空間解析手法の開発に繋がる大きな可能性を秘めている.あらゆる空間現象を自在に取り扱う解析枠組みの構築を最終的な目標とし,趣味の空間情報科学に勤しんでいる.


[文献]
1) Sadahiro, Y. (2013): A method for comparing numerical variables defined in a region, Computers, Environment and Urban Systems, to appear.
2) Sadahiro, Y., R. Lay, and T. Kobayashi (2013): Trajectories of moving objects on a network: Detection of similarities, visualization of relations, and classification of trajectories, Transactions in GIS, 17 (1), 18-40.
3) Sadahiro, Y. (2012): Exploratory analysis of polygons distributed with overlap, Geographical Analysis, 44 (4), 350-367.
4) Sadahiro, Y. and S. Sadahiro (2012): A decision support method for school relocation planning, International Journal of Urban Sciences, 16 (2), 125-141.
5) Sadahiro, Y. (2011): Analysis of the relations among spatial tessellations, Journal of Geographical Systems, 13 (4), 373-391.
6) Sadahiro, Y. (2010): Analysis of the spatial relations among point distributions on a discrete space, International Journal of Geographical Information Science, 24 (7), 997-1014.
その他
Geographical Analysis (Editorial Board Member, 2003-)
Transactions in GIS (Editorial Board Member, 2006-)
International Journal of Society Systems Science (Editorial Board Member, 2010-)
spacer
将来計画
様々な空間情報を解析するための一般的な枠組みを追求していきたいと考えております.

教員からのメッセージ
専門だけではなく,幅広い教養を備え,様々な事柄に興味を持ち,何でも楽しもうとする姿勢を身につけるように心がけでください.大学は知識を獲得するのではなく,知識を獲得する方法を身につける,問題を解くのではなく,問題を見つける方法を身につける,そのような場として生かすと良いでしょう.

top