spacer


小川 雄一 おがわ ゆういち/教授/基盤科学研究系
先端エネルギー工学専攻/核融合炉工学協力講座/
http://www.htpc.u-tokyo.ac.jp/ogawa/

略歴
1976年3月東京大学工学部原子力工学科卒業
1981年3月東京大学大学院工学系研究科原子力工学専攻博士課程修了・工学博士
1981年6月名古屋大学プラズマ研究所助手
1989年5月核融合科学研究所助手(改組による)
1991年9月東京大学工学部原子力工学科助教授
1999年4月東京大学大学院工学系研究科教授
1999年5月東京大学高温プラズマ研究センター教授
2003年4月東京大学高温プラズマ研究センター長
2008年4月東京大学大学院新領域創成科学研究科教授、現在に至る
教育活動
大学院:プラズマ核融合学、プラズマ基礎論
工学部:電磁エネルギー科学、核融合エネルギー工学
研究活動
  「地上の星 ―ミニ太陽―」をキャッチフレーズとして、核融合開発に長年取り組んでいる。核融合炉心は数億度のプラズマ(電子と原子核が自由に運動している固体・液体・気体に続く物質の第4の状態)から構成されている。まさに太陽などの恒星が、このプラズマ状態であり、核融合反応による膨大なエネルギーを放出している。太陽フレアのダイナミックスをみてもわかるように、プラズマの制御は容易ではありません。これを地上で実現すべく日夜努力している。
  トカマク、ヘリカル、逆磁場ピンチ、そして最近では内部導体方式によるトーラスプラズマ閉じ込め研究を進めてきた。核融合研究の最前線は、核融合炉心プラズマの達成を目指したITER計画であり、これが国際プロジェクトとして推進されている。ITERや炉心プラズマの計算機シミュレーション、さらにはITERに続く核融合発電炉の設計や核融合エネルギーの社会受容性などにも幅広く研究を展開している。特にこれからは、核融合炉心プラズマ物理と核融合炉工学技術との連携を図った総合的な開発シナリオの構築が重要となってきている。
  一方、炉心プラズマ研究で培った知見は、先進的な核融合炉への発展や宇宙・天体を初めとした学術研究としても重要である。我々は高温超伝導コイルを磁気浮上させた内部導体装置を設計・建設し、ダイポール磁場に代表されるようなトーラス磁場配位での研究を進めている。この研究で重要になってくるキーワードは、プラズマ圧力の磁気圧に対する比であるベータ値である。ベータ値が高いほど、効率的に高温プラズマを閉じ込めることができる。トカマクなどが高々0.1程度のベータ値であるのに対して、ここではベータ値が1(プラズマ圧が磁気圧程度までになる)のプラズマを目指している。
  さらに本研究では、高温超伝導コイルを真空容器内で遠隔操作により冷却・励磁し、さらに磁気浮上させるなどの高度な技術を駆使しており、様々な分野への応用が期待されている。
[文献]
1)Y. Ogawa, et al., High Power ICRF Heating Experiments on the JIPP T-IIU Tokamak, Nuclear Fusion 29 (1989), 1873-1885.
2)Y. Ogawa, et al., Analysis of the Loading Resistance for ICRF Heating Experiments in ASDEX, Plasma Physics and Controlled Fusion 33 (1991), 155-168.
3) Y. Ogawa, et al., Analysis of Neoclassical Transport in the Banana Regime with the DKES code for the Large Helical Device, Nuclear Fusion 32 (1992), 119-132.
4)Y. Ogawa and N. Inoue; Cost Analysis of IDLT Reactors Using the ARIES System Code, Journal of Plasma and Fusion Research 72 (1996), 953-959.
5)Y. Ogawa, et al., A new poloidal-bundle divertor for a spherical tokamak, Fusion Engineering and Design, 48 (2000) 339-345.
6)Y. Ogawa, “Research on High Beta Plasma Based on Two-fluid Relaxation Theory with an Internal Coil Device”, Transactions of Fusion Science and Technology, 43 203-207 (2003).
7) Y. Ogawa, et al., ECH Plasma Experiments on an Internal Coil Device with a High Temperature Superconductor Coil, Transactions of Fusion Science and Technology, 47 63-70 (2005).
その他
所属学会:日本物理学会、プラズマ・核融合学会(平成11-15年:理事)、日本原子力学会、低温工学協会
各種委員会:核融合科学研究所運営委員
spacer
将来計画
  核融合実験炉ITER計画が国際プロジェクトとして推進されているように、核融合研究は新しい時代に入ったと言える。ここではまさに核融合炉心プラズマが研究対象であり、しかも核融合炉相当の炉工学技術も併せて必要となっている。このような炉心プラズマ物理と炉工学技術とが融合した核融合開発段階に入ってきており、ITER計画に引き続く発電炉も想定できるところまで来ている。
  このような核融合開発の新たな時代において、我々は21世紀におけるエネルギー・環境問題を踏まえつつ、核融合エネルギー開発の在り方や社会受容性を取り上げ、炉心プラズマ物理と炉工学技術とを融合し、核融合開発シナリオや具体的な核融合炉設計を推進している。
  一方、現在までに得られた炉心プラズマ物理の知見や炉工学技術の進展は、将来の先進核融合炉への応用や、宇宙・天体プラズマとの関連や様々な産業応用としても有益であり、超高ベータプラズマ物理や高温超伝導コイル応用などの面を中心に裾野の広い学術研究の分野への学術発信に努めている。
教員からのメッセージ
  どんな経験も長い人生において必ず有益であると思っています。しかもよりバラエティに富んだ経験を積んだ方が、柔軟性ある判断と後悔しない決断を下せると思います。従って人生には回り道など無いと思って、今この時を大切にして下さい。
  しかも現場主義という言葉で代表されるように、実践現場での経験は大変貴重です。特に若い時は研究においても、頭脳労働と同時に、泥臭いことも含め手足を動かす事を期待します。夢中になるとどんどん楽しくなってきます。たとえそれが困難で厳しい研究でも。
top