spacer


雨宮 慶幸 あめみや よしゆき/教授/基盤科学研究系
物質系専攻/物性・光科学講座/量子光科学分野
http://x-ray.k.u-tokyo.ac.jp

略歴
1974年3月 東大・工・物理工学 卒業
1976年3月 同上 修士課程修了
1979年3月 同上 博士課程修了(工学博士)
1979年4月 日本学術振興会・特定領域奨励研究員
1982年4月 高エネ研・放射光実験施設 助手
1988年10月 米国Brookhaven国立研究所・客員研究員
1989年7月 高エネ研・放射光実験施設 助教授
1996年4月 東大院・工・物理工学 助教授
1998年4月 同上  教授
1999年4月 東大院・新領域・物質系 教授
2007年4月  新領域創成科学研究科長
教育活動
大学院:放射光回折物理、放射光物理学部:電磁気学U、物理数学演習
研究活動
 「シンクロトロン放射光で物質のナノ、サブナノ構造を計測する」
 シンクロトロン放射光X線を利用して物質のナノ・サブナノ構造を回折法、分光法、イメージング法により計測する。主に、新しい X線計測技術・測定手法の開発に力点を置き、シンクロトロン放射光の新たな応用分野を開拓する。主に下記のテーマについて研究を進めている。
 1)時間分割X線小角散乱法の開発と応用
 ソフトマテリアルのナノ構造の時間的な変化をミリ秒〜マイクロ秒の時間分解能で追跡できる時間分割X線小角散乱法を開発し、各種の応用実験を行っている。広角散乱との同時測定、また、ミクロンサイズに絞ったX線ビームを用いて、ナノ構造とサブナノ構造の場所的な不均一性をミクロンスケールで観察することにより、物質構造と機能(物性)の関係の本質に迫ることを目指している。
 2)X線エリプソメーター・X線偏光顕微鏡の開発とその応用
 X線の偏光と物質の異方性による相互作用は物理的に興味深い現象であるが、その相互作用は小さく、実験面では未開拓な分野である。本研究室では、X線エリプソメーター(偏光解析装置)を開発し、光学異方性(直線複屈折・二色性)や光学活性(円複屈折・二色性)の精密測定を行っている。また、X線偏光顕微鏡を開発し、X線の高い透過能力を利用して表面でなくバルクの物質構造・電子状態の異方性を可視化する測定法を開発した。これを用いた応用実験を行っている。
 3)高性能X線検出器・ X線光学系の開発と評価
 タンパク質X線結晶構造解析用の高速アレイ状CCD型X線検出器の開発、X線偏光顕微鏡用の高分解能CCD型X線検出器の開発、Maximum Likelihood法による高分解能画像解析法の開発。
[文献]
1) Y.Amemiya et al., Science, 237, 164 (1987)
2) Y.Amemiya & J.Miyahara, Nature, 336, 89 (1988)
その他
所属学会:(1)日本放射光学会、(2)日本結晶学会、(3)日本物理学会、 (4)応用物理学会、(5)日本生物物理学会

日本結晶学会評議委員  
PF懇談会会長(2000.4〜2002.3 /2004.4〜2006.3)
Spring-8利用者懇談会運営幹事
日本学術会議結晶学研連委員
日本放射光学会会長(2007.1.1〜2009.9.30)
Editor of Acta Crystallographica A (1999.9 - )
Editor of Japanese Journal of Applied Physics (JJAP) (2004.4 - 2007.3)
Editor of Journal of the Physical Society of Japan (JPSJ) (2002.10 - 2006.9)
Chair of Program Committee for SAS2006 (http://www2.scphys.kyoto-u.ac.jp/sas2006/)
東京大学軟式テニス部部長

第1回日本結晶学会賞学術賞を受賞(2001)
「放射光を用いた新しいX線計測技術の開発」
spacer
将来計画
研究の目標:X線は発見されてから100年以上たつが、X線を用いた計測技術は可視光のそれに比べるとまだまだ未開拓。シンクロトロン放射光X線を用いた新しい計測技術・測定手法の開発を行い、可視光領域でレーザーを用いて行われている種々の計測技術をX線の波長領域で実現することが目標。と同時に、その応用分野を開拓する。

1) フェムト秒のX線パルスを用いたX線計測技術の開発とその応用分野の開拓
2) コヒーレントX線を用いたX線計測技術の開発とその応用分野の開拓

 また、これまでに開発してきた時間分割X線小角散乱法、X線偏光顕微鏡の応用を通して、産学連携で応用研究を展開していく予定。
教員からのメッセージ
充実した価値ある人生とは何か? と考えさせられます。知・情・意のバランスの取れたアクティブな心を持って、実践を通して、それぞれ真・美・善を実現していく生活の積み重ねではないでしょうか。好奇心(知)、感動する心(情)、公的精神(=使命感)(意)を原動力にして、物事にとり組んでください。夢と希望を持ってチャレンジしましょう!
top