spacer


齋藤 文紀 さいとう よしき/客員教授/環境学研究系
自然環境学専攻/地球表層地質環境学講座/沿岸堆積学、沿岸地形学、三角州
https://staff.aist.go.jp/yoshiki.saito/
https://scholar.google.com/citations?user=lDUsOOUAAAAJ

略歴
1981年3月京都大学理学部卒業
1981年4月通商産業省工業技術院地質調査所入所
2001年4月独立行政法人産業技術総合研究所海洋資源環境研究部門グループ長
2004年5月独立行政法人産業技術総合研究所地質情報研究部門グループ長
2008年10月独立行政法人産業技術総合研究所地質情報研究部門上席研究員
2013年3月独立行政法人産業技術総合研究所地質情報研究部門首席研究員
2015年4月国立研究開発法人産業技術総合研究所地質調査総合センター地質情報研究部門首席研究員
2015年4月東京大学大学院新領域創成科学研究科連携講座客員教授
(九州大学:理学博士)
教育活動
大学院:連携講座
研究活動
アジアの沿岸域を特徴付けるデルタ(三角州)の研究を行っています。黄河、長江(揚子江)、珠江、紅河(ホン河)、メコン河、チャオプラヤ河、ゴダバリ河、クリシュナ河、など。デルタは、どのように形成されたか、どのような特徴や違いがあるか、どのような変遷をたどってきたか、現在はどのような環境問題があるか。デルタの地形と堆積物を解析することによって、過去から現在までの変遷を知る事ができます。現在は過去への鍵ですが、過去から現在は将来への鍵です。現在の環境問題にも貢献することを視野にデルタの堆積学的な研究を行っています。代表的なデルタの論文や教科書を下に示します。
[文献]
1)斎藤文紀(2011) 沿岸域の堆積システムと海水準変動.第四紀研究, vol. 50, no.2, p. 95-111.
2)Woodroffe, C.D., Saito, Y. (2011) River-dominated coasts. In: Wolanski E and McLusky DS (eds.) Treatise of Estuarine and Coastal Science, Volume 3, Chapter 5, Academic Press, pp. 117-135.
3) Goodgred, S.L Jr., Saito, Y. (2011) Tide-dominated deltas. In: Davis, R.A. Jr. and Dalrymple, R.W., eds., Principles of Tidal Sedimentology, Springer, pp. 129-149.
4) Syvitski, J.P.M., Kettner, A.K., Overeem, I., Hutton, E.W.H., Hannon, M.T., Brakenridge, G.R., Day, J., Vorosmarty, C., Saito, Y., Giosan, L., Nicholls, R.J. (2009) Sinking deltas due to human activities. Nature Geoscience, vol. 2, no. 10, pp. 681-686.
5) Hori, K., Saito, Y. (2007) Classification, architecture, and evolution of large-river deltas. In A. Gupta, ed., Large Rivers: Geomorphology and Management, John Wiley & Sons, pp. 75-96.
6) Syvitski, J.P.M., Saito, Y. (2007) Morphodynamics of deltas under the influence of humans. Global and Planetary Change, vol. 57, no. 3-4, pp. 261-282.
7) 斎藤文紀(2007)アジアのメガデルタ:完新世における成立と近年の崩壊.地形,vol. 28 (no. 4), pp.331-347.
8) 斎藤文紀 (2007) アジアの大規模デルター海面変動と人間活動の影響ー.日本第四紀学会・町田 洋・岩田修二・小野 昭編「地球史が語る近未来の環境」,東京大学出版会, pp. 55-79.
9) 斎藤文紀 (2005) ヒマラヤ−チベットの隆起とアジアの大規模デルタ:デルタの特徴と完新世における進展.地質学雑誌, vol. 111, no. 11, pp. 717-724.
10) 堀 和明・斎藤文紀(2003)大河川デルタの地形と堆積物.地学雑誌,vol. 112 (3), p. 337-359.

その他
1)国際誌編集:Member of Editorial Board: Marine Geology (Elsevier), Estuarine,Coastal and Shelf Science (Elsevier),Quaternary International (Elsevier), Geo-Marine Letters (Springer)
2)国際学会等:国際地質科学連合国際層序委員会下部中部更新統境界ワーキンググループ委員、国際第四紀学連合ー第19回大会組織委員長、IGCP(地質科学国際共同研究計画)ー日本代表・国内委員会委員長
3)国内学会等:日本第四紀学会−副会長、評議員、日本海洋学会沿岸海洋研究会ー専門委員、日本地質学会拡大地層名委員会ー委員、各賞選考検討委員会ー委員、日本学術会議連携会員
spacer
将来計画
つくば市にある産業技術総合研究所の研究室は、東大柏キャンパスから少し離れていますが、十分に日帰りできる場所にあります。互いの良い点を活かして、持続的に連携ができればと思っています。
教員からのメッセージ
研究を通じて、世界やアジアの自然と文化を知り、また人々と知り合う事によって、世界を感じてください。
top