spacer


古川 洋一 ふるかわ よういち/教授/生命科学研究系
メディカル情報生命専攻/臨床ゲノム腫瘍学分野/がん、分子生物学、シグナル伝達、ゲノム
http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/furukawa/index.html

略歴
1987年3月東京大学医学部部医学科卒業
1992年7月癌研究会研究所生化学部研究生
1996年1月WHO国際癌研究機構留学
1999年2月東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター助手
2001年5月同助教授
2004年3月東京大学医科学研究所研究拠点形成特任教授
2007年4月より現職
教育活動
大学院:腫瘍生物学、分子生物学、ゲノム
医科学研究所附属病院:がんゲノム医療開発、遺伝カウンセリング、遺伝子診断
研究活動
1.がん発生・進展に関わるシグナル伝達の解析(1999〜2018)(文献1他)
2.Wntシグナル伝達に関わる新規分子の同定とその機能解析(1999〜2018)(文献2他)
3.がんモデルマウスの作成(2012〜2018)(文献3他)
4.大腸癌、胆管癌を中心としたがんゲノムの解析(2000〜2018)(文献4他)
5.新たな抗がん剤スクリーニング法の開発(2007〜2018)(文献5他)
[文献]
1)Yamaguchi K, Rui Yamaguchi R, Takahashi N, Ikenoue T, Fujii T, Shinozaki M, Tsurita G, Hata K, Niida A, Imoto S, Miyano S, Nakamura Y, Furukawa Y. Overexpression of cohesion establishment factor DSCC1 through E2F in colorectal cancer. PLoS ONE, 9: e85750, 2014.
2)Ohsugi T, Yamaguchi K, Zhu C, Ikenoue T, Furukawa Y. Decreased expression of Interferon-induced protein 2 (IFIT2) by Wnt/β-catenin signaling confers anti-apoptotic properties to colorectal cancer cells. Oncotarget 8(59):100176-100186, 2017.
3) Ikenoue T, Terakado Y, Nakagawa H, Hikiba Y, Fujii T, Matsubara D, Noguchi R, Zhu C, Yamamoto K, Kudo Y, Asaoka Y, Yamaguchi K, Ijichi H, Tateishi K, Fukushima N, Maeda S, Koike K, Furukawa Y. A novel mouse model of intrahepatic cholangiocarcinoma induced by liver-specific Kras activation and Pten deletion. Sci Rep, 6:23899, 2016.
4) Yamaguchi K, Nagayama S, Shimizu E, Komura M, Yamaguchi R, Shibuya T, Arai M, Hatakeyama S, Ikenoue T, Ueno M, Miyano S, Imoto S, Furukawa Y. Reduced expression of APC-1B but not APC-1A by the deletion of promoter 1B is responsible for familial adenomatous polyposis. Sci Rep, 6:26011, 2016.
5) Yamaguchi K, Zhu C, Ohsugi T, Yamaguchi Y, Ikenoue T, Furukawa Y. Bidirectional reporter assay using HAL promoter and TOPFLASH improves specificity in high-throughput screening of Wnt inhibitors. Biotechnol Bioeng. 114(12):2868-2882, 2017.
その他
アメリカ癌学会、日本癌学会、日本人類遺伝学会
日本癌学会評議員、日本人類遺伝学会評議員
spacer
将来計画
がんにおけるゲノム・エピゲノムデータとシグナル伝達のデータを統合的に解析し、腫瘍細胞における分子の機能異常やシグナル伝達の異常が、どのように腫瘍発生・進展に関わっているのかを明らかする。また、研究成果の中から医療に役立つ知見を、他分野の研究者と協力して医療に繋げることを目指しています。
教員からのメッセージ
学部学生・卒業生には、企業で働くという選択肢、自分でビジネスを立ち上げるという選択肢、研究者として自分の興味の分野を探求するという選択肢など、多くの可能性があります。これらの中で大学院に進むという選択肢は、先輩と一緒に誰も見つけていない現象を見つけ、その謎を解き明かすという知的な作業に触れるチャンスです。研究者には、大きな発見であれ小さな発見であれ、新しいものを発見しそれを公表するという機会があります。公表された論文は、世界各国の研究者によって読まれ、次の科学を支える礎となります。生命の神秘の世界には、一生をかけても探しきれないくらい多くのそしてすばらしい宝物があります。我々の人生は一度です。さあ皆さん、新しい探索の道を我々と一緒に進みましょう。あなたの研究成果は科学の世界であなたの足跡となります。それはあなたが、そしてあなたの子孫が誇りに思う足跡となるでしょう。
top