spacer


松村 保広 まつむら やすひろ/教授/生命科学研究系
先端生命学専攻/がん先端生命科学講座/がん化学療法におけるドラッグデリバリーシステムがん超早期診断法の開発

略歴
昭和56年(1981)3月 熊本大学医学部卒業
昭和56年(1981)4月 熊本大学医学部付属病院第一外科入局
昭和57年(1982)7月 済生会熊本病院外科勤務
昭和58年(1983)7月 九州記念病院外科勤務
昭和59年(1984)4月 熊本大学大学院博士課程入学
昭和63年(1988)3月 医学博士号取得
昭和63年(1988)8月 文部教官熊本大学医学部助手
平成元年(1989)8月 米国マウントサイナイ医科大腫瘍内科留学
平成2年(1990)9月 英国オックスフォード大学ナフィールド病理ポストドクトラルフェロー
平成5年(1993)7月 同上級臨床リサーチサイエンテイスト グレイドA65
平成6年(1994)9月 国立がんセンター中央病院第一外来部内科医員
平成11年(1999)1月 国立がんセンター中央病院特殊病棟部11B病棟医長
平成14年(2002)4月 国立がんセンター研究所支所がん治療開発部部長
平成22年(2010)4月 組織改変により、独立行政法人 国立がん研究センター東病院、
臨床開発センター がん治療開発部 部長
教育活動
大学院:科学技術倫理論
他大学:東京女子医科大学バイオメディカルカリキュラム
医学部:基礎・臨床・社会医学総合講義
研究活動
DDS製剤の非臨床、臨床開発
がんと血液凝固との関係解明
がん間質ターゲティング療法Cancer Stromal Targeting(CAST)therapyを提唱し、抗がん剤がん間質抗体複合体を開発
自動細胞診に基づく新しいがん早期発見法の開発


[文献]
1. Y. Matsumura, H. Maeda. A new concept for macromolecular therapeutics in cancer chemotherapy: Mechanism of tumoritropic accumulation of proteins and the antitumor agent smancs. Cancer Res. 46, 6387-6392, 1986
2. Y. Matsumura, D. Tarin. DNA fingerprinting survey of various human tumors and their metastasis. Cancer Res. 52, 2174-2179, 1992
3. Y. Matsumura, D. Tarin. Significance of CD44 gene products for cancer diagnosis and disease evaluation. Lancet 340, 1053-1058, 1992
4. Y. Matsumura, M. Gotoh, K .Muro, Y. Yamada, K. Shirao, Y. Shimada, M. Okuwa, S. Matsumoto, Y. Miyata, H. Ohkura, K. Chin, S. Baba, T. Yamao, A. Kannami, Y. Takamatsu, K. Ito, K. Takahashi. Phase I and Pharmacokinetic Study of MCC-465, a doxorubicin (DXR) encapsulated in PEG-immunoliposome, in patients with metastatic stomach cancer. Annals Oncol 15, 517-525, 2004
5. H Matsushita, Y Matsumura, Y Moriya, T Akasu, S Fujita, S Yamamoto, S Onouchi, N Saito, M Sugito, M Ito, T Kozu, T Minowa, S Nomura, H Tsunoda, T Kakizoe. A new methodology for isolating colonocytes from naturally evacuated feces and its clinical application to colorectal cancer diagnosis. Gastroenterology 129, 1918-1927, 2005
6. Y Matsumura. Preclinical and clinical studies of NK012, an SN-38-incorporating polymeric micelles, which is designed based on EPR effect. Adv Drug Deliv Rev, 63(3), 184-192, 2011
7. Y Koga, M Yasunaga, A Takahashi, J Kuroda, Y Moriya, T Akasu, S Fujita, S Yamamoto, H Baba, Y Matsumura. MicroRNA Expression Profiling of Exfoliated Colonocytes Isolated from Feces for Colorectal Cancer Screening. Cancer Prev Res (Phila). 3(11), 1435-1442, 2010
8. T Hamaguchi, T Doi, T Eguchi-Nakajima1, K Kato, Y Yamada, Y Shimada, N A Ohtsu, S Matsumoto, M Takanashi, Y Matsumura. Phase I Study of NK012, a Novel SN-38-Incorporating Micellar Nanoparticle, in Adult Patients with Solid Tumors. Clin Cancer Res. 16(20), 5058-5066, 2010
9. Y Koga, M Yasunaga, A Takahashi, J Kuroda, Y Moriya, T Akasu, S Fujita, S Yamamoto, H Baba, Y Matsumura. MicroRNA Expression Profiling of Exfoliated Colonocytes Isolated from Feces for Colorectal Cancer Screening. Cancer Prev Res (Phila). 3(11),
10. T Hamaguchi, T Doi, T Eguchi-Nakajima1, K Kato, Y Yamada, Y Shimada, N Fuse, A Ohtsu, S Matsumoto, M Takanashi, Y Matsumura. Phase I Study of NK012, a Novel SN-38-Incorporating Micellar Nanoparticle, in Adult Patients with Solid Tumors. Clin Cancer Res. 16(20), 5058-5066, 2010
11. M Yasunaga, S Manabe, D Tarin, Y Matsumura. Cancer-stroma targeting therapy by cytotoxic immunoconjugate bound to the collagen 4 network in the tumor tissue. Bioconjug Chem, 22(9), 1776-1783, 2011


その他
spacer
将来計画
がん治療および診断領域における第2世代のDDSの開発を行い、臨床現場までもっていきたい。家にいながらにして出来る早期発見法を開発したい。
がんが引き起こす血液凝固亢進の病態生理学の確立したい。
教員からのメッセージ
人生はきびしいですが、誰しもいずれは世の中を去ります。一度しかない人生、頑張って楽しんで下さい。

top