spacer


山本 敏央 やまもと としお/教授/生命科学研究系
先端生命科学専攻/応用生物資源学分野/イネの農業形質に関する遺伝解析および新しい育種法の開発
http://www.nias.affrc.go.jp/org/Agrogenome/Rice/

略歴
1991年3月北海道大学大学院農学系研究科農学専攻修士課程修了
1991年4月日本たばこ産業(株)遺伝育種研究所
2000年10月博士(農学)(北海道大学)
2002年3月(株)本田技術研究所
2006年1月(独)農業生物資源研究所QTLゲノム育種研究センター主任研究員
2011年4月(独)農業生物資源研究所イネゲノム育種研究ユニット長
2013年10月東京大学大学院新領域創成科学研究科先端生命科学専攻応用生物資源学分野教授(兼任)
教育活動
大学院:応用生物資源学分野
研究活動
日本で最も重要なイネ品種であるコシヒカリを遺伝的背景とし、世界の多様なイネ遺伝資源を供与親とした染色体断片置換系統群を作出し、農業形質の網羅的理解に必要な研究基盤の構築を進めている(文献1)。
国際コンソーシアムで解読されたイネゲノム配列(品種名:日本晴)と独自に解読したコシヒカリ等のゲノム配列の比較から、日本のイネ品種間の遺伝的多型を高頻度で検出するSNP情報を整理し、これを用いて日本の近代イネ品種のゲノム構成を明らかにした(文献2,3)。
イネの個葉光合成速度に関わる量的形質遺伝子座の単離同定を行うとともに、それらの準同質遺伝子系統を用いた収量性への貢献を評価し、実用的な育種素材としての可能性を検討している(文献4,5)
[文献]
1) Yamamoto et al. (2009) Towards the understanding of complex traits in rice: Substantially or superficially? DNA Research 16:141-154
2) Yamamoto et al. (2010) Fine definition of the pedigree haplotypes of closely related rice cultivars by means of genome-wide discovery of single-nucleotide polymorphisms. BMC Genomics 11:267.
3) Yonemaru et al. (2012) Genome-wide haplotype changes produced by artificial selection during modern rice breeding in Japan. PLoS ONE 7(3):e32982
4) Adachi et al. (2013) The mesophyll anatomy enhancing CO2 diffusion is a key trait for improving rice photosynthesis. Journal of Experimental Botany 64:1061-72
5) Takai et al. (2013) A natural variant of NAL1, selected in high-yield rice breeding programs, pleiotropically increases photosynthesis rate. Scientific Reports 3:2149
その他
日本育種学会
spacer
将来計画
作物のゲノム研究の最も直接的な応用場面は品種改良です。「10年1品種」「経験と勘」と言われている稲の品種改良のプロセスにゲノム情報を活用することで、変化する地球環境や社会情勢に対応した新品種を迅速につくり出す仕組みを構築できればと考えています。
教員からのメッセージ
農学を基盤としながらも、他の研究分野と関わることで「新領域」を切り拓くことを目指す熱意のある方を歓迎します。
top