spacer


柳田辰雄 やなぎたたつお/教授/環境学系
国際協力学専攻/制度設計 /国際政治経済学

略歴
1976年3月東大経済学部経済学科を卒業
1978年3月東大経済学研究科経済学専攻修士課程修了 国際通貨基金(IMF)エコノミスト、東京都立大学経済学部助教授、東大大学院総合文化研究科助教授、教授を経て、1999年4月より現職。この間ジョンズホプキンス大学客員研究員、ニューヨーク市立大学院センター客員助教授。2002年8月まで1年間国際協力事業団派遣専門家・インドネシア共和国財務省財政分析庁財政アドバイザー。
経済学博士(東大)
教育活動
大学院:国際政治経済システム学、貨幣ゲームの政治経済学(経済学研究科)
研究活動
 中国における金融システムの研究、EUにおける金融政策の研究、ASEANにおける政治統合
[文献]
1) 『貨幣ゲームの政治経済学』東信堂 2015年
2) 『貨幣ゲームの政治経済学-「常識」から思考する社会科学』講義ノート 東京大学出版会 2014年
3) 『国際政治経済システム学ー共生への俯瞰』東信堂 2008年
4) 『相対覇権国際政治経済システム安定化論ー東アジア統合の行方』東信堂 2008年
2) Tatsuo Yanagita, “International Monetary Fund Conditionality and the Korean Economy in the Late 1990s”, Peter C.Y. Chow and Bates Gill, editors, Weathering The Storm Taiwan. Its Neighbors, And The Asian Financial Crisis, Brooking Institution Press, PP.. 19-38, Washington, D.C., 2000.
Tatsuo Yanagita and Parluhutan Hutahaean、“Maintenance of the Fiscal Sustainability, Chapter 4, Handbook for Fiscal Analysis、(インドネシア語)
その他
所属学会は理論経済学および東京経済研究センタ-研究員。
spacer
将来計画
   『金融ー理論と制度』の出版を予定。
教員からのメッセージ
国際協力学専攻は、国際的に活躍できる人材を教育し,官庁、多国籍企業、非政府組織(NGO)や国際機関で活躍しうる人材を輩出することを目標としている。さらに地球の自然環境を含めた国際協力に関連する問題に積極的に発言し,これらの問題に関わっていきたいと考えている。したがって,単なる専門知識の吸収・創造に関心がある人よりは現地に触れて現在の国際社会が直面している問題を解決していこうという活動力にあふれた人材を求めている。ここで与えられる学位は国際協力学修士と博士である。
top