spacer


河野 健 かわの たけし/客員教授/環境学研究系
海洋技術環境学専攻/海洋研究開発システム学講座(JAMSTEC連携講座)/海洋循環、海洋環境観測
http://www.jamstec.go.jp/j/about/research/global_change.html

略歴
1986年3月東京大学工学部船舶工学科卒業
1988年3月東京大学大学院工学系研究科修士課程修了 工学修士
1988年4月−2002年3月海洋科学技術センター 研究員
1996年3月−1997年3月ダルハウジィ大学 客員研究員
2002年4月−2003年3月株式会社マリン・ワーク・ジャパン 海洋科学部 海洋観測課長
2003年3月博士(工学)(東海大学)
2003年4月海洋科学技術センター 海洋観測研究部 研究員 
2004年7月独立行政法人海洋研究開発機構 地球環境観測研究センター サブリーダー
2008年4月独立行政法人海洋研究開発機構 地球環境観測研究センター グループリーダー
2009年4月科学技術政策研究所 客員研究官(兼職)
2009年4月独立行政法人海洋研究開発機構 海洋環境変動研究プログラム プログラムディレクター(現職)
2009年5月東京大学大学院新領域創成科学研究科客員教授(連携講座)
教育活動
大学院:海洋技術環境学特別講義II
研究活動
塩分の高精度測定とコンパラビリティに関する研究
海水の塩分測定データを0.001 PSU(実用塩分単位)の精度で管理することを目的として、塩分の高精度測定法と補正法を開発している。塩分の測定には標準海水が用いられているが、開発した高精度測定法によりこの手法を利用し、1984年以降の標準海水の製造バッチの違いによる 誤差を計測している。この誤差を補正することで、異なる機関、観測船によって計測された塩分の系統誤差が軽減し、深層の塩分変化を精度良く観測できる可能性が高くなった。

海洋環境変化に関する研究
大陸間を縦・横断するような観測線で高精度観測を実施し、その結果を、過去の観測結果と比較することから、海洋環境の変化を調査している。最近では、太平洋における熱塩循環の北向き成分である南極深層水の経路に沿ってこの10年間で大規模な底層昇温があることを発見した。深層の水温上昇は太平洋では全域に見出され、概ね太平洋における貯熱量増加の5%を占め、また海面水位の上昇にも5%程度寄与している。

[文献]
1)T.Kawano, T.Doi, H.Uchida, S.Kouketsu, M.Fukasawa, Y.Kawai, K.Katsumata: Heat content change in the Pacific Ocean between 1990s and 2000s, Deep-Sea Res. (accepted).
2)S.Kouketsu, M.Fukasawa, I.Kaneko, T.Kawano, H.Uchida, T.Doi, M.Aoyama, K.Murakami: Changes in water properties and transports along 24°N in the North Pacific between 1985 and 2005, Journal of Geographical Research, 114, C01008, doi:10.1029/2008JC004778(2009)
3)H.Uchida,T.Kawano, I.Kaneko M.Fukasawa: In-situ calibration of optode-based oxygen sensors, Journal of Atmospheric and Oceanic Technology, 25, 2271?2281 (2008)
4)H.Uchida,T.Kawano, M.Fukasawa: In situ calibration of moored CTDs used for monitoring abyssal water, Journal of Atmospheric and Oceanic Technology, 25, 1695?1702 (2008)
5)W.Schneider, M. Fukasawa, J.Garces-Vargas, L.Bravo, H.Uchida, T.Kawano R. Fuenzalida: Spin-up of South Pacific subtropical gyre freshens and cools the upper layer of the eastern South Pacific Ocean, Vol.34, L24606, doi:10.1029/2007GL031933 (2007)
6)H.Uchida, H.Yamamoto, K.Ichikawa, I.Kaneko, M.Fukasawa, T.Kawano Y.Kumamoto, Flow of abyssal water into Wake Island Passage: properties and transports from hydrographic surveys. Journal of Geophysical Research, 112, C04008, doi:10.1029/2006JC004000 (2007)
7)T.Kawano, M.Fukasawa, S.Kouketsu, H.Uchida, T.Doi, I.Kaneko, M.Aoyama W.Shneider: Bottom Water Warming Along the Pathway of Lower Circumpolar Deep Water in the North Pacific. Geophysical Research Letters, 33, L23613, doi:10.10292/2006GL027933(2006)
8)T.Kawano, M.Aoyama, T.Joyce, H.Uchida, Y.Takatsuki, M. Fukasawa: The Latest Batch-to-batch Difference Table of Standard Seawater and Its Application to the WOCE Onetime Sections. Journal of Oceanography, 62, 777-792(2006)
9)T.Kawano, M.Aoyama Y.Takatsuki: Inconsistency in the conductivity of the standard potassium chloride solution made from the different high-quality reagents. Deep-Sea Research I, Vol 52, 389-396 (2005)

その他
海洋調査技術学会(企画委員、編集委員)、日本海洋学会会員、日本船舶海洋工学会会員、海洋理工学会会員、American Geophysical Union Member
spacer
将来計画
気候変動は我々が直面している大問題である。これにどう対応していくかが重要となるが、そのためには現在どういう状況にあるか、を正確に知る必要がある。海洋観測を通じて、この海洋環境変動の実態を明らかにしていきたい。

教員からのメッセージ
常に地球を思い描きながら環境の勉強に励んで下さい。

top