spacer


小口 高 おぐち たかし/教授 /環境学研究系
自然環境学専攻/空間環境情報学協力講座/自然地理学,地理情報システム,地形学
http://ogu.csis.u-tokyo.ac.jp/

略歴
1985年3月 東京大学理学部卒,1991年7月 東京大学理学部助手,1997年3月 アリゾナ大学客員研究員,1997年10月 英国水文学研究所客員研究員,1998年6月 東京大学空間情報科学研究センター准教授,2007年5月 メンフィス大学客員教授(現職),2009年2月 東京大学空間情報科学研究セ ンター教授(現職).博士(理学)(東京大学)


教育活動

大学院:環境情報学,環境情報学実習
理学系研究科:地理情報学
理学部:地球惑星空間情報学および実習


研究活動
GIS(地理情報システム)を主要な研究ツールと位置づけ,野外調査なども加味しながら,自然地理学(主に地形学と水文学)の研究を進めている.研究室では院生およびポスドクと国際性を重視した活動を行っている.研究対象地域は日本を含む東アジア,英国,シリア,イタリアなどであり,河川,扇状地,斜面,河川水質,測量,考古遺跡などに関する研究を行っている.現在進行中のプロジェクトには,1)地球温暖化にともなう日本の豪雨と斜面災害の増加に関する研究,2)イタリア・ヴェスヴィオ火山とフィリピン・ピナツボ火山における火山噴火後の土砂流出の研究,3)GISを用いた英国と日本の流域の水質データ解析などがある.研究室のメンバーと執筆した最近の代表的論文10編を次に記す.


[文献]

1) Hashimoto, A, Oguchi, T., Hayakawa, Y., Lin, Z., Saito, K. and Wasklewicz, T.A. (2007): GIS analysis of depositional slope change at alluvial-fan toes in Japan and the American Southwest. Geomorphology, in press.
2) Hayakawa, Y.S., Oguchi, T., Komatsubara, J., Ito, K., Hori, K. and Nishiaki, Y. (2007): Rapid on-site topographic mapping with a handheld laser range finder for a geoarchaeological survey in Syria. Geographical Research, 45, 95-104.
3) Oguchi, T., Hori, K., Watanuki, T., Oguchi, C.T., Komatsubara, J. and Hayakawa, Y. (2007): Fluvial surfaces along the Khabur River near Tell Seker al-Aheimar and their palaeoenvironmental implications. In: Nishiaki, Y., Kashima, K. and Verhoeven, M. (eds.) Neolithic Archaeology in the Khabur Valley, Upper Mesopotamia and Beyond. UMUT Monograph Series, in press.
4) Takagi, T., Oguchi, T., Matsumoto, J., Grossman, M.J., Sarker, M.H. and Matin, M.A. (2007): Channel braiding and stability of the Brahmaputra River, Bangladesh, since 1967: GIS and remote sensing analyses. Geomorphology, 85, 294-305.
5) Hayakawa, Y.S. and Oguchi, T. (2006): DEM-based identification of fluvial knickzones and its application to Japanese mountain rivers. Geomorphology, 78, 90-106.
6) Lin, Z. and Oguchi, T. (2006): DEM analysis on longitudinal and transverse profiles of steep mountainous watersheds. Geomorphology, 78, 77-89.
7) Hayakawa, Y. and Oguchi, T. (2005): Evaluation of gravel sphericity and roundness based on surface-area measurement with a laser scanner. Computers & Geosciences, 31, 735-741.
8) 高木哲也・小口 高・財城真寿美・松本 淳(2005):バングラデシュを対象とした地形・地質研究.地形,26,405-422.
9) Lin, Z. and Oguchi, T. (2004): Drainage density, slope angle, and relative basin position in Japanese bare lands from high-resolution DEMs. Geomorphology, 63, 159-173.
10) Siakeu, J., Oguchi, T., Aoki, T., Esaki, Y. and Jarvie, H.P. (2004): Change in riverine suspended sediment concentration in central Japan in response to late 20th century human activities. Catena, 55, 231-254.


その他
1)国際誌編集活動:Co-Editor-in-Chief: Geomorphology (Elsevier). Member of Editorial Board: Catena (Elsevier), Geography Compass (Blackwell), The Open Geology Journal (Bentham Science). Member of International Advisory Board: Geographical Research (Blackwell).
2)国際学会活動:Vice-President, Working Group of Human Impact on the Landscape, International Association of Geomorphologists. Member of Steering Committee: Commission on Land Degradation and Desertification, International Geographical Union; Working Group of Planetary Geomorphology, International Association of Geomorphologists; Trans Asiatic GIS Society.
3)国内学会活動:日本地理学会−広報専門委員長,理事.日本地形学連合−企画主幹,運営委員.地理情報システム学会−渉外委員長,理事.


spacer
将来計画
楽しい共同研究を進め,成果を国際誌を中心に出版したいと思っています.



教員からのメッセージ
研究に国境はありません.研究を通じて世界の自然,社会,そして友情を楽しみましょう.
top