spacer


松井 孝典 まつい たかふみ/教授/基盤科学研究系
複雑理工学専攻/複雑系実験講座/惑星科学
http://impact.k.u-tokyo.ac.jp/

略歴
1970年東京大学理学部地球物理学科卒業
1976年東京大学大学院理学系研究科地球物理学専攻博士課程修了
1977年NASA月科学研究所招へい科学者
1978年東京大学理学部助手
1992年東京大学理学部助教授
1994年東京大学大学院理学系研究科助教授を経て
1999年4月より現職
教育活動
大学院:地球惑星進化論
理学部:比較惑星学
教養学部:惑星地球科学II
研究活動
 研究テーマ:太陽系天体の起源と進化-特に地球の起源と進化との関連に注目して-,宇宙における生命の起源と進化
    1. 惑星形成論
    2. 惑星集積過程の理論的・実験的研究
    3. 原始地球環境と生命の起源に関する基礎研究
    4. 地球及び地球型惑星の大気・海洋・地殻の起源と進化
    5. 巨大隕石の衝突と地球・生命史との関連
    6. 惑星・衛星・小惑星の熱史
    7. 惑星探査のための基礎実験
[文献]
1) H.Senshu, K. Kuramoto, and T. Matsui, Thermal evolution of a growing Mars, J. Geophys. Res., 107(E12), 10.1029/2001JE001819, 2002
2) T. Kadono, S. Sugita, M. Fuyuki, S. Ohno, Y. Sekine, and T, Matsui, Vapor clouds generated by ablation and hypervelocity impacts, Geophys. Res. Lett., 29(20), 10.1029/2002GL015694, 2002
3) T. Matsui, F. Imamura, E. Tajika, Y. Nakano, Y.Fujisawa, Generation and propagation of a tsunami from the Cretaceous-Tertiary impact event, Geol. Soc. Am. Special Paper 356, 69-77, 2002
4) R. Tada, Y. Nakano, M. A. Iturralde-Vinent, S. Yamamoto, T. Kamata, E. Tajika, K. Toyoda, S. Kiyokawa, D. Garcia-Delgado, T. Oji, K. Goto, H. Takayama, R. Rojas and T. Matsui., Complex tsunami waves suggested by the Cretaceous/Tertiary boundary deposit at Moncada section, western Cuba, Geol. Soc. Am. Special Paper 356, 109-123, 2002
5) S. Kiyokawa, R. Tada, M. A. Iturralde-Vinent, T. Matsui, E. Tajika, S. Yamamoto, T. Oji, Y. Nakano, K. Goto, H. Takayama, D. G. Delgado, R. R. Consuegra and C. D. Otero, K/T boundary sequence in the Cacarajicara Fomation, Western Cuba: An impact-related, high-energy, gravity-flow deposit, Geol. Soc. Am. Special Paper 356, 125-144, 2002
賞:1988年 日本気象学会堀内奨励賞受賞
   2007年 第61回毎日出版文化賞受賞
その他
所属学会:日本惑星科学会,American Geophysical Union,地震学会評議員(1984-85),国際地質学連合比較惑星学委員会委員(1988-1996),国際気象・大気物理学連合惑星大気委員会委員(1988-1996)日本惑星科学会運営委員対外協力委員長(1994-98)各種委員会:1996年21世紀国際博覧会推進委員会委員(通産省),1997年日仏対話フォーラムアドバイザー(外務省),1997年「こどもの未来と世界を考える懇談会」委員(橋本内閣総理大臣により設置),1998年科学技術会議専門委員(研究開発基本計画フォローアップ委員会),1998年経済審議会特別委員(経済企画庁),1999年新日墨21世紀委員会委員(外務省),1999年「21世紀日本の構想懇談会」委員(小渕内閣総理大臣により設置),2001年インターネット博覧会「インパク編集部」編集長,2001-02年科学技術・学術審議会専門委員,2003年新日中友好21世紀委員会委員, 持続可能な社会の構築に向けた日中環境協力のあり方検討会(2005〜環境省)産業構造審議会新成長政策部会臨時委員(2006・経済産業省) 、日本学術会議連携会員
spacer
将来計画
 日本におけるアストロバイオロジー研究の拠点として、天体衝突と惑星環境、及び生命の起源と進化に関する研究を推進する予定である。
教員からのメッセージ
 自然というビックバン以来の歴史を記録した古文書の解読に感動し、人生をそれにかけてもよいと思う人材を求める。
top