spacer


福井 類 ふくい るい/准教授/環境学研究系
人間環境学専攻/人間支援環境学講座/ロボット工学
http://www.ra-laboratory.com/r/

略歴
2002年3月東京大学工学部機械情報工学科卒業
2004年3月東京大学大学院情報理工学系研究科知能機械情報学専攻修士課程修了
2004年4月〜2006年3月三菱重工業株式会社勤務
2009年3月東京大学大学院情報理工学系研究科知能機械情報学専攻博士課程修了(博士(工学))
2009年4月〜2013年3月東京大学大学院情報理工学系研究科知能機械情報学専攻(特任)助教
2013年4月〜2016年3月東京大学大学院工学系研究科機械工学専攻特任講師
2016年4月より現職
教育活動
大学院:システムプランニング
大学院工学系研究科:システムプランニング, 設計・生産フィールドワーク
工学部機械工学科:機械工学演習2, 創造設計演習, システムプランニング

研究活動
日用品の収納・取り出しを支援するロボット(2006〜2009):
知能化されたコンテナ(iコンテナ)をロボットとみなし,家庭内に分散・配置されたロボット群が連携することで,家庭内の物の流れを適正化する技術を開発しました(文献1).

家庭内物流支援ロボットシステム

手首凹凸計測により手指動作を推定するデバイス(2008〜現在):
近未来の装着型ユーザインタフェースの実現を目標に,腕時計型デバイスに内臓されたフォトリフレクタアレイによって手首表面の凹凸を計測し,手先の形状を推定する研究を進めています(文献2).

手首凹凸のみから手先形状を推定するウェアラブルデバイス

人が立ち入るのが困難な環境で作業をするロボット(2011〜現在):
福島第一原子力発電所のような人が立ち入れない環境でロボットが活躍するために,ロボットが3次元的に自由に移動可能な足場(軌道構造体)を,ロボット自身が自動施工するシステムの開発をしています(文献3).

軌道構造体自動施工ロボットシステム
[文献]
1) 福井類, 勝代雅行, 森下広, 森武俊, 佐藤知正. 家庭用コンテナケース運搬ロボットにおける機械的柔軟性を
活用したシステム構成法の提案と実証. 日本ロボット学会誌, Vol. 28, No. 7, pp. 841.852, 2010.
2) Rui Fukui, Masahiko Watanabe, Masamichi Shimosaka, and Tomomasa Sato. Hand shape classification with a wrist contour sensor. analyses of feature types, resemblance between subjects, and data variation with pronation angle. The International Journal of Robotics Research, Vol. 33, No. 4, pp. 658.671, 2014.
3) Rui Fukui, Yuta Kato, Ryo Takahashi, Weiwei Wan, and Masayuki Nakao. Automated construction system of robot locomotion and operation platform for hazardous environments - basic system design and feasibility study of module transferring and connecting motions -. Journal of Field Robotics, 2016.
その他
IEEE Robotics and Automation Society, 日本機械学会, 日本ロボット学会, 計測自動制御学会, 日本塑性加工学会, 日本ロボット学会論文査読委員会(2015〜現在)等。
spacer
将来計画
基礎的な知識の発見・技術の創成はもちろんのこと,最先端の知識・技術を新たな産業やサービスに応用する研究にも積極的に取り組んで行きたいと思っています.そのために多様な民間企業との共同研究に率先的に取り組んで行きます.
教員からのメッセージ
カタチにこだわったモノづくりを研究の強みとしています.
世の中にないモノを創り上げる喜びを学生と共有していたいと思っています.
top