spacer


 やすなが まさひろ /客員教授 /生命科学研究系
先端生命学専攻 /がん先端生命科学講座/分子イメージング・抗体・DDS(Drug delivery system)テクノロジーを駆使したがん診断治療法の開発
http://www.ncc.go.jp/jp/ncce/rcio/research/itd/mayasuna.html

略歴
1988年3月熊本大学医学部卒業
1988年6月熊本大学医学部第一外科入局
1989年4月社会保険下関厚生病院外科
1993年10月京都大学医学部分子遺伝学特別研究生
1996年3月熊本大学医学部大学院医学研究科修了(医学博士)
1996年4月鶴田病院外科
1997年4月山鹿市立病院外科
1999年4月熊本大学医学部第一外科
2002年2月理化学研究所幹細胞研究グループ
2006年10月国立がん研究センター東病院臨床開発センターがん治療開発部室長
2012年4月国立がん研究センター東病院臨床開発センター新薬開発分野ユニット長
2015年4月国立がん研究センター先端医療開発センター新薬開発分野ユニット長
教育活動
大学院:東京医科歯科大学医歯学総合研究科NCC腫瘍医学
研究活動
リンパ球におけるIL-7シグナル経路と生物学的意義の解明(文献1、2)
バイオインフォマティクスを用いたがん特異的細胞表面マーカーの探索同定(文献3、4)
分子イメージングを用いた化学療法抵抗性のメカニズム解明(文献5、6)
がん間質、トランスポーター、リンパ抗原などユニークな標的を対象にした革新的な抗体医薬の開発(文献7-9)
[文献]
1) Yasunaga M, Wang F, Kunisada T, Nishikawa S, Nishikawa S. Cell cycle control of c-kit+IL-7R+ B precursor cells by two distinct signals derived from IL-7 receptor and c-kit in a fully defined medium. J Exp Med. 182. 315-323. 1995.
2) Yasunaga M, Yagi T, Hanzawa N, Yasuda M, Yamanashi Y, Yamamoto T, Aizawa S, Miyauchi Y, Nishikawa S. Involvement of Fyn tyrosine kinase in progression of cytokinesis of B lymphocyte progenitor. J Cell Biol. 132. 91-99. 1996.
3)Yasunaga M, Nishikawa S,Nakano Y, Tada S, Okada M, Jakt,LM, Nishikawa S, Era T, Nishikawa SI. Induction and monitoring of definitive and visceral endoderm differentiation of mouse ES cells. Nat Biotech. 23. 1542-50. 2005.
4) Yasunaga M, Matsumura Y. Role of SLC6A6 in promoting the survival and multidrug resistance of colorectal cancer. Sci Rep. 4, 4852.
5) Yasunaga M, Manabe S, Matsumura Y. Tumor stromal barrier and cancer stromal targeting therapy. Microvascular Reviews and Communications. 6, 2-8. 2013.
6) Yasunaga M,Furuta M, Ogata K, Koga Y, Yamamoto Y, Takigahira M,Matsumura Y. The significance of microscopic mass spectrometry with high resolution in the visualisation of drug distribution. Sci Rep. 3, 3050. 2013.
7)Yasunaga M, Manabe S, Tarin D, Matsumura Y. Cancer-stroma targeting therapy by cytotoxic immunoconjugate bound to the collagen 4 network in the tumor tissue. Bioconjug Chem. 22, 1776-83. 2011.
8) Yasunaga M, Manabe S, Matsumura Y. New concept of cytotoxic immunoconjugate therapy targeting cancer-induced fibrin clots. Cancer Sci. 102, 1396-402. 2011.
9) Yasunaga M, Manabe S, Tarin D, Matsumura Y. Tailored immunoconjugate therapy depending on a quantity of tumor stroma. Cancer Sci. 104, 231-7. 2013.
その他
日本分子イメージング学会理事(2015-2018)、日本DDS学会評議員(2011-)、日本癌学会評議員(2014-)、日本微小循環学会、分子ロボティクス研究会、情報計算化学生物学会、日本バイオイメージング学会、日本外科学会、日本消化器外科学会、日本胸部外科学会、日本癌治療学会、American Association for Cancer Research (AACR)、World Molecular Imaging Congress (WMIC)、The Antibody Society (MA, USA).
spacer
将来計画
分子イメージング、抗体、DDSテクノロジーを駆使して、多様性、化学療法抵抗性、転移などのがん領域の難題に取り組んでいきます。対難治性がん攻撃用の新しいタイプの完全武装化抗体の創出を目指します。ビッグデータ時代にふさわしいドライサイエンスとウエットサイエンスが融合した新しい研究スタイルを推進します。
研究活動と将来計画
研究活動と将来計画

教員からのメッセージ
研究は未知のものに対する探求です。予測できることもありますが、多くは予測できない答えを探さなければいけません。答えが見つかるまでは、失敗・落胆の連続でしょう。だからこそ、科学的発見の喜びは、とても素晴らしいものなのです。若い皆さんは、失敗を恐れずに新しいことに数多くチャレンジして下さい。そして、その喜びを実体験してみて下さい。
top