spacer


川合 眞紀 かわいまき/教授/基盤科学研究系
物質系専攻/新物質・界面科学講座/ヘテロ構造新機能物質学
http://www.surfchem.k.u-tokyo.ac.jp

略歴
1975年3月 東京大学理学部化学科卒業、1980年3月 東京大学大学院理学系研究科博士課程修了(理学博士)、1980年−1985年博士研究員を歴任(理化学研究所、日本学術振興会、大阪工業試験所(当時)、大阪ガス(株))1985年5月 理化学研究所研究員、1988年4月東京工業大学客員教授(寄附研究部門担当)1991年4月 理化学研究所主任研究員、埼玉大学大学院客員教授、東京理科大学客員教授、学習院大学客員教授を兼務、2004年3月 東京大学大学院新領域創成科学研究科教授、理化学研究所・川合表面化学研究室・主任研究員(兼務)
教育活動
大学院:表面科学
研究活動
 表面では,私たちが慣れ親しんだバルクの性質とは大きく異なる物性を多数見ることができます。私たちは,表面に形成される低次元ナノ構造の物性および,固体表面における化学反応に関して,局所プローブを用いた表面解析手法を駆使し研究を行っています。近年は特に,ナノメートル領域の新規機能発現に着目し,金属表面における単一分子の振動励起とそれに伴う化学反応,分子個々の伝導性,金属原子のナノワイヤーを作製しその物性を探索する研究などを走査トンネル顕微鏡や光電子分光法を用いて行っています。また固体表面に形成した氷表面などのソフトマテリアルに関する研究にも着目しています。
・固体表面における単一分子の化学反応 (文献4,5)
・固体表面に吸着した分子の電子伝導
・固体表面での分子の吸着と反応 (文献 2,3,7,8)
・低次元金属・ナノワイヤーの物性 (文献1)
・ソフトマテリアルの表面化学 (文献6)
[文献]
1) “Reversible control of hydrogenation of a single molecule.” S. Katano, Y. Kim, M. Hori, M. Trenary, and Maki Kawai, Science, 316 (2007) 1883.
2) “Competing Forward and Reversed Chain Reactions in One-Dimensional Molecular Line Growth on the Si(100)-(2×1)-H Surface.” Md. Zakir Hossain, H. S. Kato, and Maki Kawai, J. Am. Chem. Soc. 129 (2007) 3328.
3) “Hierarchical Chiral Framework Based on a Rigid Adamantane Tripod on Au(111).” S. Katano, Y. Kim, H. Matsubara, T. Kitagawa, and Maki Kawai, J. Am. Chem. Soc. 129 (2007) 2511.
4) “HREELS, STM, and LEED studies of the Si(100)-c(4×4) surface at 100 and 300 K: Formation of Si-C surface dimers.” Md. Zakir Hossain, Hiroyuki S. Kato, and Maki Kawai, Phys. Rev. B 73 (2006) 235347.
5) “Excitation of Molecular Vibrational Modes with Inelastic Scanning Tunneling Microscopy Processes: Examination through Action Spectra of cis-2-Butene on Pd(110).” Y. Sainoo, Y. Kim, T. Okawa, T. Komeda, H. Shigekawa, and Maki Kawai, Phys. Rev. Lett. 95 (2005) 246102.
6) “Confining Barriers for Surface State Electrons Tailored by Monatonic Fe Rows on Vicinal Au(111) Surfaces.” S. Shiraski, H. Fujisawa, M. Nantoh, and Maki Kawai, Phys. Rev. Lett. 92 (2004) 096102.
7) “Electronic structure of bases in DNA duplexes characterized by resonant photoemission spectroscopy near Fermi level.” Hiroyuki S. Kato, Masashi Furukawa, Maki Kawai, M. Taniguchi, T. Kawai T. Hatsui and N. Kosugi, Phys. Rev. Lett. 93 (2004) 086403.
8) “Single-molecule reaction and characterization by vibrational excitation.” Y. Kim, T. Komeda and Maki Kawai, Phys. Rev. Lett. 89 (2002) 126104.
9) “Lateral hopping of molecules induced by excitation of internal vibration mode.” T. Komeda, Y. Kim, Maki Kawai, B. N. J. Persson, and H. Ueba, Science, 295 (2002) 2055.
その他
所属学会:日本化学会、応用物理学会、日本物理学会、日本表面科学会、真空学会(理事)、American Vacuum Society, International Union for Vacuum Science, Technique, and Applications (Chair, Surface Science Division), 各種委員会:内閣官房知的財産戦略本部有識者本部員、同総合科学技術会議重点分野推進戦略専門調査会委員、日本学術会議工学共通基盤研究連絡委員会委員、同会議薄膜・界面物性委員会委員、文部科学省科学技術学術審議会委員、同省同審議会研究計画・評価分科会委員、同審議会科学研究費補助審査部会委員、同審議会ナノテクノロジー・材料委員会委員、(独)日本学術振興会科学研究費委員会専門委員、東京工業大学応用セラミックス研究所運営協議会委員、経済産業省産業技術総合研究所評価委員等
spacer
将来計画
物質系専攻では、直接ナノスケールでの現象を観測し、物質機能を制御することをめざしている。本研究室では走査トンネル顕微鏡等の各種の局所プローブ顕微鏡を用いて、一分子レベルの空間分解能で分子の機能(電子状態、振動状態、電子スピン状態)を解明する研究を推進する予定です。そのための装置開発研究も併せて推進し、新しい物質研究をめざします。
教員からのメッセージ
  化学式を描くように、ひとつひとつの分子をつまみ上げ、動かし、そして化学反応により別の分子に変換すること。化学者が長年抱いていた夢が現実となりました。科学は、我々の予想を越える勢いで進歩します。その進歩を支えているのが、化学者の夢です。夢を叶えるには、しっかりとした科学の基礎、技術開発の絶えまぬ努力等、小さい発見の積み重ねと大きな夢を信じて進む勇気が必要でしょう。小さな発見も楽しいものです。
top