spacer


伊藤 耕一 いとう こういち/教授/生命科学研究系
メディカル情報生命専攻/システム医科学大講座/タンパク質合成制御の分子機構

略歴
1988年3月東京大学理学部生物化学科卒業
1993年3月東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻博士課程修了(博士(理学))
1993年4月日本学術振興会特別研究員
1994年6月東京大学医科学研究所 助手
2003年7月東京大学医科学研究所/基礎医科学部門/遺伝子動態分野 助教授 (2007年より、准教授)
2011年2月東京大学大学院新領域創成科学研究科/メディカルゲノム専攻 准教授
2012年6月東京大学大学院新領域創成科学研究科/メディカルゲノム専攻 教授
教育活動
大学院:RNA医科学(メディカルゲノム専攻), 生化生体高分子学II(理・生物化学専攻)
学部 :生化細胞分子生物学II (理・生物化学)
など
研究活動
転写終結制御機構の研究(1988〜1994)
翻訳終結制御機構の研究(1990〜現在)
など。
[文献]
1)Ito, K., Nakamura, Y.: Genetic interaction between β' subunit of RNA polymerase and arginine-rich domain of E. coli nusA protein. J. Bacteriol., 173:1492-1501 (1991)
2) Ito, K., Oshima, T., Kabayama, H., Nakamura, Y.: Regulation of lysyl-tRNA synthetase expression by histone-like protein H-NS of Escherichia coli. J. Bacteriol., 176:7383-7386 (1994)
3) Ito, K., Ebihara, K., Uno, M., Nakamura, Y.: Conserved motifs of prokaryotic and eukaryotic polypeptide release factors: tRNA-protein mimicry hypothesis. Proc. Natl. Acad. Sci. USA,, 93:5543-5448 (1996)
4) Ito, K., Uno, M., Nakamura, Y.: Single amino acid substitution in prokaryote polypeptide release factor 2 permits it to terminate translation at all three stop codons. Proc Natl Acad Sci USA. 95: 8165-8169 (1998)
5) Ito, K., Uno, M., Nakamura, Y.: A tripeptide 'anticodon' deciphers stop codons in messenger RNA. Nature 403: 680-684 (2000)
6) Nakamura, Y., Ito, K.: A tripeptide discriminator for stop codon recognition. FEBS Lett. 514: 30-33 (2002)
7) Nakamura, Y., Ito, K.: Making sense of mimic in translation termination. Trends Biochem. Sci. 28: 99-105 (2003)

8) Watanabe, Y., Nakamura, Y., Ito, K.: A novel class of bacterial translation factor RF3 mutations suggests specific structural domains for premature peptidyl-tRNA drop-off. FEBS Lett., 584 790-794 (2010)
9) Saito K, Kobayashi K, Wada M, Kikuno I, Takusagawa A, Mochizuki M, Uchiumi T, Ishitani R, Nureki O and Ito K: An omnipotent role of archaeal EF1α in translational elongation and termination, and quality control of protein synthesis. Proc Natl Acad Sci USA, 107: 17575-17579 (2010)
10) Nakamura Y, Ito K: Advanced Review: tRNA mimicry in translation termination and beyond.WIREs (Wiley Interdisciplinary Reviews) RNA, (30 MAR 2011) DOI: 10.1002/wrna.81

その他
分子生物学会、生化学会 等。
spacer
将来計画
最先端の研究ツールがそろっている大腸菌や酵母の分子遺伝学解析により、タンパク質合成やリボソームの機能構造を始めとした高次な機能制御システムの系統解析を行うことを計画しています。
教員からのメッセージ
現代の生命科学は多様で複雑な知識体系からなり、その研究手法や研究者としての研鑽の道もさまざまですが、単細胞生物である大腸菌や酵母の分子遺伝学手法を温故知新の精神で駆使することで見えてくる新しい生命概念の新領域がまだまだあると信じています。
top