spacer


内藤 健 ないとう けん/客員准教授/生命系
先端生命科学専攻/応用生物資源学講座/Vigna属遺伝資源の探索・保存・評価と有用遺伝子の同定
http://www.nias.affrc.go.jp/org/GR/Biodiversity/

略歴
2001年3月京都大学生物生産科学科卒業
2003年3月京都大学大学院農学研究科修士課程修了(農学修士)
2007年3月京都大学大学院農学研究科博士課程終了(農学博士)
2007年8月〜2010年3月米国ジョージア大学博士研究員
2010年4月〜2015年3月独立行政法人農業生物資源研究所任期付研究員
2011年12月〜2017年3月JSTさきがけ研究員(兼任)
2015年4月国立研究開発法人農業生物資源研究所主任研究員
2015年4月東京大学大学院先端生命科学研究科客員准教授
教育活動
大学院:先端生命科学概論・
研究活動
放射線が誘発する染色体変異(2002〜2004)
 放射線によって生じる欠失の大きさが、従来考えられていたよりも遥かに大きいことを発見した(文献12)。

イネ転移因子の爆発的増殖(2005〜2010)
 イネ品種銀坊主の特定の系統において、内生の転移因子mPingが爆発的に増殖していることを発見し(文献11)、その転移因子をマーカーとして利用できることを示した(文献10)。さらに、転移因子の挿入パターンを全ゲノムレベルで示し、転移因子の増殖がもたらす宿主への負担は予想外に小さいことを示した(文献9)。

Vigna属遺伝資源に関する研究(2011〜)
 Vigna属とはアズキのなかまであるが、野生種には砂浜や石灰岩カルストなど極端な環境に適応したものが多数存在するため、有用遺伝子の宝庫であると考えられる。これら野生種を用い、全ゲノム解読や遺伝解析等を通じてストレス耐性を支配する遺伝子の単離を進めている(文献1〜8)。
[文献]
1) Wang, Kikuchi, Muto, Naito, Isemura, Ishimoto, Cheng, Kaga,Tomooka: Reciprocal translocation identified in Vigna angularis dominates the wild population in East Japan. Journal of plant research, in press(2015)
2) Yoshida, Marubodee, Ogiso-Tanaka, Iseki, Isemura, Takahashi, Muto, Naito, Kaga, Okuno, Ehara, Tomooka: Salt tolerance in wild relatives of adzuki bean, Vigna angularis (Willd.) Ohwi et Ohashi. Genetic Resources and Crop Evolution, in press (2015)
3) Sakai, Naito, Ogiso-Tanaka, Takahashi, Iseki, Muto, Satou, Teruya, Shiroma, Shimoji, Hirano, Itoh, Kaga, Tomooka: The power of single molecule real-time sequencing technology in the de novo assembly of a eukaryotic genome. Scientific Reports. in press (2015)
4) Marubodee, Ogiso-Tanaka, Isemura, Chankaew, Kaga, Naito, Ehara, Tomooka: Construction of an SSR and RAD-Marker Based Molecular Linkage Map of Vigna vexillata (L.) A. Rich. PloS one, 10e0138942 (2015)
5) Chankaew, Isemura, Naito, Ogiso-Tanaka, Tomooka, Somta, Kaga, Vaughan, Srinives: QTL mapping for salt tolerance and domestication-related traits in Vigna marina subsp. oblonga, a halophytic species. Theoretical and Applied Genetics, 127691-702 (2014)
6) Tomooka, Isemura, Naito, Kaga, Vaughan: Vigna Species. Broadening the Genetic Base of Grain Legumes. pp175-208 (2014)
7) Tomooka, Naito, Kaga, Sakai, Hiroaki; Isemura, Ogiso-Tanaka, Iseki, Takahashi: Evolution, domestication and neo-domestication of the genus Vigna. Plant Genetic Resources, 12, S168-S171 (2014)
8) Naito, Kaga, Tomooka, Kawase: De novo assembly of the complete organelle genome sequences of azuki bean (Vigna angularis) using next-generation sequencers. Breeding Science, 63, 176-184 (2013)
9) Naito, Zhang, Tsukiyama, Saito, Hancock, Richardson, Okumoto, Tanisaka, Wessler: Unexpected consequences of a sudden and massive transposon amplification on rice gene expression. Nature, 461, 1130-1134 (2009)
10) Monden, Naito, Okumoto, Saito, Oki, Tsukiyama, Ideta, Nakazaki, Wessler, Tanisaka: High potential of a transposon mPing as a marker system in japonica-japonica cross in rice. DNA Research 16, 131-140 (2009)
11) Naito, Cho, Yang, Campbell, Yano, Okumoto, Tanisaka, Wessler: Dramatic amplification of a rice transposable element during recent domestication. Proceedings of the National Academy of Sciences, 103, 17620-17625 (2006)
12) Naito, Kusaba, Shikazono, Takano, Tanaka, Tanisaka, Nishimura: Transmissible and nontransmissible mutations induced by irradiating Arabidopsis thaliana pollen with γ-rays and carbon ions. Genetics, 169, 881-889 (2005)
その他
spacer
将来計画
Vigna遺伝資源の特徴を活かし、現在農作物の栽培が困難な地域でも栽培可能な作物を開発することです。
教員からのメッセージ
誰もが大切だと思っていることを敢えて外して行動する、ということが出来ると人生色々と得をします。でも、流れに逆らうというのとは違いますよ。
top