spacer


奈良 一秀 なら かずひで/教授/環境学研究系
自然環境学専攻/自然環境評価学分野/森林生態学、微生物生態学、生物系統進化学、保全生物学
http://www.edu.k.u-tokyo.ac.jp/nara_lab/

略歴
1991年3月東京大学農学部林学科卒業
1993年3月東京大学大学院農学系研究科林学専攻修士課程修了
1993年4月農林水産省森林総合研究所研究員
1994年10月東京大学農学部附属演習林助手
1995年8月東京大学アジア生物資源環境研究センタ−助手
2007年4月東京大学アジア生物資源環境研究センタ−助教
2011年1月東京大学大学院新領域創成科学研究科准教授
2016年4月東京大学大学院新領域創成科学研究科教授 現在に至る
教育活動
大学院:森林共生生物学、生物環境論・、生物環境学演習・、生物環境学演習・、生物環境学実験・、生物環境学実験・、森林生態学野外実習・、森林生態学野外実習・、生物環境学特別演習・、生物環境学特別演習・、生物環境学特別演習・、生物環境学特別実験・、生物環境学特別実験・、生物環境学特別実験・、生物環境学特別実習・、生物環境学特別実習・、生物環境学特別実習・
学部:全学体験ゼミ
研究活動
 植物は養分吸収の大部分を菌根菌という共生微生物に依存しているため、菌根菌のいない環境ではほとんど成長しない。これまでの研究では、菌根菌による樹木の成長促進機構や菌根共生系における養分の経時的移動などの実験室に置けるモデル実験のほか、国内外の数多くの森林生態系において菌根菌群集を調べ、菌根菌群集に及ぼす生物・環境要因の影響を明らかにするとともに、菌根菌の多様性分布とその決定要因についても調べている。また、中国や東南アジア地域に広がる荒廃地を効率的に修復できる技術開発を目指し、菌根菌の利用について検討している。
 その他、日本にも少なくとも20種のトリュフが存在し、その多くは新種であることを明らかにした。また、ショウロ属菌とマツ科樹木の共進化、地下生菌の系統地理、根圏バクテリアの群集構造と機能などについても研究を行っている。
[文献]
[主要論文]
1) Kinoshita, A., Sasaki, H., Nara, K. Phylogeny and diversity of Japanese truffles (Tuber spp.) inferred from sequences of four nuclear loci. Mycologia in press.
2) Tedersoo, L., Nara, K. (2010) General latitudinal gradient of biodiversity is reversed in ectomycorrhizal fungi. New Phytologist 185: 351-354
3) Ishida, T.A., Nara, K., Ma, S., Takano, T., Liu, S. (2009) Ectomycorrhizal fungal community in alkaline-saline soil in northeastern China. Mycorrhiza 19: 329-335
4) Tanaka, M., Nara, K. (2009) Phylogenetic diversity of non-nodulating Rhizobium associated with pine ectomycorrhizae. FEMS Microbiology Ecology 69: 329-343.
5) Nara, K. (2009) Spores of ectomycorrhizal fungi: ecological strategies for germination and dormancy. New Phytologist 181: 245-248
6) Ishida, T.A., Nara, K., Tanaka, M., Kinoshita, A., Hogetsu, T. (2008) Germination and infectivity of ectomycorrhizal fungal spores in relation to ecological traits during primary succession. New Phytologist 180: 491-500
7) He, X.H. Nara, K. (2007) Element biofortification: can mycorrhizas potentially offer a more effective and sustainable pathway to curb human malnutrition? Trends in Plant Science 12: 331-333
8) Ishida, T. A., Nara, K., Hogetsu, T. (2007) Host effects on ectomycorrhizal fungal communities: insight from eight host species in mixed conifer-broadleaf forests. New Phytologist 174: 430-440
9) Lian, C., Narimatsu, M., Nara, K., Hogetsu, T. (2006) Reproduction patterns of Tricholoma matsutake in a natural Pinus densiflora forest: correspondence between above- and below-ground genets, association to multiple host trees, and alteration of existing ectomycorrhizal communities. New Phytologist 171: 825-836
10) Nara, K. (2006) Pioneer dwarf willow may facilitate tree succession by providing late colonizers with compatible ectomycorrhizal fungi in a primary successional volcanic desert. New Phytologist 171: 187-198
11) Nara, K. (2006) Ectomycorrhizal networks and seedling establishment during early primary succession. New Phytologist 169: 169-178
12) Wu, B., Nara, K. and Hogetsu, T. (2005) Genetic structure of Cenococcum geophilum populations in primary successional volcanic deserts on Mount Fuji as revealed by microsatellite markers. New Phytologist 165: 285-293
13) Nara, K., Hogetsu, T. (2004) Ectomycorrhizal fungi on established shrubs facilitate subsequent seedling establishment of successional plant species. Ecology 85: 1700-1707
14) Nara, K., Nakaya, H., Wu, B., Zhou, Z., Hogetsu, T. (2003) Underground primary succession of ectomycorrhizal fungi in a volcanic desert on Mount Fuji. New Phytologist 159: 743-756
15) Zhou, Z., Miwa, M., Nara, K., Wu, B., Nakaya, H., Lian, C., Miyashita, N., Oishi, R., Maruta, E., Hogetsu, T. (2003) Patch establishment and development of a clonal plant, Polygonum cuspidatum, on Mount Fuji. Molecular Ecology 12: 1361-1373
16) Nara, K., Nakaya, H., Hogetsu, T. (2003) Ectomycorrhizal sporocarp succession and production during early primary succession on Mount Fuji. New Phytologist 158:193-206
17) Lian C., Oishi R., Miyashita N., Nara K., Nakaya H., Zhou Z., Wu B., Hogetsu T. (2003) Genetic structure and reproduction dynamics of Salix reinii during primary succession on Mount Fuji, as revealed by nuclear and chloroplast microsatellite analysis. Molecular Ecology 12: 609-618
18) Wu B., Nara K., Hogetsu T. (2001) Can 14C-labeled photosynthetic products move between Pinus densiflora seedlings linked by ectomycorrhizal mycelia? New Phytologist 149:137-146

[主要な総説・著書]
1)奈良一秀 (2010) 知られざるトリュフの世界 (翻訳・解説記事). 日経サイエンス2010年7月号 pp. 94-102
2)Nara, K. (2008) Community development patterns and ecological functions of ectomycorrhizal fungi: implication from primary succession. In Mycorrhiza (3rd edition), Ajit Varma ed. Springer, Germany, pp. 581-599
3)奈良一秀(2008)菌根菌による植生遷移促進機構. In: 攪乱と遷移の自然史. 重定・露崎 編. 北海道大学出版会. pp. 95-111
4)奈良一秀 (1998) ブナ林の共生菌とその役割。金子繁・佐橋憲生 編;ブナ林をはぐくむ菌類 文一総合出版  pp.79-149
その他
日本森林学会、日本菌学会、日本生態学会、日本森林立地学会、菌根研究会、植物微生物研究会、Ecological Society of America, Mycological Society of America、各会員。
spacer
将来計画
生態系は様々な生物が複雑に絡み合った世界であり、個々の生物の持つ働きが生態系全体に影響を及ぼす。私の研究室では、陸上生態系の植物や動物から微生物にいたるまで、あらゆる生物を対象にして、その生態、多様性、共生、系統進化、機能などを多様なアプローチで研究していきたい。中国や東南アジアなどでは環境破壊が深刻化し、生態系の修復が危急の現実問題である。科学的な研究に基づき、生物のユニークな機能を利用した環境修復技術についても積極的に取り組んでいきたい。
教員からのメッセージ
研究を楽しむべし。
top