spacer


石井源一郎  いしい げんいちろう/ 客員教授 /生命科学研究系
先端生命学専攻 /がん先端生命科学講座 / がんの微小環境を模倣する動物/試験管モデルの作製・がん関連線維芽細胞の生物像解明・薬剤感受性に影響を与える内因性因子と外因性因子
http://www.ncc.go.jp/jp/ncce/rcio/research/clip/gishii.html

略歴

1990年3月金沢大学医学部卒業
1994年千葉大学大学院医学研究科博士課程修了
1994年千葉大学医学部病理学第一講座助手
2000年同講師
2001年国立がんセンター研究所支所臨床腫瘍病理部病理形態研究室長
2005年国立がんセンター東病院臨床開発センター臨床腫瘍病理部病理形態研究室長
2012年現職

教育活動

大学院:東京医科歯科大学医歯学総合研究科NCC腫瘍医学

研究活動
1)がんの微小環境を模倣する動物/試験管モデルの作製(refs.1-3,5,6)
2)がん関連線維芽細胞の生物像解明(refs.1-4,6)
3)薬剤感受性に影響を与える内因性因子と外因性因子の解明(ref.7;総説)


[文献]

1) Ishii G., Sangai T., Oda T., Aoyagi Y., Hasebe T., Kanomata N., Endoh Y., Okumura C., Okuhara Y., Magae J., Emura M., Ochiya T.,and Ochiai A. Bone-marrow-derived myofibroblasts contribute to the cancer-induced stromal reaction. Biochem Biophys Res. Commun. 309(1):232-40.2003.
2)Ishii G., Sangai T., Sugiyama K., Ito T., Hasebe T., Endoh Y., Magae J.,and Ochiai A. In vivo immunophenotype of bone-marrow-derived fibroblasts recruited into fibrotic lesions. Stem cells. 23(5):699-706.2005.
3) Ishii G., Ito TK., Aoyagi K., Fujimoto H., Chiba H., Hasebe T., Fujii S., Nagai K., Sasaki H.,and Ochiai A. Presence of human circulating progenitor cells for cancer stromal fibroblasts in the blood of lung cancer patients. Stem cells. 25(6):1469-77.2007.
4) Ishii G., Hashimoto H., Asada K., Ito T., Hoshino A., Fujii S., Kojima M., Kuwata T., Harigaya K., Nagai K., Ushijima T.,and Ochiai A. Fibroblasts associated with cancer cells keep enhanced migration activity after separation from cancer cells;A novel character of tumor educated fibroblasts. Int.J.Oncol. 37(2):317-25.2010.
5) Ishii G., Atsumi N., Hoshino A.,and Ochiai A. Morphophenotype of floating colonies derived from a single cancer cell has a critical impact on tumor-forming activity. Pathol Int. 63(1):29-36.2013.
6) Neri S., Hashimoto H., Kii H., Watanabe H., Masutomi K., Kuwata T., Date H., Tsuboi M., Goto K., Ochiai A.,and Ishii G. Cancer cell invasion driven by extracellular matrix remodeling is dependent on the properties of cancer-associated fibroblasts. J Cancer Res Clin Oncol. [Epub ahead of print]2015.
7) Ishii G., Ochiai A.,and Neri S. Phenotypic and functional heterogeneity of cancer-associated fibroblast within the tumor microenvironment. Advanced Drug Delivery Review [Epub ahead of print]2015.
その他

日本癌学会評議員、日本病理学会評議員、日本肺癌学会評議員
Editorial Board Member(Pathology International,The Scientific World JOURNAL, BioMed Research International, Journal of Stem Cells Research,Reviews & Reports), Associated Editor(Cancer Science),
spacer
将来計画

がんは、がん細胞のみから構成されているわけではありません。がん細胞の周囲には、多数の非がん細胞が存在しています。中でも線維芽細胞は、1)組織間隙を充填する細胞として、あるいは、2)がん細胞に直接影響を与える細胞として、機能しています。近年の研究から、線維芽細胞は機能的・形質的にも不均一な細胞集団であることが認知されてきました。そして、がん細胞もまた、不均一な細胞集団です。こうした不均一ながん細胞と線維芽細胞とが形成する微小環境モデルを、蛍光タンパク、time lapse imagingなどの技術を駆使して作製しています。近年は特に、単細胞レベル(がん細胞、線維芽細胞)での生物像解析を上記モデルを用いて行い、がんの進展機構、薬剤感受性機構の解明に取り組んでいます。

研究活動と将来計画
研究活動と将来計画


教員からのメッセージ
当研究室の特徴は、ヒトがん組織を直接観察できることです。過去の報告に頼った思考ではなく、実物の観察結果に基づいた思考回路が重要です。研究の過程でしばしば予想とは異なる結果を得ることがありますが、自分の目で見たことを信じてください。
top