spacer


佐藤 均 さとう ひとし/准教授/生命科学研究系
メディカル情報生命専攻/システム医療科学講座/分子細胞遺伝学
http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/ltcb-mgs

略歴
1978年3月:弘前大学理学部生物学科卒業
1981年3月:北海道大学大学院理学研究科動物学専攻修士課程修了
1986年3月:北海道大学大学院理学研究科動物学専攻博士課程修了(理学博士)
1986年4月〜1987年9月:日本学術振興会特別研究員
1987年10月〜1990年9月:米国国立環境保健科学研究所・分子発癌部門 Visiting Fellow
1990年10月〜2002年3月:東京大学医科学研究所病理学研究部助手
2002年4月〜2004年3月:東京大学医科学研究所人癌病因遺伝子分野助手
2004年4月〜:東京大学大学院新領域創成科学研究科メディカルゲノム専攻助教授、2007年4月准教授、現在に至る
教育活動
大学院:CBMS基礎講義 III、CBMS基礎演習 II、CBMS基礎演習 III

文京学院大学(非常勤講師): 遺伝子検査学(輪講) 

研究活動
細胞遺伝学的手法を基盤として、ゲノム染色体進化の過程を明らかにするとともに、ヒト染色体異常のメカニズムと疾患との関連性を明らかにしたい。

(1) 微小核細胞融合法を用いたがん抑制遺伝子スクリーニングにより移入したヒト染色体の造腫瘍性抑制効果を明らかにした(文献1)。のちに、11q23.2領域から肺非小細胞癌を抑制する遺伝子としてTSLC1が単離された。(村上ら、Nature Genet., 2001)
(2) ヒトあるいはマウス、ラット、チャイニーズハムスター、シリアンハムスター、ネコなど実験動物を対象にして80以上の遺伝子を染色体上にマッピングし、遺伝子の連関性(synteny)が異種間ゲノムにおいて保存されていることを証明してきた(文献4)。
(3)ネコはリンパ腫、白血病が多くヒトの疾患モデル動物としてその解析が望まれていたがヒトのような染色体命名規約が整っておらず、1997年に提唱した nomenclature(文献2)をもとにして部位特異的遺伝子マッピングを展開してきた。さらに、ネコ白血病ウイルスFeLVの染色体上の組み込み部位についてFISH法とSouthern法によって同定した(共同研究、文献5)。
(4)血液系腫瘍においては、ポジショナルクローニングによる特異的染色体転座の分子生物学的解析が進展したが、腫瘍発生機構が未だ明らかにされていない腫瘍も多い。個々の症例(悪性リンパ腫)毎に、細胞遺伝学的手法(FISH法、CGH法)を用いたゲノム染色体全体の構造異常解析を基礎にして、多段階にわたる疾患に関与する病因遺伝子異常を明らかにし、関連する遺伝子の機能解析を進め、分子病態の解明に迫りたい(文献3)。
[文献]
1) Satoh, H., Lamb, P.W., Dong, J.T., Everitt, J., Boreiko, C., Oshimura, M. and Barrett, J.C.: Suppression of tumorigenicity of A549 lung adenocarcinoma cells by human chromosomes 3 and 11 introduced via microcell-mediated chromosome transfer. Mol. Carcinogenesis 7: 157-164 (1993).
2) Cho, K.W., Youn, H.Y., Watari, T., Tsujimoto, H., Hasegawa, A. and  Satoh, H.: A proposed nomenclature of the domestic cat karyotype.   Cytogenet. Cell Genet. 79: 71-78 (1997).
3) Tanaka, R., Satoh, H., Moriyama, M., Satoh, K., Morishita, Y., Yoshida,  S., Watanabe, T., Nakamura, Y. and Mori, S.: Intronic U50 small nucleolar RNA(snoRNA) host gene of no protein-coding potential is mapped at the chromosome breakpoint t(3;6)(q27;q15) of human B-cell lymphoma. Genes to Cells 5:277-287 (2000).
4) Satoh, H., Fujiwara, M., Fukami, T., Fukuhara, H. and Murakami, Y.:  Comparative assignments of the TSLC1 and TSLC1-like tumor suppressor  genes, TSLL1 and TSLL2, to rat chromosomes by fluorescence in situ  hybridization. Bull. Nippon Vet. Anim. Sci. Univ. 52: 24-28 (2003).
5) Fujino, Y., Satoh, H., Hisasue, M., Masuda, K., Ohno, K. and Tsujimoto,  H. : Detection of the integrated feline leukemia viruses in a cat lymphoid tumor cell line by fluorescence in situ hybridization. J. Hered. 94: 251-255 (2003).
6) Zhang, X., Soda, Y., Takahashi, K., Bai, Y., Mitsuru, A., Igura, K., Satoh, H., Yamagchi, S., Tani, K., Tojo, A. and Takahashi, T.: Successful immortalization of mesenchymal progenitor cells derived from human placenta and the differentiation abilities of immortalized cells. Biochem. Biophy. Res. Commun. 351: 853-859 (2006).
7) Tanaka-Fujita, R., Soeno, Y., Satoh, H., Nakamura, Y. and Mori, S.: Human and mouse protein-noncoding snoRNA host genes with dissimilar nucleotide sequences show chromosomal synteny. RNA 13: 811-816 (2007).
8) Yokomi, I., Tanaka, M., Kobayashi, S., Takahashi, T., Sudo, K. and Satoh, H.: Trisomy of rat chromosome 1 in haematopoietic cell lineages may cause an early-onset of paraplegia. Bull. Nippon Vet. Life Sci. Univ. 59: 51-57 (2010).
9) Ogiwara, H., Ui, A., Otsuka, A., Satoh, H., Yokomi, I., Nakajima, S., Yasui, A., Yokota, J. and Kohno, T.: Histone acetylation by CBP and p300 at double-strand break sites facilitates SWI/SNF chromatin remodeling and the recruitment of non-homologous end joining factors. Oncogene 30: 2135-2146 (2011).
10) Yokomi, I., Ogiwara, H., Kohno, T., Yokota, J. and Satoh, H.: Two color fluorescence in situ hybridization analysis of the transfected plasmid DNA in human lung cancer cell line, H1299. Cytologia 78: 121-122 (2013).


SKY法によるHMS24株染色体転座の解析
SKY法によるHMS24株染色体転座の解析

その他
所属学会:一般財団法人染色体学会(常務理事・事務局長)
spacer
将来計画
霊長類を初めとしたほ乳類や実験動物の染色体進化やゲノム構造進化の研究、ヒト疾患原因遺伝子の同定とその病態解析を目標としている。細胞レベルで起こっている個々の事象については、遺伝子発現に伴うタンパク質の核内局在や細胞内動態の可視化による解析、特定の遺伝子発現に注目した複製タイミングや染色体リモデリング機構の解析、染色体テロメア構造の維持や変化の解析をとおしてポストゲノム時代の染色体に関連した多様な問題を追求したい。
教員からのメッセージ
自分が興味を持ったり疑問に感じた自然事象をまずなるべく正確に把握し(これはかなり難しいと思います)、「なぜ?」をとことん突きつめるために常に考え続けること(もっと難しい?)を、楽しいと感じられるようになれたら、生命科学研究者として第一歩でしょうか。
top