spacer


佐藤 弘泰 さとう ひろやす/准教授/環境学系
社会文化環境学専攻/循環環境学講座/下水処理技術とそれに関連する微生物生態学
http://www.mwm.k.u-tokyo.ac.jp/

略歴
1989年3月 東京大学工学部都市工学科卒業
1991年3月 東京大学工学系研究科都市工学専攻修士課程修了
1993年3月 同博士課程中退
1993年4月 東京大学工学部都市工学科助手
1996年3月 博士(工)取得(東京大学大学院工学系研究科)
1997年4月 東京大学工学系研究科講師(都市工学専攻)
1998年5月 東京大学工学系研究科助教授(都市工学専攻)
1999年4月 東京大学大学院新領域創成科学研究科助教授(環境学専攻)
2006年4月 東京大学大学院新領域創成科学研究科助教授(社会文化環境学専攻)
2007年4月 東京大学大学院新領域創成科学研究科准教授(社会文化環境学専攻)
2002年3月より2004年4月までJICA専門家としてアジア工科大学院(タイ)に赴任。

教育活動
大学院:循環型水処理学、地域水環境演習
工学部都市工学科:応用水理学
研究活動
 下水の処理は現代社会を維持する上で欠くことができません。しかし、下水処理場で起きている現象についてはよくわかっていないことがたくさんあります。有用な微生物、あるいは処理を阻害するような微生物もいますが、それらがどのようにして活性汚泥の中で互いに共存しているのか、また、どのようにすれば有用な微生物の力をより確実に引き出すことができるのか、よくわかっていません。また、それ以前に、どのような微生物が下水処理場に存在するのかも、十分にわかっていません。そうした状況にあって、科学の対象としても下水処理場は非常に興味深いものです。そこで、次のような研究を行っています。(1)下水処理場の微生物群集構造を解明するための種々の基礎技術の検討・開発、(2)下水処理微生物生態系における化学物質やバクテリオファージを介した微生物間相互作用メカニズムに関する検討、そして、栄養塩除去に関連する研究として、(3)下水処理においてリンの除去を担うポリリン酸蓄積細菌や、ポリリン酸蓄積細菌と競合しリン除去を悪化させる原因となるグリコーゲン蓄積細菌の、競合関係の解明。
[文献]
1) Ichihashi, O., Satoh, H., Mino, T. (2006). Effect of soluble microbial products on microbial metabolisms related to nutrient removal. Wat Res, 40, 1627-1633.
2) Michinaka, T., Arou, J., Onuki, M., Satoh, H., Mino, T.(2006) Analysis of polyhydroxyalkanoate (PHA) synthase gene in activated sludge that produces PHA containing 3-hydroxy-2-methylvalerate. Biotechnol Bioeng. (printing)
3) Otawa, K., Lee, S.H., Yamazoe, A., Onuki, M., Satoh, H., Mino, T. (2006) Abundance, Diversity, and Dynamics of Viruses on Microorganisms in Activated Sludge Processes. Microb Ecol (printing)
4) Lee, S.H., Onuki, M., Satoh, H., and Mino, T. (2006) Isolation, characterization of bacteriophages specific to Microlunatus phosphovorus and their application for the rapid host detection. Lett Appl Microbiol, 42, 259-264.
その他
土木学会、日本水環境学会、微生物生態学会、International Water Association、日本下水道協会
spacer
将来計画
 下水処理場の微生物生態系に関する研究を深めていくのと平行して、下水道に関してもっと違う方向からも取り組んでみたいと考えています。日本では下水道や下水処理場のような社会基盤の建設が急速に進められてきました。しかし、導入が急速であったために、設計にきめ細かさが不足するようなところもあったのではないかと思います。地域の特性をこれまで以上に活かして、経済性の高いシステム、あるいは地震や洪水など自然災害に対して強いシステムに、徐々に変化させていかなければいけないのではないかと考えています。そうした研究にも着手していきたいと考えています。

教員からのメッセージ
 大きな問題に取り組むにあたり、正面からがっぷりよつで取り組むことも大事だと思いますが、一歩離れて遠くから状況を観察分析することもまた大切なことだと思います。
top