spacer


山本 博資 やまもと ひろすけ/教授/基盤科学研究系
複雑理工学専攻/複雑システム講座/情報理論,暗号理論
http://hirosuke.it.k.u-tokyo.ac.jp/HY-home-J.html

略歴
1975年3月静岡大学工学部電気工学科卒業
1977年3月東京大学大学院工学系研究科電気工学修士課程修了
1980年3月東京大学大学院工学系研究科電気工学博士課程修了(工学博士 )
1980年4月徳島大学工学部助手,1981年11月講師, 1983年8月助教授
1987年4月電気通信大学電気通信学部助教授
1989年3月〜1990年7月米国スタンフォード大学客員研究員
1993年4月東京大学工学部助教授
1999年3月東京大学大学院工学系研究科教授
2001年4月東京大学大学院情報理工学系研究科教授
2004年3月 より現職
教育活動
大学院:情報符号化理論I, 情報符号化理論II
工学部計数工学科:情報理論
研究活動
情報理論全般(シャノン理論,データ圧縮アルゴリズム,誤り訂正符号,暗号/情報セキュリティ符号化など)に関して以下のような研究を行っている.

ひずみを許すデータ圧縮の符号化効率と歪みの大きさの理論限界を与えるレートひずみ理論において,多端子通信システム(文献9, 13)や情報セキュリティシステム(文献8, 11, 12)などに対して,新しい符号化問題の発見とその符号化定理の証明を世界に先駆けて行っている.また,無ひずみデータ圧縮に関しても,Move-to-Front法の理論解析(文献3),定常性やエルゴード性を仮定しない一般情報源に対して情報スペクトル理論的な符号の性能解析(文献4),競合的最適符号の導出とその特性解析(文献6, 10),整数のユニバーサル符号において効率限界に近い性能を達成できる符号の提案(文献7)など,数多くの成果を出している.誤り訂正符号化に関しては,再送要求を伴うヴィタビ復号法の提案(文献14)や,誤り訂正符号として高性能な低密度パリティ検査(LDPC)符号の有ひずみ圧縮への応用(文献45)などを行っている.暗号/情報セキュリティ符号化に関しては,シャノン理論的な研究(文献8,11,12)に加えて,秘密分散法に関してランプ型秘密分散法の提案とその一般アクセス構造への拡張(文献2)や量子秘密分散法(文献3),視覚復号型秘密分散法の構成法など,数多くの成果を出している.
[文献]
1) 岡本龍明,山本博資,"現代暗号", 産業図書,1997.
2) M.Iwamoto, H.Yamamoto, and H. Ogawa, "Optimal multiple assignments based on integer programming in secret sharing with general access structures," IEICE Trans. on Fundamentals, vol.E90-A, no.1, pp.101-112, Jan. 2007
3) M.Iwamoto and H.Yamamoto, "Strongly Secure Ramp Secret Sharing Schemes for General Access Structures," Information Processing Letters, vol.97, issue 2, pp.52-57, Jan. 2006
4)T.Ogawa, A.Sasaki, M.Iwamoto, H.Yamamoto, "Quantum Secret Sharing Schemes and Reversibility of Quantum Operations", Physical Review A, vol.72, no.3, pp.032318-1-7, Sept. 2005
5) M. Arimura and H.Yamamoto, ""Asymptotic redundancy of the MTF scheme for stationary ergodic sources," IEEE Trans. on Inform. Theory, vol.51, no.11, pp.3742-3752, Nov. 2005.
6) H.Koga and H.Yamamoto, "Asymptotic properties on the codeword lengths of optimal FV codes for general sources", IEEE Trans. on Inform. Theory, vol.51, no.4, pp.1546-1555, April 2005.
7)Y.Matsunaga and H.Yamamoto, "A coding theorem for lossy data compression by LDPC codes," IEEE Trans. on Inform. Theory, vol.49, no.9, pp.2225-2229, Sep. 2003.
8) H.Yamamoto and H.Yokoo, "Average-sense optimality and competitive optimality for almost instantaneous VF codes," IEEE Trans. on Inform. Theory, vol.47, no.6, pp.2174-2184, Sep. 2001.
9)H.Yamamoto, "A new recursive universal code of the positive integers", IEEE Trans. on Inform. Theory, vol.46, no.2, pp.717-723, March 2000.
10)H.Yamamoto, "Rate-distortion theory for the Shannon cipher system", IEEE Trans. on Inform. Theory, vol.43, no.3, pp.827-835, May 1997.
11)H.Yamamoto, "Source coding theory for a triangular communication system", IEEE Trans. on Inform. Theory, vol.42, no.3. pp.848-853, May 1996.
10)H.Yamamoto and T.Itoh, "Competitive optimality of source codes", IEEE Trans. on Inform. Theory, vol.41, no.6, pp.2015-2019, Nov. 1995.
12) H.Yamamoto, "Coding theorems for Shannon's cipher system with correlated source outputs, and common informations", IEEE Trans. on Infom. Theory, vol.40, no.1, pp.85-95, Jan. 1994.
13) H.Yamamoto, "Coding theorem for secret sharing communication systems with two noisy channels", IEEE Trans. on Inform. Theory, vol.35, no.3, pp.572-578, May 1989
14)H.Yamamoto, "Source coding theory for cascade and branching communication systems", IEEE Trans. on Inform. Theory, vol.IT-27, no.3, pp.299-308, May 1981
15)H.Yamamoto and K.Itoh, "Viterbi decoding algorithm for convolutional codes with repeat request", IEEE Trans. on Inform. Theory, vol.IT-26, no.5, pp.540-547, Sep. 1980.
その他
IEEE,電子情報通信学会(フェロー),情報理論とその応用学会,応用数理学会各会員.
IEEE Information Theory Society Japan Chapter Chair (2002-2003), Associate Editor of IEEE Transactions on Information Theory, 情報理論とその応用学会理事(1994-1995, 1998-2001),情報理論とその応用学会副会長(2004-2005),情報理論とその応用学会監事(2006-2007),電子情報通信学会基礎境界ソサイエティ副会長(2005),電子情報通信学会和文論文誌A(基礎・境界)編集委員(1997-2001),応用数理編集委員(1995-1998),2004 International Symposium on Information Theory and Its Application (ISITA2004) Technical Program Committee Chair,等
spacer
将来計画
情報理論における新しい分野(情報スペクトル理論,ネットワーク符号化,LDPC符号化など)に積極的に取り組むだけでなく,木符号化問題など古くから研究されているテーマで未解決になっている問題にも地道に取り組み,情報理論分野の展望を少しでも広げることを目標としている.
教員からのメッセージ
情報理論の分野のうちシャノン理論では,さまざまな通信システムにおける符号化効率の限界を与える符号化定理の証明を研究目標としている.符号化定理は一度証明されればそれは真実であり,未来永劫に残る結果となる.研究の流行を追うことなく,このような地道な基礎研究に取り組む研究者が少しでも増えることを期待している.
top